210件中 61 - 70件表示
  • バディ・ブラットナー

    バディ・ブラットナーから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    学生時代より卓球選手として活動しており、1936年にチェコのプラハで開催された世界卓球選手権の男子ダブルスにおいてジェームス・マックルーアとのペアで優勝している。翌1937年にオーストリアのバーデン・バイ・ウィーンで開催された同大会の男子ダブルスでも同じペアで2連覇を達成した。バディ・ブラットナー フレッシュアイペディアより)

  • アブデル=カデル・サリフ

    アブデル=カデル・サリフから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    2004年ブダペストで行われたヨーロッパユース選手権のカデットの部で団体優勝、2005年チェコのオストラヴァで行われた大会では同選手権のジュニアの部で団体優勝した。2007年のブラチスラヴァ大会ではジュニアの部ダブルスを制覇した。また混合ダブルスでは2005年の世界ジュニア卓球選手権リンツ大会でベスト4に残っている。2007年にアメリカのパロアルトで開かれた世界ジュニア選手権男子団体準決勝では中国から二点取るという活躍を見せ、同年のフランスオープンにおいては松下浩二を破った。世界選手権には2008年の広州大会で初出場を果たした。アブデル=カデル・サリフ フレッシュアイペディアより)

  • 河野満

    河野満から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    河野 満(こうの みつる 1946年8月13日- )は、日本の元卓球選手。1977年開催の第34回世界卓球選手権バーミンガム大会で優勝した、元世界チャンピオンでもある。青森県十和田市出身。河野満 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井基男

    藤井基男から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    1951年の全日本卓球選手権ではシングルスで3位、翌年の全日本卓球選手権でも鈴木勝彦と共に3位となった。1956年に東京で開催された世界卓球選手権にも出場しており、混合ダブルスにおいて田中良子とのペアで銅メダルを獲得している。引退後は日本においてのコーチ活動の他、サウジアラビアのヘッドコーチも務めた。日本卓球協会においても事務局長、専務理事などの役職につき、1991年の世界選手権開催の千葉開催に向けて取り組んだ。藤井基男 フレッシュアイペディアより)

  • 横田幸子 (卓球選手)

    横田幸子 (卓球選手)から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    1971年の関東学生新人卓球選手権大会シングルス、ダブルスで優勝、全日本卓球選手権大会で1972年、1974年女子シングルス優勝、1975年中央大学を卒業、1975年の世界卓球選手権女子ダブルスでは大関行江とのペアで銀メダル、1977年の世界卓球選手権混合ダブルスで田阪登紀夫とのペアで銀メダルを獲得した。横田幸子 (卓球選手) フレッシュアイペディアより)

  • 全日本学生卓球選手権大会

    全日本学生卓球選手権大会から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    女子では星野美香が1984年から4連覇、男子では世界卓球選手権のダブルスで3位となったことのある楊玉華が4連覇を達成している。その後も世界卓球選手権シングルス3位となったことのある王会元や周宏などが優勝したため、ユニバーシアードの年齢制限と同じ28歳の年齢制限を課した。全日本学生卓球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 関東学生卓球連盟

    関東学生卓球連盟から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    荻村伊智朗 - 1953-55頃、1954年、ウェンブリーで行なわれた世界卓球選手権男子シングルスで優勝。関東学生卓球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田海偉

    吉田海偉から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    国内ではほぼ敵無しといって良いほどの活躍を見せ、世界卓球選手権代表になるなど日本のエースとして活躍しているが、2006年度・2007年度・2009年度の全日本選手権では水谷隼に決勝で敗れ、2008年度には高校生の松平健太に準決勝で敗れるなど、若手の突き上げに遭っている。吉田海偉 フレッシュアイペディアより)

  • ベロニカ・パブロビッチ

    ベロニカ・パブロビッチから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    1993年のヨーロッパユース選手権ジュニアの部でブラディミル・サムソノフとの混合ダブルスで準優勝した。世界卓球選手権には1993年のイェテボリ大会から14大会連続出場しており第48回世界卓球選手権団体戦では双子の姉のビクトリア・パブロビッチ などとともに団体3位となった。ベロニカ・パブロビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 今野安子

    今野安子から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    久保学園高等学校、愛知工業大学でプレーした。1969年の世界卓球選手権ミュンヘン大会で長谷川信彦との混合ダブルスで優勝した。また1971年の世界卓球選手権名古屋大会では小和田敏子、大関行江、大場恵美子と共に女子団体で優勝を果たした。今野安子 フレッシュアイペディアより)

210件中 61 - 70件表示

「世界卓球選手権」のニューストピックワード