961件中 91 - 100件表示
  • 蚊帳

    蚊帳から見た世界保健機関世界保健機関

    現在、蚊帳は蚊が媒介するマラリア・デング熱・黄熱病、および各種の脳炎に対する、最も安価で効果的な予防・防護策として注目されている。国際連合および世界保健機関(WHO)は、普及を積極的に推進しており、アフリカ諸国や東南アジアなどで、蚊帳を約2.50米ドルから3.50米ドルで配布している。日本も2003年(平成15年)より、ODAやユニセフを通じた支援を実施、3年間で200万張以上の蚊帳を世界各国に配布している。ナイジェリアでは、テレビドラマやコマーシャルを通じたPR活動が行われた。蚊帳 フレッシュアイペディアより)

  • 5月17日

    5月17日から見た世界保健機関世界保健機関

    1990年 - 世界保健機関で国際障害疾病分類から同性愛を削除することが決議。5月17日 フレッシュアイペディアより)

  • 男性不妊症

    男性不妊症から見た世界保健機関世界保健機関

    WHOによる統計では、加齢を考慮に入れない不妊原因で、原因が男性のみにある場合が24%、女性のみが41%、男女ともが24%、不明が11%と報告されており、妊娠適齢期においては、不妊原因の約40%に男性も関与している。男性不妊症 フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染

    大気汚染から見た世界保健機関世界保健機関

    先進国では1950年代 - 1970年代に大気汚染物質の環境基準が設定された。世界レベルでは、1987年に世界保健機関(WHO)ヨーロッパ地域事務局が"Air Quality Guidelines for Europe"(ヨーロッパ空気質指針)を策定し27種類の物質の基準を定め、1999年にはこれを拡張して全世界に適用できるよう調整した"Guidelines For Air Quality"(空気質指針)を発表、その後2000年に37物質、2005年に4物質の基準を変更・追加している。大気汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 国立公衆衛生院

    国立公衆衛生院から見た世界保健機関世界保健機関

    世界保健機関(WHO)は国立公衆衛生院を「(公衆衛生大学院)」として紹介している。国立公衆衛生院 フレッシュアイペディアより)

  • 鍼

    から見た世界保健機関世界保健機関

    特定の症状に対する鍼治療の適用はアメリカ国立衛生研究所やイギリスの国民保健サービス、世界保健機関、アメリカ国立補完代替医療センターによって認められている。しかしながら、懐疑論者は様々な保健管理機関による鍼の承認に対して、ひどく軽率であり鍼の有効性に関する異論あるいは反論を含んいでないとして批判している。鍼治療はクリーン・ニードル・テクニック (CNT) を用いて施術した場合には一般的に安全であり、深刻な副作用の危険性は非常に低い。 フレッシュアイペディアより)

  • マーガリン

    マーガリンから見た世界保健機関世界保健機関

    WHO / FAOの2003年のレポートで、トランス脂肪酸は心臓疾患のリスク増加との強い関連が報告され、また摂取量は全カロリーの1%未満にするよう勧告されている。トランス脂肪酸の摂取量の増加に伴って認知機能が低下していることも観察されている。こうした科学的な研究報告の結果、トランス脂肪酸の削減の政策を行っている国がある。マーガリン フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たWHO世界保健機関

    WHOに定義されるように「診断されて適切に一定期間治療を行いその後は患者登録から除外される」という観点で日本の登録患者数を推定すると、新規患者数と同程度である数名となる。しかし、日本では菌をゼロにするまで治療を行う治療基準が設けられており、WHOが規定している治療期間より大幅に治療が長期化しているケースや、一旦治癒したが菌検査で少しでも陽性がみられれば治療を行うというケースも考えられるため、実際に治療を行っている患者数に関してはWHOで定義している登録患者数に比べるとかなり多いと推定される。しかし実際のところは、治療を行っている患者数に関する統計を行っていないので詳細は不明である。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • 健康寿命

    健康寿命から見た世界保健機関世界保健機関

    WHOが2000年にこの概念を提唱した。平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた期間が健康寿命になる。健康寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の喫煙

    日本の喫煙から見た世界保健機関世界保健機関

    1965年(昭和40年)には、日本人成人男性の喫煙率は82.3%と他国よりも圧倒的に喫煙者が多かったにもかかわらず、2011年(平成23年)現在では老人と呼ばれる人々が長寿でいる。しかも日本は世界一の長寿国であると、2011年(平成23年)5月13日、世界保健機関 (WHO) の「2011年版世界保健統計」で発表している。これを「ジャパニーズ・パラドックス」と呼ぶ。「喫煙が寿命に関わる唯一の要因である」という命題は、「喫煙率が高い」ことと「寿命が短い」こととの間に必ずしも関係性があるとはいえないことから「偽」であり、パラドックスが生じている。この命題は、世界各国と日本との比較であり、日本人同士では、喫煙する日本人の寿命は喫煙しない日本人の寿命より短い。日本の喫煙 フレッシュアイペディアより)

961件中 91 - 100件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード