前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
690件中 1 - 10件表示
  • 性的倒錯

    性的倒錯から見た世界保健機関世界保健機関

    しかし、「変態」や「異常」という言葉はもちろんのこと、「倒錯」や「逸脱」といった言葉でも一般的には誤解を招きやすく、客観性や中立性に欠ける表現になりかねないとの配慮から、アメリカ精神医学会(APA)や世界保健機関(WHO)などで使用されている、精神疾患であることを総合的に意味する「 メンタル・ディソーダー (英語:Mental disorder)」や、前述の「パラフィリア」などの専門用語を積極的に使用する方が望ましいとの意見もある。性的倒錯 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た世界保健機関世界保健機関

    麻疹根絶をかかげる世界保健機関(WHO)では現在、中国と日本を2つの問題国として名指ししている。21世紀に入って、日本では数年にわたり、麻疹の集団感染がみられる。後述するように、ポリオに対しては日本は世界的にみて優等生といえるほどの対策を講じて、その撲滅にほぼ成功したが、麻疹に関しては、世界的にみて「輸出国」として見なされることがあり、むしろ劣等生との評価がある。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 受動喫煙

    受動喫煙から見たWHO世界保健機関

    WHOによると、全世界で、受動喫煙によって毎年数十万人の非喫煙者が死亡しており、受動喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年新型インフルエンザの世界的流行

    2009年新型インフルエンザの世界的流行から見た世界保健機関世界保健機関

    2009年4月にメキシコでの流行が認知された後、世界的に流行したとされる。2009年6月12日、世界保健機関(WHO)は、世界的流行病(パンデミック)であることを宣言し、警戒水準をフェーズ6に引き上げた。老齢者の一部に免疫があるとされ、過去に流行した可能性がある。2009年新型インフルエンザの世界的流行 フレッシュアイペディアより)

  • アルマ・アタ宣言

    アルマ・アタ宣言から見た世界保健機関世界保健機関

    1978年にWHOによって採択された宣言。本項で詳述する。アルマ・アタ宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 国包章一

    国包章一から見た世界保健機関世界保健機関

    専門は工学であり、環境工学や水道工学など公衆衛生に関わる分野を研究している。特に水道についての研究を多く手掛けており、水源管理や水質規制制度についての国際比較や、開発途上国の水や衛生についての調査など、国際的な視点に基づいた研究も多い。また、水道に対して地球温暖化がどのような影響を及ぼすのかについての研究も進めている。世界保健機関にて飲料水水質ガイドライン逐次改訂委員会の委員を務めたり、厚生労働省で水質基準逐次改正検討会や水道における微生物問題検討会の委員を務めるなど、専門分野に関わる審議会等の一員として活動することも多い。そのため、世界保健機関の飲料水水質ガイドラインなどに関する共著書や監訳書などを幾つか著している。国包章一 フレッシュアイペディアより)

  • 水道水フッ化物添加についての議論

    水道水フッ化物添加についての議論から見た世界保健機関世界保健機関

    水道水フッ化物添加についての議論(すいどうすいフッかぶつてんかについてのぎろん)は、水道水フッ化物添加による健康上の恩恵についての議論である。世界保健機関は「適切な量の水道水フッ化物添加やフッ化物塗布はう歯の予防に、多大な利益がある」という見解を表明している。水道水フッ化物添加についての議論 フレッシュアイペディアより)

  • 分煙

    分煙から見た世界保健機関世界保健機関

    JT(日本たばこ産業)は分煙を主張しているがWHOや日本公衆衛生学会は施設自体の無煙化を主張しており、双方の意見は分かれている。分煙 フレッシュアイペディアより)

  • 電磁波過敏症

    電磁波過敏症から見た世界保健機関世界保健機関

    世界保健機関(WHO)は「電磁波過敏症」とされるものについてとりまとめた研究報告(ファクトシートNo.296、日本語訳 )において、様々な症状の存在は真実とした上で、「医学的診断基準はなく、その症状が電磁界曝露と関連するような科学的根拠はない」としている。また、このファクトシートによれば、二重盲検に基づいた研究報告の大半は、電磁波の暴露と電磁波過敏症の間に関連性がないという結論を出しているとし、電磁波以外の環境要因、あるいは電磁波を心配することによる精神的なストレスとの関係を示唆している。電磁波過敏症 フレッシュアイペディアより)

  • 喫煙

    喫煙から見た世界保健機関世界保健機関

    英国の哲学者であるロジャー・スクルートンは、過去にたばこを擁護する内容の記事を新聞や雑誌に投稿していたが、日本たばこ産業(JT)から資金援助を受けていたことが2002年に暴露された。スクルートンは他に、「マクドナルドの製品の方が健康に悪いと印象づけるべきだ」「WHOの信頼性を疑わせるような記事をメディアに載せるべきだ」などの助言をJTに対して与えていた。喫煙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
690件中 1 - 10件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード