275件中 21 - 30件表示
  • 西飯美幸

    西飯美幸から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    西飯 美幸(にしい みゆき、1973年9月26日 - )は、三重県出身の卓球選手。現姓小林。三重県立白子高等学校、愛知工業大学から健勝苑、ファミタク(東京)を経て2010年4月よりルネサスSKY(旧NEC九州)に所属。2011年に退社。妹は卓球選手の西飯由香(21クラブ)。全日本卓球選手権・女子ダブルスでは姉妹ペアで1998年・1999年・2000年の3連覇を達成している。実父は1971年の世界卓球選手権の代表にもなったサウスポーの西飯徳康(三重高田高等学校‐名古屋商科大学卒)、実母は1971年世界卓球選手権・女子ダブルス3位の西飯幸子(東北学院大学卒)。夫は専修大学男子卓球部元監督の小林仁(専修大学卒)。西飯美幸 フレッシュアイペディアより)

  • 高島規郎

    高島規郎から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    高島 規郎(たかしま のりお 1951年- )は、大阪府出身の卓球選手。全日本卓球選手権大会1972年度・1978年度・1979年度の3回、男子シングルスで優勝している。なお、カット主戦型で全日本を3度以上制しているのは、松下浩二(4度)と2人だけで、「ミスター・カットマン」と称されている。また、1975年の世界卓球選手権では男子シングルスで3位入賞、団体でも4回に渡って銅メダル獲得メンバーとなった。高島規郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西飯徳康

    西飯徳康から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    西飯 徳康(にしい とくやす、1944年11月19日 - )は、三重県出身の卓球選手。松阪市立殿町中学校、高田高等高校、名古屋商科大学から東京青果、日本卓球、アームストロングを経て1974年に故郷の三重県に帰り卓球専門店西飯スポーツを創業。世界卓球選手権出場、全日本卓球選手権に連続してランクインするなど、数々の国際大会、全国大会で活躍した。妻は元世界選手権ダブルス3位の西飯幸子、長女は元世界選手権代表、全日本選手権ダブルス三連覇の小林美幸、次女は元世界選手権代表、全日本選手権ダブルス三連覇の真田由香といずれも日本を代表する卓球選手という卓球一家である。日本卓球協会5段。西飯徳康 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤博治

    佐藤博治から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    原田力蔵アームストロング株式会社社長が1952年に発明したスポンジラバーを貼ってプレーした最初の選手である。同年の世界卓球選手権ボンベイ大会に27歳で優勝している。佐藤博治 フレッシュアイペディアより)

  • 大川とみ

    大川とみから見た世界卓球選手権大会世界卓球選手権

    1956年に東京で行われた世界卓球選手権大会の女子シングルスで日本人女子として初の優勝をかざった。この優勝を記念して地元の茨城県では大川杯卓球大会が翌1957年から開催されていたが2008年3月に行われた第51回大会で幕を閉じた。大川とみ フレッシュアイペディアより)

  • 濱地正浩

    濱地正浩から見た世界卓球世界卓球選手権

    2014年4月、JA全農2014世界卓球の開会式にてパフォーマンスを務める。濱地正浩 フレッシュアイペディアより)

  • 第53回世界卓球選手権個人戦

    第53回世界卓球選手権個人戦から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    第53回世界卓球選手権個人戦(だい53かいせかいたっきゅうせんしゅけんこじんせん)は、2015年4月26日から5月3日まで中国・蘇州 にて開催された世界卓球選手権である。第53回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 荘智淵

    荘智淵から見た世界卓球選手権大会世界卓球選手権

    早熟の選手で、2003年辺りが実力のピークであったがその後は調子を落とし続け、最高3位にまで上がった世界ランキングも一度は20位まで落とした。年齢のこともあり、誰もが皆彼のピークは過ぎたと思っていたが30歳を過ぎる頃から両ハンドのドライブに再びキレが戻り始め、2011年には実に8年ぶりのプロツアー優勝。2012年のロンドンオリンピックのシングルスではメダルこそ獲れなかったものの自己最高のベスト4に入った。2013年の世界卓球選手権パリ大会では男子ダブルスで優勝を果たし、2014年の世界卓球選手権東京大会では、団体3位の原動力となる。2013年10月に鴻海科技集団と10年間のスポンサー契約を結んだ。荘智淵 フレッシュアイペディアより)

  • ピンポン (漫画)

    ピンポン (漫画)から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    かつてはオババが賛美するほど優秀な選手であり、バタフライジョーと呼ばれていた。1950年世界選手権日本代表の最終選考まで残ったが、ライバル選手(風間竜)の膝の怪我につけ込む戦法をどうしても取れずに敗退、同時に選手生活を引退した。スマイルの才能を見抜き、スマイルの難しい性格に苦労しながらも一流の選手へと育て上げる。スマイルとの仲を深めるために2人きりで遊園地へ行き、盛り上げようと努力したが、自身がコーヒーカップに乗って具合を悪くしただけだった。ピンポン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 江口冨士枝

    江口冨士枝から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    江口 冨士枝(えぐち ふじえ、1932年11月18日 - )は、長崎県長崎市出身の卓球選手。1957年世界卓球選手権で女子シングルス・混合ダブルスで優勝、1958年アジア競技大会で女子ダブルス・混合ダブルスで優勝など、1950年代の日本卓球界黄金期を支えた名選手。その驚異的なフットワークは「超人的」と世界から称賛された。江口冨士枝 フレッシュアイペディアより)

275件中 21 - 30件表示

「世界卓球選手権」のニューストピックワード