690件中 11 - 20件表示
  • カイロプラクティック

    カイロプラクティックから見た世界保健機関世界保健機関

    世界保健機関の定義によると、筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職である。治療法として関節アジャストメントもしくは脊椎マニピュレーションを徒手によって行う治療手法を特徴とし、特にサブラクセーションに注目している。カイロプラクティック フレッシュアイペディアより)

  • カイロプラクティック

    カイロプラクティックから見たWHO世界保健機関

    WHOによって認可されている。カイロプラクティック フレッシュアイペディアより)

  • 脂質異常症

    脂質異常症から見た世界保健機関世界保健機関

    高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症といった種類があり、世界保健機関 (WHO) の基準に基づき日本動脈硬化学会が診断基準を定めている。脂質異常症 フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染

    大気汚染から見た世界保健機関世界保健機関

    世界保健機関(WHO)によると2011年時点で年間130万人が大気汚染により死亡している。特に発展途上国の都市部を中心に汚染が悪化しており、経済協力開発機構(OECD)(2012年)は、2050年には大気汚染による死者が水質汚染による死者を上回って環境悪化による死者の最大の要因になるだろうと予測している。大気汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 受動喫煙と肺癌の関係

    受動喫煙と肺癌の関係から見た世界保健機関世界保健機関

    その後4つの疫学論文が発表され、1986年、国際がん研究機関(IARC:WHOの下部機関)は、合わせて7つの論文を総合評価し、モノグラフの中でこう述べている:受動喫煙と肺癌の関係 フレッシュアイペディアより)

  • 性的嗜好

    性的嗜好から見た世界保健機関世界保健機関

    1980年代以降は、国際医学会やWHO(世界保健機関)により同性愛は「異常」「倒錯」「変態」とはみなさず、治療の対象から外されている。性的嗜好 フレッシュアイペディアより)

  • 健康づくり

    健康づくりから見た世界保健機関世界保健機関

    健康づくり(けんこうづくり、Health promotion)は、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である。アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている。健康づくり フレッシュアイペディアより)

  • 健康都市連合

    健康都市連合から見た世界保健機関世界保健機関

    1978年9月、世界保健機関(WHO)とユニセフ(国際連合児童基金)の合同会議によって「アルマ・アタ宣言」として「プライマリ・ヘルス・ケア」と呼ばれる「2000年までにすべての人に健康を」との目標が掲げられた。この宣言以来さまざまな議論が行われ、21世紀に期待される健康の促進のための最初の国際会議を1986年11月にオタワで開催し文書化を図った。健康都市連合 フレッシュアイペディアより)

  • 球状上顎嚢胞

    球状上顎嚢胞から見た世界保健機関世界保健機関

    球状上顎嚢胞(きゅうじょうじょうがくのほう)は上顎側切歯とその隣接歯である上顎犬歯の間にできる極めて稀な嚢胞。1971年のWHO分類においては、非歯原性の発育嚢胞に分類されていたが、この嚢胞の独立性を示す報告も少なく、1992年のWHO分類においては独立した名称として採用されず、「いわゆる球状上顎嚢胞」として報告されることも多い。球状上顎嚢胞 フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ブリリアント

    ラリー・ブリリアントから見た世界保健機関世界保健機関

    ブリリアントは技術特許の所有者であり、これまで2つの公企業の最高経営責任者を務め、他のベンチャーの始動も支持した。彼は世界保健機関(WHO) で成功している天然痘根絶プログラムのリーダーのひとりとして最も有名である。ラリー・ブリリアント フレッシュアイペディアより)

690件中 11 - 20件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード