690件中 31 - 40件表示
  • WHO必須医薬品モデル・リスト

    WHO必須医薬品モデル・リストから見た世界保健機関世界保健機関

    WHO必須医薬品モデル・リスト()は、世界保健機関(WHO)によって策定された医薬品リスト。必須医薬品(E-Drug)の一覧表となっており、約300品目が収載されている。医薬品の入手が困難な開発途上国で最小限必要な医薬品として、入手しやすさ等も考慮して選定されており、医療援助の際の指標ともされている。WHO必須医薬品モデル・リスト フレッシュアイペディアより)

  • 障害調整生命年

    障害調整生命年から見たWHO世界保健機関

    障害調整生命年(しょうがいちょうせいせいめいねん、英:disability-adjusted life year(DALY))とは、病的状態、障害、早死により失われた年数を意味した疾病負荷を総合的に示すものである。元来はハーバード大学により世界銀行のために1990年に開発されたものであるが、後にWHOがその手法を2000年に採用したものである。障害調整生命年は、公衆衛生と健康影響評価(:en:Health Impact Assessment:HIA)の分野で次第に一般的なものとなってきている。障害調整生命年は、早死によって失われた潜在的な年数の概念を拡張して、損なわれた健康や障害のために失われた健康的な生活の年数も含めたものである。それにより、死亡率と疾病率は単一の共通指標に統合されることになる。障害調整生命年 フレッシュアイペディアより)

  • ケイジ・フクダ

    ケイジ・フクダから見た世界保健機関世界保健機関

    福田 敬二(ふくだ けいじ、1955年(昭和30年) - )は、日本生まれの医師、医療行政の専門家である。アメリカ合衆国で医師となり、アメリカ疾病予防管理センターインフルエンザ局疫学部長、世界保健機関事務局長補代理、大阪市立大学客員教授などを歴任。ケイジ・フクダ フレッシュアイペディアより)

  • ランセット

    ランセットから見た世界保健機構世界保健機関

    『ランセット』はいくつかの重要な医学的および非医学的事項に関して政治的な立場をとったことがある。近年の例では、ホメオパシーの効能が治療の選択肢になりうるという世界保健機構の主張を否定し、この件で世界保健機構を批判したこと、Reed Exhibitionsが軍需産業祭を主催した時点の不支持、そして2003年のタバコを非合法にする呼びかけがある。ランセット フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師過剰問題

    歯科医師過剰問題から見た世界保健機関世界保健機関

    皆保険制度のもとでのこのようなしくみは、WHO(世界保健機関)が世界で最も高い総合評価(質の高さ・費用の安さ・利用しやすさなど)を与えた一因であるとする説もある。ただし、実態からかけ離れたといわれる点数・要件設定は、歯科医側の過剰請求・不正請求に対する罪の意識を失わせ、大義名分を与えるような心理効果をもたらすため、その料金抑制効果を疑問視する声もある。またこれらの事情は、どの程度の不正請求に対して、どの程度の違法性が問えるかという法的な問題にも影響してくる。一方で社会保険庁等には、主として料金抑制のためのノルマが課せられており、ノルマ偏重主義の弊害が危惧されている。歯科医師過剰問題 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養学

    栄養学から見た世界保健機関世界保健機関

    2003年、世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)は「食事、栄養と生活習慣病の予防 」を公開する。ハムなどの保存肉とがんのリスクとの強い関連、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸が2型糖尿病と心臓疾患の発症リスクを高めると報告されている。2003年には、アメリカとカナダの栄養士会は合同で、専門家が質の高い256の論文から結論し、牛乳や卵も摂取しない完全な菜食においても栄養が摂取でき、また菜食者はがん、糖尿病、肥満、高血圧、心臓病といった主要な死因に関わるような生活習慣病のリスクが減る、認知症のリスクも減ると報告している。6つの前向きコホート研究をメタアナリシスし、20年以上の菜食者は平均余命が3.6年長いと報告された。栄養学 フレッシュアイペディアより)

  • 蟻田功

    蟻田功から見た世界保健機関世界保健機関

    熊本県生まれ。熊本中学、熊本医科大学卒業。厚生省勤務を経て、世界保健機関(WHO)にて天然痘撲滅プロジェクトリーダーとして、プロジェクトを主導。結果、1980年の世界保健機関による天然痘根絶宣言に至る。財団法人国際保健医療交流センターを設立、同名誉理事長。1988年に日本国際賞を受賞している。蟻田功 フレッシュアイペディアより)

  • EDEN 〜It's an Endless World!〜

    EDEN 〜It's an Endless World!〜から見た世界保健機関世界保健機関

    北米、欧州(トルコなど東端を除く)2086年、ニューヨークの国連本部を武力制圧した原父は、北米とEUを拠点として原父連邦(グノーシア)の樹立を宣言。以後はWHOをはじめとした国連機関は原父連邦に引き継がれ、20年の間に多くの領土がこれに併合された。連邦領内は「グノーシア地帯」、領外は「アグノーシア地帯」と呼ばれることがある(ちなみに「グノーシア」は「智」、「アグノーシア」は「無智」という意味である)。主な領土は南米の北半分、中東の一部、アフリカ南部、東南アジア、オーストラリア、そして日本である。EDEN 〜It's an Endless World!〜 フレッシュアイペディアより)

  • アスベスト問題

    アスベスト問題から見た世界保健機関世界保健機関

    アスベストはWHOの付属機関IARCにより発癌性がある(Group1)と勧告されている。アスベストは、肺線維症、肺癌の他、稀な腫瘍である悪性中皮腫の原因になるとされている。アスベスト問題 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田東

    奥田東から見た世界保健機関世界保健機関

    奥田 東(おくだ あずま、1905年(明治38年)8月19日 - 1999年(平成11年)4月28日)は日本の農学者。京都大学総長、日本WHO協会理事長、ユネスコ国内委員などを務めた。奥田東 フレッシュアイペディアより)

690件中 31 - 40件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード