112件中 61 - 70件表示
  • 田中和仁

    田中和仁から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2009年、全日本選手権男子個人総合で2位入賞を果たすと、NHK杯でも男子個人総合で2位入賞し、世界選手権代表に初めて選出された。妹の理恵も同大会の女子個人総合で6位入賞を果たし健闘したが、代表入りをあと一歩のところで逃し、兄妹そろっての代表入りは実現しなかった。同年10月、ロンドン(英国)で行われた世界選手権の個人種目別決勝の平行棒で銅メダルを獲得。個人総合でも4位と健闘した。田中和仁 フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリイ・ビロゼロチェフ

    ドミトリイ・ビロゼロチェフから見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1983年、ブダペスト世界体操選手権で16歳の若さで個人総合で優勝し、衝撃のデビューを飾った。しかし、翌年のロサンゼルスオリンピックでは個人総合をはじめメダルの量産が確実と言われながら、東欧諸国のボイコットにより出場辞退を余儀なくされた。 ドミトリイ・ビロゼロチェフ フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・アルチョーモフ

    ウラジーミル・アルチョーモフから見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1985年モントリオール世界体操選手権個人総合2位ウラジーミル・アルチョーモフ フレッシュアイペディアより)

  • 楊威

    楊威から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2004年、金メダルの期待を背負って出場したアテネオリンピックではまさかの不振でメダルを獲得できず、もう体操をやめようとも考えたが、その悔しさをバネに2006年の世界選手権オーフス大会では団体総合、個人総合、平行棒の3種目で金メダルを獲得した。2007年世界選手権シュトゥットガルト大会でも団体総合で優勝、個人総合でも史上初となる大会二連覇の優勝を飾った。楊威 フレッシュアイペディアより)

  • ワレンチン・ムラトフ

    ワレンチン・ムラトフから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    また、1954年にローマで行われた世界体操競技選手権の鉄棒でも金メダル、床運動で銀メダル、個人総合で銅メダルを獲得している。ワレンチン・ムラトフ フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・シャハリン

    ボリス・シャハリンから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    シャハリンは、12歳で体操をはじめ、1956年メルボルンオリンピックから3大会連続でオリンピックに出場。金メダル7つを含め、合計13個のメダルをオリンピックで獲得。さらに世界体操競技選手権でも、1954年のローマ大会以降3大会で金6個を含む14個のメダルを獲得した。ボリス・シャハリン フレッシュアイペディアより)

  • 鄒凱

    鄒凱から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1992年に4歳で体操を始め、1994年に四川省代表チーム入りし、2002年に国家代表に選抜される。これまで中国が苦手にしていた鉄棒に強く2006年と2007年の世界選手権の団体優勝に貢献。2008年の北京オリンピックでは団体総合と床、鉄棒の3種目で金メダルを獲得。鄒凱 フレッシュアイペディアより)

  • ナディア・コマネチ

    ナディア・コマネチから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1977年のヨーロッパ体操競技選手権で彼女は2つのメダルを獲得したがソビエト連邦に有利なように採点がされたとチャウシェスク大統領は怒り、ルーマニアチームは大統領専用機での帰国を命じられた。この出来事の後、カロリーコーチは代表チームのコーチを辞任させられデヴァで新たな選手の発掘を行うこととなり、彼女はブカレストに移って体操を続けることとなった。両親の離婚や練習環境の変化によるストレスで1978年にフランスのストラスブールで開かれた世界体操競技選手権に体重が増えすぎて体形が崩れて姿を現した。段違い平行棒で落下した彼女はエレナ・ムヒナ、ネリー・キム、ナタリア・シャポシュニコワに敗れて4位となり平均台でのみ金メダルを獲得した。大会終了後彼女はデヴァにいるカロリーコーチの指導を再び受ける許可をもらい、スマートになって登場した1979年のヨーロッパ選手権では男女を通じて初の個人総合3連覇を果たした。同年12月の世界選手権団体戦は金属グリップで手首を切ってしまった。ドクターストップがかかっていたものの彼女は試合に強行出場し平均台で9.95をマークし世界選手権団体でルーマニア女子が初の金メダルに貢献した。演技後、膿瘍ができた手の治療のため数日間入院した。ナディア・コマネチ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ中継

    スポーツ中継から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    レギュラー番組のみんなのKEIBA、ゴルフのフジサンケイクラシック、Jリーグカップの決勝戦、FIFAコンフェデレーションズカップ、FIFA女子ワールドカップなどFIFA主催大会も放送される。バレーボール中継はお家芸(フジテレビバレーボール中継)。フィギュア・スピードスケートの全日本選手権・世界選手権、日本大相撲トーナメント、出雲全日本大学選抜駅伝競走・国際千葉駅伝、東京マラソン(西暦奇数年のみ)、世界体操も放送する。スポーツ中継 フレッシュアイペディアより)

  • 7月3日

    7月3日から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1962年 - プラハで開催されていた第15回世界体操競技選手権で、日本の男子団体が初優勝を飾る。7月3日 フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「世界体操選手権」のニューストピックワード