世界保健機関 ニュース&Wiki etc.

世界保健機関(せかいほけんきかん、、)は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国際連合機関)である。略称は英語式(WHO)と仏語式(OMS)で異なる。日本をはじめ多くの国では英語略称のWHO(ダブリュー・エイチ・オー)が多用される。(以下「WHO」と表記する。読みについて… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「世界保健機関」のつながり調べ

  • プルトニウム

    プルトニウムから見た世界保健機関

    原子炉において、ウラン238が中性子を捕獲してウラン239となり、それがβ崩壊してネプツニウム239になり、更にそれがβ崩壊してプルトニウム239ができる(原子炉内では他のプルトニウム同位体も多数できる)。ウラン238は天然に存在するのでネプツニウム239とプルトニウム239は極微量ながら天然にも存在する。また半減期が約8000万年とプルトニウム同位体の中では最も長いプルトニウム244も極微量天然に存在する。なお、プルトニウム239およびプルトニウム240とそれらの放射壊変物の飛沫の吸引は WHO の下部機関 IARC より発癌性があると (Type1) 勧告されている。(プルトニウム フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た世界保健機関

    4月28日 - 世界保健機関(WHO)が今回の豚インフルエンザ事案の警戒レベルをフェーズ4に引き上げる発表をしたことを受け、政府は厚生労働大臣舛添要一が緊急記者会見を開き、『新型インフルエンザの発生』を宣言すると同時に、「かかる事態に冷静に対処し、国民の不安解消に努める」等の緊急声明を発表。(2009年新型インフルエンザ)(2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

「世界保健機関」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「世界保健機関」のニューストピックワード