147件中 81 - 90件表示
  • エレーナ・シュシュノワ

    エレーナ・シュシュノワから見た世界体操選手権世界体操競技選手権

    1984年のロサンゼルスオリンピック以降、1988年のソウルオリンピックまでソビエト連邦の女子体操チームの中心選手として活躍し、1985年の世界体操選手権および、ソウルオリンピックで団体総合優勝に貢献した。個人総合においてもルーマニア勢と熾烈な優勝争いをつねに演じていた。中でもソウルオリンピックではダニエラ・シリバシュ(ルーマニア)と歴史に残る名勝負を演じた。エレーナ・シュシュノワ フレッシュアイペディアより)

  • ヴラスタ・ジェカノヴァ

    ヴラスタ・ジェカノヴァから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1936年のベルリン五輪でチェコスロバキアの女子団体総合銀メダル獲得に貢献した。世界体操競技選手権では1930年のルクセンブルク大会まで男子体操競技のみが実施されていたが、1934年のブダペスト大会から女子体操競技も実施されることになり、ジェカノヴァはこの大会の団体総合と個人総合で金メダルを獲得した。1938年に開催されたプラハ大会でも団体総合、個人総合、平均台で金メダルを獲得。このほか、この大会でのみ実施された女子平行棒でも金メダルを獲得した。ヴラスタ・ジェカノヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ケレティ・アーグネシュ

    ケレティ・アーグネシュから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1949年には世界青年学生祭典に出場して4つの金メダル、1つの銀メダル、1つの銅メダルを獲得し、1952年に開催されたヘルシンキ五輪に31歳で初出場した。大会ではハンガリーチームの団体総合での銀メダル獲得と手具体操団体での銅メダル獲得に貢献し、種目別ではゆかで金メダル、段違い平行棒で銅メダルを獲得した。続いて1954年の世界体操競技選手権ローマ大会に出場し、段違い平行棒で金メダル、団体総合で銀メダル、平均台で銅メダルを獲得した。1956年のメルボルン五輪では個人総合で銀メダルを獲得。種目別でも段違い平行棒、平均台、ゆかで金メダルを獲得し、チームの手具体操団体での金メダル獲得および団体総合での銀メダル獲得に貢献した。このときケレティは35歳であり、女子体操競技選手として五輪史上最年長の金メダリストになった。ケレティ・アーグネシュ フレッシュアイペディアより)

  • マリア・ゴロホフスカヤ

    マリア・ゴロホフスカヤから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    マリア・コンドラーチエヴナ・ゴロホフスカヤ( , 1921年10月17日 - 2001年7月22日)は、ソビエト連邦(現ロシア連邦)の元女子体操競技選手。30歳で1952年のヘルシンキ五輪に出場して7個のメダル(金メダル2個、銀メダル5個)を獲得し、1954年の世界体操競技選手権ローマ大会でも2個のメダル(金メダル1個、銅メダル1個)を獲得した。マリア・ゴロホフスカヤ フレッシュアイペディアより)

  • 1966年世界体操競技選手権

    1966年世界体操競技選手権から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    第16回世界体操競技選手権は、1966年9月20日から9月26日に西ドイツ・ドルトムントで開催された世界体操競技選手権1966年世界体操競技選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年世界体操競技選手権

    1989年世界体操競技選手権から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    1989年世界体操競技選手権(1989ねんせかいたいそうきょうぎせんしゅけん)は、1989年10月14日から22日まで西ドイツ・シュトゥットガルトで開催された第25回世界体操競技選手権である。1989年世界体操競技選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ネリー・キム

    ネリー・キムから見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    翌年の1974年には、5月にロストフ・ナ・ドヌで開かれたソビエト連邦選手権において初出場で個人総合の銅メダルを獲得。さらに8月にヴィリニュスで行われたソビエト連邦カップの個人総合でもツリシチェワに次ぐ銀メダルを獲得し、これらの好成績が評価されたキムはその年の10月にブルガリアのヴァルナで開催される世界選手権のソビエト代表に初めて選ばれた。大会では団体総合予選・跳馬の規定演技の着地の際に足首を捻挫したが、それでも出場を続行してチームの団体総合金メダル獲得に貢献した。しかし、その夜から捻挫した足首が腫れ上がり痛みがひどくなったため個人総合決勝は欠場して少しでも痛みが和らぐのを待ち、大会最終日の種目別決勝に出場して平均台で銅メダルを獲得した。この大会はキムが経験する初めてのシニアの世界選手権だったことから、彼女はこの大会でどうしてもメダルを獲りたいと考えていた。さらに足首を痛めながら獲得したこともあり、彼女にとってこの銅メダルは現役生活の中でもとりわけ思い入れのあるメダルとなった。ネリー・キム フレッシュアイペディアより)

  • 内村航平

    内村航平から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本の体操競技選手。オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。内村航平 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤凌平

    加藤凌平から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    静岡県生まれ、埼玉県草加市育ち。埼玉栄高等学校を卒業し順天堂大学へ進学。父親でロンドンオリンピック男子体操コーチの加藤裕之も元体操選手で1989年世界体操競技選手権代表。加藤凌平 フレッシュアイペディアより)

  • 李小鵬 (体操選手)

    李小鵬 (体操選手)から見た世界体操競技選手権世界体操競技選手権

    2006年に手術を受け迎えた2008年の北京オリンピックでは金メダル確実と言われていた跳馬は、団体優先のリスク回避のため予選での実施を一本のみにとどめ種目別には出場しなかったが(なお一本目だけの参考記録ではあるが、この時の李の得点は16.775で金メダルを獲得したレゼク・ブラニクの得点16.700を上回っていた)、団体総合と平行棒で金メダルを獲得した。世界選手権とワールドカップを合わせた金メダル数が16となり、李寧の記録を抜き中国体操史上最多になった。李小鵬 (体操選手) フレッシュアイペディアより)

147件中 81 - 90件表示

「世界体操選手権」のニューストピックワード