112件中 51 - 60件表示
  • 畠田好章

    畠田好章から見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1991年インディアナポリス世界体操選手権個人総合10位、種目別あん馬4位、鉄棒6位畠田好章 フレッシュアイペディアより)

  • 知念孝

    知念孝から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1990年・1991年・1992年と3年連続で全日本社会人選手権個人総合優勝を果たした。また全日本選手権では1989年・1993年の鞍馬での優勝のほか、1992年には個人総合で3位になった。1991年にインディアナポリスで行われた世界選手権では団体で4位入賞する。知念孝 フレッシュアイペディアより)

  • ベティ・オキノ

    ベティ・オキノから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1991年にインディアナポリスで行われた世界体操競技選手権では団体で銀メダル、平均台で銅メダルを獲得、アメリカンカップでは個人総合、跳馬、段違い平行棒で優勝している。ベティ・オキノ フレッシュアイペディアより)

  • 水島宏一

    水島宏一から見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1987年ロッテルダム世界体操選手権団体総合5位、個人総合10位、ゆか運動7位、平行棒5位水島宏一 フレッシュアイペディアより)

  • シルビオ・クロル

    シルビオ・クロルから見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1985年モントリオール世界体操選手権団体総合3位、個人総合3位シルビオ・クロル フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見虹子

    鶴見虹子から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    藤村女子中学校卒業後は、体操競技に専念するため藤村女子高には進まず、大智学園高等学校(通信制普通科、単位制)へ入学し朝日生命を引き続き拠点にした。2007年(平成19年)NHK杯個人総合で、クラブの先輩でもある石坂真奈美の大会5連覇を阻止し初優勝。世界選手権代表に選ばれ、同大会の団体で12位に入り、オリンピックの12年ぶり団体出場権獲得に貢献。個人総合でも日本女子で唯一決勝に進み、15位に入る健闘を見せた。鶴見虹子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中理恵 (体操選手)

    田中理恵 (体操選手)から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2009年、全日本選手権で鶴見虹子に次ぐ2位に入賞し、一躍注目を集める。同年6月に行われたNHK杯では、初日終了時点で2位に付けたものの、二日目は一転して段違い平行棒と平均台での落下が響いて 順位を6位に下げ、世界選手権代表をあと一歩のところで逃した。兄の和仁と兄妹そろっての代表入りは実現しなかった。その直後にベオグラードで行われたユニバーシアードに出場した。「楽しんで、3日間ノーミスで出来た。でも、その舞台が世界選手権じゃなかったのがすごく悔しかった」ことから現役続行を決意。周囲の勧めも有り、大学院進学を決めた。当初は大学卒業後、故郷・和歌山で高校の体育教員の道も考えていたという。田中理恵 (体操選手) フレッシュアイペディアより)

  • イベント放送局

    イベント放送局から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1995年世界体操競技選手権(福井県鯖江市)イベント放送局 フレッシュアイペディアより)

  • ネリー・キム

    ネリー・キムから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1974年8月のソビエト連邦カップを2位で終えた後、キムはその年の10月に行われる世界選手権ヴァルナ大会のチーム名簿に加えられ、団体総合で金メダルを獲得した。その後、1980年まで彼女は多くのトップレベルの国際大会に出場して好成績を挙げた。ネリー・キム フレッシュアイペディアより)

  • 李寧

    李寧から見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1983年ブダペスト世界体操選手権男子団体総合で中心選手として中国の初優勝に貢献する。李寧 フレッシュアイペディアより)

112件中 51 - 60件表示

「世界体操選手権」のニューストピックワード