世界保健機関 ニュース&Wiki etc.

世界保健機関(せかいほけんきかん、、)は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国連機関)である。略称は英語式と仏語式で異なる。日本をはじめ多くの国では英語略称のWHOが多用される。(以下「WHO」と表記する) (出典:Wikipedia)

「世界保健機関」Q&A

  • Q&A

    最近は安倍政権で劇的に景気が悪化しているせいか 近所のスーパーでは食費を浮かすためか…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月4日 21:48

  • Q&A

    以下は事実だとご存知でしたか? 1972年、アメリカのジャーナリストであるパトリッ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月17日 13:13

  • Q&A

    以下は事実だとご存知でしたか? 1972年、アメリカのジャーナリストであるパトリッ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月17日 13:13

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「世界保健機関」のつながり調べ

  • 低線量被曝問題

    低線量被曝問題から見た世界保健機関

    2005年に発表された、世界保健機関の外部組織国際がん研究機関(IARC)のE.Cardisらによる、15か国の原子力発電所等の放射線作業者(約40万人)が受けた外部被曝の健康影響についての疫学研究では、対象となった集団(平均累積線量は19.4mSV、作業者の90%が50mSV以下の累積線量、5%未満が100mSV以上の累積線量、0.1%未満が500mSV以上の累積線量)における、白血病を除くガン死亡に対する過剰相対リスクは1Sv当たり0.97(95%信頼区間 0.14to1.97)、白血病(慢性リンパ性白血病を除く)に対する過剰相対リスクは1Sv当たり1.93(95%信頼区間 <0to8.47)と推定している。また、その推定は、累積線量100mSvの被曝がガン死亡率(白血病を除く)が9.7%(1.4-19.7%)増加することに結びつくだろうということを示唆するとしている。また、リスクの中央推計値に基づいて、このコホートの労働者のガン死亡(白血病を含む)の1-2%が放射線に起因するかもしれないと推定している。この研究について、財団法人放射線影響協会は「これらの表現を妥当とは認めず、低線量放射線による明確な健康影響が見出されたとの性急な解釈、判断は厳に慎しむべきであると考える」としている。読売新聞(2005年6月29日夕刊)は「国際基準で許容される上限(5年間で100ミリ・シーベルト)まで被ばくした場合、がんに対する死亡率が約10%増加すると推計できることがわかった」「上限まで被ばくした従事者はごく一部に過ぎず、一人あたりの累積平均被ばく線量は19ミリ・シーベルトで、こうした平均的なケースでは、がん死亡率は2%ほど増加する可能性が示された」と報道している。(低線量被曝問題 フレッシュアイペディアより)

  • 9月10日

    9月10日から見た世界保健機関

    世界保健機関と国際自殺防止協会が2003年にスウェーデンのストックホルムで開催された世界自殺防止会議で、会議初日の9月10日を「第1回世界自殺防止の日」として制定した。自殺に対する注意・関心を喚起し、自殺防止のための行動を促進するのが目的。(9月10日 フレッシュアイペディアより)

「世界保健機関」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「世界保健機関」のニューストピックワード