690件中 61 - 70件表示
  • 国立公衆衛生院

    国立公衆衛生院から見た世界保健機関世界保健機関

    世界保健機関(WHO)は国立公衆衛生院を「(公衆衛生大学院)」として紹介している。国立公衆衛生院 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た世界保健機関世界保健機関

    2003年の世界保健機関の報告にあるように口腔清掃は齲蝕を予防するという証拠がなく、関連性が高いのは飲食である。口腔清掃は、歯が酸に侵食される際の酸性度を弱めたり侵食時間を短縮させるのであり、口腔内をなるべく酸性に傾けない飲食というのが事実に即した予防となる。自分でできる口腔清掃のパーソナルケアとして、主に1日最低2回のブラッシングと最低1回のデンタルフロスなどによる歯間清掃がある。歯科で行うプロフェッショナルケアとして、数ヶ月ごとの定期的な歯科検診やPMTC(専門的機械的歯面清掃)がある。リスクの高い部位には年に1回X線写真を撮るのも良い。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトドリンク

    ソフトドリンクから見た世界保健機関世界保健機関

    WHO/FAOはレポート『慢性疾患を予防する食事・栄養素』(Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases、WHO/FAO、2003年)において、慢性疾患と高カロリー食の関連を指摘し、食事中の総熱量(総カロリー)に占める糖類の熱量を最終的には摂取熱量の10%以下に低減させてゆくことを推奨している 。この摂取量は、推定エネルギー必要量から。ソフトドリンク フレッシュアイペディアより)

  • パーソナリティ障害

    パーソナリティ障害から見た世界保健機関世界保健機関

    ICDは行政上の分類をしたり統計目的でWHO世界保健機関)が作った分類である。しかし明確な診断基準は提示していない為、臨床上はDSMを用いることが推奨されている。ただしこのDSMも各国の文化的相違により分類が困難な例がある、それぞれのパーソナリティ障害同士の境界が曖昧などの批判もあり、絶対的なものではないとされる。パーソナリティ障害 フレッシュアイペディアより)

  • 世界禁煙デー

    世界禁煙デーから見た世界保健機関世界保健機関

    世界禁煙デー(せかいきんえんデー、World No-Tobacco Day)は、世界保健機関 (WHO)が制定した、禁煙を推進するための記念日である。世界禁煙デー フレッシュアイペディアより)

  • グロ・ハーレム・ブルントラント

    グロ・ハーレム・ブルントラントから見た世界保健機関世界保健機関

    グロ・ハーレム・ブルントラント(Gro Harlem Brundtland, 1939年4月20日 - )は、ノルウェー・オスロ生まれの医師(小児科医)、政治家。世界保健機関(WHO)事務局長、ノルウェー首相を歴任。ノルウェー労働党党員。グロ・ハーレム・ブルントラント フレッシュアイペディアより)

  • コンドーム

    コンドームから見た世界保健機関世界保健機関

    欧米での性教育ではこの点に重点が置かれている。特にエイズ(ヒト免疫不全ウイルス感染症、HIV感染症)について多くの疫学調査が実施されており、これらの結果から世界保健機関(WHO)は2000年にコンドームの使用によってHIV感染リスクを85%減らすことが可能だとの試算を報告している。コンドーム使用によって完全に感染防止ができるわけではないがHIVには有効なワクチンが存在しないことや抗HIV治療に掛かるコストとの兼ね合い、また他のウイルスに対するワクチンの場合の予防効果の実績などと比較してもコンドームによるHIV感染予防の持つ効果は大きいものだという判断からWHOはエイズ対策の一環としてコンドームの使用推進キャンペーンを行っている。コンドーム フレッシュアイペディアより)

  • 広汎性発達障害

    広汎性発達障害から見た世界保健機関世界保健機関

    広汎性発達障害の「広汎性」というのは、「特異的」な発達障害に対する呼び方である。広汎性発達障害、特異的発達障害は、双方ともに発達障害であるものの、発達障害の概念については整理のやり直しが行われており、「○○発達障害」という診断名でなくても、日本の公的機関における取り扱いにおいては発達障害に含められるものもある。現在の臨床医学において「広汎性発達障害」は、世界保健機関が定めたICD-10(疾病及び関連保健問題の国際統計分類 第10版)、アメリカ精神医学会が刊行したDSM-IV-TR(精神疾患の分類と診断の手引 第4版新訂版)などにおける分類上の概念として取り扱われている。広汎性発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 5月17日

    5月17日から見た世界保健機関世界保健機関

    1990年 - 世界保健機関で国際障害疾病分類から同性愛を削除することが決議。5月17日 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た世界保健機関世界保健機関

    WHOによるハンセン病制圧の定義は、1991年5月に開催された第44回世界保健総会で決定され、人口100万人以上の国で、登録患者数が人口1万人あたり1人を下回る(有病率が1.0を下回る)こととされた。この定義を遵守すると日本では1970年前後に制圧を達成している。2005年初頭はインド・ブラジル・コンゴ民主共和国・アンゴラ・モザンビーク・ネパール・タンザニア・中央アフリカの9カ国が未制圧国であったが、2006年初頭にインド・アンゴラ・中央アフリカが、2007年初頭にマダガスカルとタンザニアが、2007年末にコンゴ民主共和国とモザンビークが制圧を達成した。現在の未制圧国はブラジル・ネパールと、東ティモールが新たに加わり3カ国となっている。東ティモールは以前より有病率が1.0を超えていたが、人口100万人未満であったために定義より除外されていたが、2008年、人口100万人に突破したことにより加わった。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

690件中 61 - 70件表示

「世界保健機関」のニューストピックワード