690件中 51 - 60件表示
  • 4月7日

    4月7日から見た世界保健機関世界保健機関

    1948年 - 国連により世界保健機関 (WHO) が設立される。4月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たWHO世界保健機関

    アルコール依存症とは、長期にわたり多量の飲酒した事から、アルコールに対し精神的依存や身体依存をきたす、精神疾患である。アルコールを繰り返し摂取し、アルコールに対する依存を形成し、精神的に身体的に続的に障害されている状態をいう。長期間多量に飲酒を続ければ、誰でもアルコール依存症になる可能性があり、WHOの策定した国際疾病分類第10版には"精神および行動の障害"の項に分類されており、個人の性格や意志の問題ではなく、精神疾患と考えられている。 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た世界保健機関世界保健機関

    2003年、世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)は「食事、栄養と生活習慣病の予防 」(Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases) を報告している。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • ラドン

    ラドンから見た世界保健機関世界保健機関

    なお、222Rn は WHO の下部機関 IARC より発癌性があると (Type1) 勧告されており、土壌に含まれるラドンが地下室に蓄積することなど、危険性が指摘されている。ラドン フレッシュアイペディアより)

  • 性同一性障害

    性同一性障害から見た世界保健機関世界保健機関

    性同一性障害は、Gender Identity Disorder (gender 1 - identity 2 - disorder 3) の訳語であり、医学的な疾患名である。国際的な診断基準として、世界保健機関が定めた国際疾患分類 ICD-10、米国精神医学会が定めた診断基準 DSM-IV-TR があり、医師の診察においてこのいずれかの診断基準を満たすとき、性同一性障害と診断する。性同一性障害 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故の影響

    福島第一原子力発電所事故の影響から見た世界保健機関世界保健機関

    以下、その数値基準と、WHO (世界保健機関) による水質ガイドラインとの比較を示す。福島第一原子力発電所事故の影響 フレッシュアイペディアより)

  • マーガリン

    マーガリンから見た世界保健機関世界保健機関

    WHO/FAOの2003年のレポートで、トランス脂肪酸は心臓疾患のリスク増加との強い関連が報告され、また摂取量は全カロリーの1%未満にするよう勧告されている。トランス脂肪酸の摂取量の増加に伴って認知機能が低下していることも観察されている。こうした科学的な研究報告の結果、トランス脂肪酸の削減の政策を行っている国がある。マーガリン フレッシュアイペディアより)

  • ボディマス指数

    ボディマス指数から見た世界保健機関世界保健機関

    データ出所:WHO BMI classification.]]ボディマス指数 フレッシュアイペディアより)

  • 炭水化物

    炭水化物から見た世界保健機関世界保健機関

    砂糖は炭水化物以外の栄養素がほとんど含まれていないため、あまり多く摂取しないように言われている。また砂糖の主成分である蔗糖は糖類の中でもう蝕(虫歯)のリスクを最も高める。WHO/FAOでもう蝕との関連が指摘され、砂糖の多い食品は肥満との関連も指摘され、また砂糖の摂取量は全エネルギーの10%未満にすべきだと報告されている。薬物依存症との関連から砂糖依存症に関する研究報告がされており、砂糖依存症と肥満との関連が示唆される。炭水化物 フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た世界保健機関世界保健機関

    イヴァン・イリイチらによる、医療の実態の指摘と、その改善を提唱する社会医学者と公衆衛生専門家による努力は、1984年の世界保健機関による医療の再設定の提唱に結実した。医療 フレッシュアイペディアより)

690件中 51 - 60件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード