前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
210件中 1 - 10件表示
  • 藤沼亜衣

    藤沼亜衣から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    2004年に行われた世界卓球選手権・ドーハ大会(団体戦)の決勝トーナメントで中国戦に3番で出場し、李菊を破って歴史的激戦となるこの試合(最終結果は2?3で日本が敗退)の立役者となった。藤沼亜衣 フレッシュアイペディアより)

  • 山泉和子

    山泉和子から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    疎開で愛媛県北宇和郡津島町(現宇和島市)に移住。1946年に卓球を始めた。愛媛県立津島高等学校を経て大阪樟蔭女子大学へ進学。大学卒業後は東洋レーヨンに入社した。世界卓球選手権に6回出場し、1959年に女子ダブルスで優勝、1963年に混合ダブルスで優勝、女子団体では3度優勝している。山泉和子 フレッシュアイペディアより)

  • 羽佳純子

    羽佳純子から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    羽佳 純子(はねよし じゅんこ、1967年6月30日 - )は、中国・北京市出身の卓球選手。中国名は李雋。中国代表チームに所属し、1989年世界卓球選手権・女子シングルスベスト16、1991年世界卓球選手権・女子ダブルス3位などの成績を残す。1992年に来日し、日産自動車や淑徳短大を経て、日本卓球リーグのサンリツでプレーする。2000年3月に帰化し、2001年の世界卓球選手権・大阪大会では同じ中国からの帰化選手である高田佳枝とともに日本代表チームのエースとして活躍、日本女子団体18年ぶりのメダル獲得(銅メダル)に大きく貢献した。現在は自身の卓球クラブ「羽佳卓球倶樂部」を運営している。羽佳純子 フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    世界卓球選手権や全日本卓球選手権などでは、男子2人または女子2人のペアで行われる通常のダブルスに加えて、男子1人、女子1人ずつのペアで行う混合ダブルスが行われている。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 小和田敏子

    小和田敏子から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    1969年の世界卓球選手権・ミュンヘン大会で世界チャンピオンとなる。小和田敏子 フレッシュアイペディアより)

  • 林忠明

    林忠明から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    復員後、1946年に全日本軟式で優勝、1950年には全日本卓球選手権のシングルスで優勝、日本初参加となった1952年にインドのボンベイで行われた世界卓球選手権で藤井則和とのペアで男子ダブルス優勝している。このとき渡航費用として40万円がかかったが半分の20万円は自己負担したという。林忠明 フレッシュアイペディアより)

  • 高島規郎

    高島規郎から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    高島 規郎(たかしま のりお 1951年- )は、大阪府出身の卓球選手。全日本卓球選手権大会1972年度・1978年度・1979年度の3回、男子シングルスで優勝している。なお、カット主戦型で全日本を3度以上制しているのは、松下浩二(4度)と2人だけで、「ミスター・カットマン」と称されている。また、1975年の世界卓球選手権では男子シングルスで3位入賞、団体でも4回に渡って銅メダル獲得メンバーとなった。高島規郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西飯美幸

    西飯美幸から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    西飯 美幸(にしい みゆき、1973年9月26日 - )は、三重県出身の卓球選手。現姓小林。三重県立白子高等学校、愛知工業大学から健勝苑、ファミタク(東京)を経て2010年4月よりルネサスSKY(旧NEC九州)に所属。2011年に退社。妹は卓球選手の西飯由香(21クラブ)。全日本卓球選手権・女子ダブルスでは姉妹ペアで1998年・1999年・2000年の3連覇を達成している。実父は1971年の世界卓球選手権の代表にもなったサウスポーの西飯徳康(名古屋商科大学卒)、実母は1971年世界卓球選手権・女子ダブルス3位の西飯幸子(東北学院大学卒)。夫は専修大学男子卓球部元監督の小林仁(専修大学卒)。西飯美幸 フレッシュアイペディアより)

  • 西飯由香

    西飯由香から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    西飯 由香(にしい ゆか、1975年8月9日 - )は、三重県出身の卓球選手。現姓真田。三重県立白子高校、愛知工業大学から健勝苑、十六銀行(岐阜)を経て21クラブに所属。6段(京都府)。姉は卓球選手の小林美幸(ファミタク)。全日本卓球選手権・女子ダブルスでは姉妹ペアで1998年・1999年・2000年の3連覇を達成している。実父は1971年の世界卓球選手権の代表にもなったサウスポーの西飯徳康(名古屋商科大学卒)、実母は1971年世界卓球選手権・女子ダブルス3位の西飯幸子(東北学院大学卒)。夫は真田浩二(愛知工業大学卒)。西飯由香 フレッシュアイペディアより)

  • 楢原静

    楢原静から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    楢原 静(ならはら しずか、1928年 - )は、広島県三原市出身の卓球選手。戦後1952年、インドのボンベイで開催された世界卓球選手権で西村登美江とペアを組み団体戦、ダブルス優勝。日本卓球初の世界王者となった。楢原静 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
210件中 1 - 10件表示

「世界卓球選手権」のニューストピックワード