147件中 51 - 60件表示
  • 亀山耕平

    亀山耕平から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2013年6月29・30日に東京体育館で開催された全日本体操競技選手権大会種目別選手権であん馬で7位となり、世界体操競技選手権の日本代表となる。亀山耕平 フレッシュアイペディアより)

  • あおい洋一郎

    あおい洋一郎から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    世界体操競技選手権(フジテレビ)あおい洋一郎 フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・ハム

    モーガン・ハムから見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    2001年と2003年の世界体操選手権でともに団体総合銀メダルに貢献、2002年と2003年の全米選手権でともに種目別床優勝、個人総合4位と活躍した。モーガン・ハム フレッシュアイペディアより)

  • 菅原リサ

    菅原リサから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    小菅は菅原にとって憧れの選手であり、プライベートでも大の仲良しだった。特にアトランタオリンピック団体出場を決めた1995年の世界選手権(福井県鯖江市)では競技終了後に喜びを分かち合ったが、その時「私の分まで頑張ってね」と激励され、思わず号泣したというエピソードがある(小菅はこの大会終了後に引退を表明した)。菅原リサ フレッシュアイペディアより)

  • 田中和仁

    田中和仁から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2009年、全日本選手権男子個人総合で2位入賞を果たすと、NHK杯でも男子個人総合で2位入賞し、世界選手権代表に初めて選出された。同年10月、ロンドン(英国)で行われた世界選手権の個人種目別決勝の平行棒で銅メダルを獲得。個人総合でも4位と健闘した。田中和仁 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界体操競技選手権

    2011年世界体操競技選手権から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2011年世界体操競技選手権(2011ねんせかいたいそうきょうぎせんしゅけん)は、2011年10月7日から16日まで日本・東京の東京体育館で開催された第43回世界体操競技選手権である。2011年世界体操競技選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 小野清子

    小野清子から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1962年 世界選手権 個人総合で11位小野清子 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原千恵子

    塚原千恵子から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1969年には第23回全日本体操競技選手権大会、全日本学生体操競技選手権大会、NHK杯体操選手権で優勝、1970年の第17回世界体操競技選手権では団体4位入賞メンバーとなった。塚原千恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 楊威

    楊威から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2004年、金メダルの期待を背負って出場したアテネオリンピックではまさかの不振でメダルを獲得できず、もう体操をやめようとも考えたが、その悔しさをバネに2006年の世界選手権オーフス大会では団体総合、個人総合、平行棒の3種目で金メダルを獲得した。2007年世界選手権シュトゥットガルト大会でも団体総合で優勝、個人総合でも史上初となる大会二連覇の優勝を飾った。楊威 フレッシュアイペディアより)

  • 第8地区

    第8地区から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2014年8月25日から29日までの間は、『2014年世界柔道選手権大会』の中継のため、エリア1の番組は全て休止された。(通常はEPGの上では「ニュースJAPAN」・「すぽると!」連続放送の「コンプレックス番組扱い」だが、世界柔道の生中継はその中間に編成されるため、この期間中は番組表の上でも別番組扱いとなった)。また、同年10月7日から10日の間は『体操世界選手権』放送に伴う『すぽると!』の内容拡充のため、エリア1の番組は全て休止される。第8地区 フレッシュアイペディアより)

147件中 51 - 60件表示

「世界体操選手権」のニューストピックワード