961件中 41 - 50件表示
  • 奥田東

    奥田東から見た世界保健機関世界保健機関

    奥田 東(おくだ あずま、1905年(明治38年)8月19日 - 1999年(平成11年)4月28日)は日本の農学者。京都大学総長、日本WHO協会理事長、ユネスコ国内委員などを務めた。奥田東 フレッシュアイペディアより)

  • ケイジ・フクダ

    ケイジ・フクダから見た世界保健機関世界保健機関

    福田 敬二(ふくだ けいじ、1955年(昭和30年) - )は、日本生まれの医師、医療行政の専門家である。アメリカ合衆国で医師となり、アメリカ疾病予防管理センターインフルエンザ局疫学部長、世界保健機関事務局長補代理、大阪市立大学客員教授などを歴任。ケイジ・フクダ フレッシュアイペディアより)

  • 国民医療費順リスト

    国民医療費順リストから見た世界保健機関世界保健機関

    国民医療費順リストとは年間に国内で支出した医療費の総額である。世界の諸国と世界全体の医療費総額、国内総生産に対する医療費総額の比率、医療費総額に対する公費負担率・自己負担率、国内総生産に対する医療費公費負担額の比率、人口1人当たりの医療費・公費負担医療費について、世界保健機関(World Health Organization)のデータベースおよび世界保健統計(World Health Statistics)年次報告書の資料を記載する。国民医療費順リスト フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ブリリアント

    ラリー・ブリリアントから見た世界保健機関世界保健機関

    ブリリアントは技術特許の所有者であり、これまで2つの公企業の最高経営責任者を務め、他のベンチャーの始動も支持した。彼は世界保健機関(WHO) で成功している天然痘根絶プログラムのリーダーのひとりとして最も有名である。ラリー・ブリリアント フレッシュアイペディアより)

  • 障害調整生命年

    障害調整生命年から見た世界保健機関世界保健機関

    障害調整生命年(しょうがいちょうせいせいめいねん、、DALY)とは、病的状態、障害、早死により失われた年数を意味した疾病負荷を総合的に示すものである。元来はハーバード大学により世界銀行のために1990年に開発されたものであるが、後に世界保健機関(WHO)がその手法を2000年に採用した。早死によって失われた潜在的な年数の概念を拡張して、損なわれた健康や障害のために失われた健康的な生活の年数も含めたものである。それにより、死亡率と疾病率は単一の共通指標に統合されることになる。DALYは、公衆衛生と (HIA) の分野で次第に一般的なものとなってきている。障害調整生命年 フレッシュアイペディアより)

  • EDEN 〜It's an Endless World!〜

    EDEN 〜It's an Endless World!〜から見た世界保健機関世界保健機関

    北米、欧州(トルコなど東端を除く)に拠点を置く。2086年、ニューヨークの国連本部を武力制圧した原父は、北米とEUを拠点として原父連邦(グノーシア)の樹立を宣言。以後はWHOをはじめとした国連機関は原父連邦に引き継がれ、20年の間に多くの領土がこれに併合された。連邦領内は「グノーシア地帯」、領外は「アグノーシア地帯」と呼ばれることがある(ちなみに「グノーシア」は「智」、「アグノーシア」は「無智」という意味である)。主な領土は南米の北半分、中東の一部、アフリカ南部、東南アジア、オーストラリア、そして日本である。EDEN 〜It's an Endless World!〜 フレッシュアイペディアより)

  • 蟻田功

    蟻田功から見た世界保健機関世界保健機関

    熊本県生まれ。熊本中学、熊本医科大学卒業。厚生省勤務を経て、世界保健機関(WHO)にて天然痘撲滅プロジェクトリーダーとして、プロジェクトを主導。結果、1980年の世界保健機関による天然痘根絶宣言に至る。財団法人国際保健医療交流センターを設立、同名誉理事長。1988年に日本国際賞を受賞している。蟻田功 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ睡眠病

    アフリカ睡眠病から見た世界保健機関世界保健機関

    エフロルニチンは1999年に製造者であるアベンティスが製造中止にしてしまった。しかし2001年、国境なき医師団と世界保健機関 (WHO) との協力のもと、アベンティスが製造・寄贈する契約が成立した。アフリカ睡眠病 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ボウルビィ

    ジョン・ボウルビィから見た世界保健機関世界保健機関

    1950年 世界保健機関精神保健コンサルタントジョン・ボウルビィ フレッシュアイペディアより)

  • ヨウ素剤

    ヨウ素剤から見た世界保健機関世界保健機関

    なお、放射性ヨウ素の被曝による甲状腺の障害は、甲状腺の機能が活発な若年者、特に甲状腺の形成過程である乳幼児においてに顕著であり、40歳以上では有意ではないため、本剤の投与は40歳未満の者に対してのみ行われる。国際原子力機関 (IAEA) の基準では本剤の適用範囲を年齢・性別を問わずに適用としているが、世界保健機関 (WHO) の基準では40歳未満としている。一回の安定ヨウ素の投与は永続的なヨウ素過剰による甲状腺疾患は起こさない。ヨウ素剤 フレッシュアイペディアより)

961件中 41 - 50件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード