210件中 41 - 50件表示
  • 世界卓球殿堂

    世界卓球殿堂から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    世界卓球殿堂(せかいたっきゅうでんどう、The ITTF Hall of Fame)は国際卓球連盟による名誉の殿堂。1991年当時国際卓球連盟会長だった荻村伊智朗に提案され1993年に設立された。選手の場合世界卓球選手権とオリンピックで合計5個の金メダルを獲得していることが条件となる。これまでの46人の選手と3人の役員が殿堂入りを果たしている。殿堂の選考は2年ごとに世界卓球選手権にあわせた会議によって行われている。世界卓球殿堂 フレッシュアイペディアより)

  • 劉南奎

    劉南奎から見た第44回世界卓球選手権世界卓球選手権

    第44回世界選手権マンチェスター大会 男子団体3位劉南奎 フレッシュアイペディアより)

  • 劉南奎

    劉南奎から見た第42回世界卓球選手権世界卓球選手権

    第42回世界選手権イェーテボリ大会 男子ダブルス3位(金擇洙と)、混合ダブルス準優勝(玄静和と)劉南奎 フレッシュアイペディアより)

  • 劉南奎

    劉南奎から見た第39回世界卓球選手権世界卓球選手権

    第39回世界選手権ニューデリー大会 男子ダブルス3位(安宰亨と)劉南奎 フレッシュアイペディアより)

  • 劉南奎

    劉南奎から見た第40回世界卓球選手権世界卓球選手権

    第40回世界選手権ドルトムント大会 混合ダブルス優勝(玄静和と)劉南奎 フレッシュアイペディアより)

  • 劉南奎

    劉南奎から見た第43回世界卓球選手権世界卓球選手権

    第43回世界選手権天津大会 男子団体3位劉南奎 フレッシュアイペディアより)

  • 深津尚子

    深津尚子から見た世界卓球選手権大会世界卓球選手権

    深津尚子(ふかづ なおこ 1944年- )は愛知県岡崎市出身の元卓球選手。慶應義塾大学在学中の1965年にリュブリャナで開催された第28回世界卓球選手権大会女子シングルスで優勝、世界チャンピオンとなった。深津尚子 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺武弘

    渡辺武弘から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    渡辺 武弘(わたなべ たけひろ、1961年12月16日 - )は、福岡県出身の卓球選手。戦型は左ペンホルダードライブマンである。オリンピックにはソウルオリンピック、バルセロナオリンピックの2回、世界卓球選手権には1983年から1991年まで4度日本代表に選ばれて出場している。また1991年の全日本卓球選手権では渋谷浩を破りシングルス優勝を果たした。熊谷商業高校から明治大学から協和発酵(現・協和発酵キリン)に進んだ。2011年4月、中部大学准教授に就任した。渡辺武弘 フレッシュアイペディアより)

  • 田阪登紀夫

    田阪登紀夫から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    1968年、長谷川信彦とのペアでアジア選手権大会の男子ダブルスで優勝、翌年から世界卓球選手権の日本代表となり、1969年ミュンヘン大会のシングルスで銅メダル、ダブルスで長谷川信彦とのペアで銀メダルを獲得(この大会で優勝した団体は長谷川信彦、河野満、伊藤繁雄、井上哲夫、笠井賢二がメンバーであった。)。1971年の名古屋大会で団体銀メダル(長谷川、伊藤、河野、田阪、井上)、長谷川信彦とのペアで銀メダル、1973年のサラエボ大会で団体銅メダル(長谷川、河野、田阪、今野裕二郎、高島規郎)、1977年のバーミンガム大会で団体銀メダル(河野、田阪、高島、井上、前原正浩)、混合ダブルスで横田幸子とのペアで銀メダルを獲得した。田阪登紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 馬文革

    馬文革から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    世界卓球選手権 シングルスベスト4(1991年)、団体優勝2回(1995年、1997年)、団体準優勝2回(1989年、1993年)馬文革 フレッシュアイペディアより)

210件中 41 - 50件表示

「世界卓球選手権」のニューストピックワード