690件中 41 - 50件表示
  • デング熱

    デング熱から見た世界保健機構世界保健機関

    デングウイルスには、認可されたワクチンがない。予防は、ウイルスを媒介する蚊に刺されないようにして身を守ることである。世界保健機構は、次の5つで構成される総合的媒介動物制御プログラムを奨励している。(1)公衆衛生機関と社会共同体を強化するための提唱、社会的動員や法律の制定 (2)官民挙げて公衆衛生部門と他の部門が連携すること (3)資源を最大限に活用するための疾患制御への統合的な取り組み (4)すべての予防方法が目的に適っていることを確実にするための根拠ある意思決定 (5)現地の状況に対して適切に対応するための能力向上デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • 歯原性腫瘍

    歯原性腫瘍から見た世界保健機関世界保健機関

    1992年のWHOの分類が一般的であったが、2005年にその分類が変更され、各学会や歯科医師国家試験などはこちらに準拠するようになってきている。歯原性腫瘍 フレッシュアイペディアより)

  • チェルノブイリ原子力発電所事故

    チェルノブイリ原子力発電所事故から見た世界保健機関世界保健機関

    事故から20年後の2006年を迎え、癌死亡者数の見積もりは調査機関によっても変動し、世界保健機関 (WHO) はリクビダートルと呼ばれる事故処理の従事者と最汚染地域および避難住民を対象にした4,000件に、その他の汚染地域住民を対象にした5,000件を加えた9,000件との推計を発表した。これはウクライナ、ロシア、ベラルーシの3カ国のみによる値で、WHOのM. Repacholiによれば、前回4000件としたのは低汚染地域を含めてまで推定するのは科学的ではないと判断したためとしており、事実上の閾値を設けていたことが分かった。WHOの国際がん研究機関 (IARC) は、ヨーロッパ諸国全体(40ヶ国)の住民も含めて、1万6,000件との推計を示し、米国科学アカデミー傘下の米国学術研究会議(National Research Council)による「電離放射線の生物学的影響」第7次報告書(BEIR-VII)に基づき全体の致死リスク係数を10%/Svから5.1%/Svに引き下げられたが、対象範囲を広げたために死亡予測数の増加となった。WHOは、1959年に、IAEAと世界保健総会決議(World Health Assembly:WHA)においてWHA_12-40という協定に署名しており、IAEAの合意なしには核の健康被害についての研究結果等を発表できないとする批判もあり、核戦争防止国際医師会議のドイツ支部がまとめた報告書には、WHOの独立性と信頼性に対する疑問が呈示されている。チェルノブイリ原子力発電所事故 フレッシュアイペディアより)

  • 世界カイロプラクティック連合

    世界カイロプラクティック連合から見た世界保健機関世界保健機関

    世界カイロプラクティック連合(せかいカイロプラクティックれんごう、、、、略称:WFC)は、世界90ヶ国のカイロプラクティックの業界団体が参加する国際的な非政府組織である。カイロプラクティックの団体としては唯一世界保健機関(WHO)の会合にオブザーバーとしての参加が認められている。世界カイロプラクティック連合 フレッシュアイペディアより)

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患から見た世界保健機関世界保健機関

    WHOの試算では、2005年に世界中で年間300万人がCOPDにより命を落とし、死亡原因の第4位を占めているが、今後10年間でさらに30%増加すると予測している。日本では厚生労働省の統計によると、2005年に14,416人(全死亡数の1.3%)がCOPDにより死亡し、死亡原因の10位、男性に限ると7位を占めている。慢性閉塞性肺疾患 フレッシュアイペディアより)

  • メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドロームから見た世界保健機関世界保健機関

    以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なる。メタボリックシンドローム フレッシュアイペディアより)

  • 2009年新型インフルエンザの世界的流行

    2009年新型インフルエンザの世界的流行から見たWHO世界保健機関

    遺伝子検査結果によると、世界中に配布されている(ヒトの)新型インフルエンザの参照見本(A/California/4/2009)と、8つの部位(HA、NAなど)すべてで99.5%以上一致した。幸いなことにチリでは鳥インフルエンザH5N1が存在しないので交雑(遺伝子が組み合わさること)は起こらなかったが、H1H1とH5N1が組み合わさった場合の脅威について、FAO,OIE,WHOは重大な懸念を表明している。2009年新型インフルエンザの世界的流行 フレッシュアイペディアより)

  • 子宮内避妊器具

    子宮内避妊器具から見た世界保健機関世界保健機関

    第2世代の、銅タイプのT字型IUD全体での避妊失敗率は1年あたりで1%、10年通算では2-6%である。世界保健機関が行った大規模調査では、T380Aの12年間通算での避妊失敗率は2.2%、1年あたりでは0.18%であり、これは10年間で1.8%の失敗率となるに匹敵する。フレームなしのタイプであるGyneFixの失敗率も1年あたり1%未満である。世界的に、有効性の劣る旧式モデルのIUDはもはや市場では生産されていない。子宮内避妊器具 フレッシュアイペディアより)

  • 喫煙

    喫煙から見たWHO世界保健機関

    WHOによると、世界で喫煙による死亡者は年間490万人おり、全世界で、今日喫煙をしている人々の半数である6億5千万人は、喫煙が最終的に原因で死亡するとし、受動喫煙ががんなどの深刻な健康被害を引き起こすことに疑問の余地はないと主張している。喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見た世界保健機関世界保健機関

    4月24日 - 世界保健機関(WHO)、アメリカ合衆国とメキシコ合衆国で豚を起源とする新型インフルエンザ感染症を確認され、人間同士によるインフルエンザ感染事例が報告されたと発表。2009年 フレッシュアイペディアより)

690件中 41 - 50件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード