210件中 71 - 80件表示
  • ダブルH

    ダブルHから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

     シーナ茜&水瀬葵/CHICA&かしのりる (2006年4月25日=世界卓球選手権中継延長のため、当初の予定より1時間遅れで放送)ダブルH フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・カラカセビッチ

    アレクサンダー・カラカセビッチから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    世界選手権には1995年の天津大会から出場しており、2003年のパリ大会と2007年のザグレブ大会では男子ダブルスにおいてベスト8に輝いている。アレクサンダー・カラカセビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ペンホルダー

    ペンホルダーから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    日本の全盛期、世界卓球選手権優勝時などに日本人選手に使用されていたタイプのラケットであり、1990年代以降シェークハンドの使用率が高くなってきたこともあり、現在では日本式ペンホルダーを使用して世界的に活躍している日本人選手はほとんど目にすることはなくなってしまった。ペンホルダー フレッシュアイペディアより)

  • ケネックジャパン

    ケネックジャパンから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    世界卓球2006(テレビ東京、タイトルロゴ,CG,ジングル)ケネックジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 李瑞環

    李瑞環から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    1986年から1987年頃に、旧知の卓球世界チャンピオンの荘則棟から日本人女性との結婚を中国政府に許可してもらえるように力を貸してほしいと頼まれ、胡耀邦総書記とともに鄧小平の許可を得ようと尽力した。李瑞環 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパチャンピオンズリーグ (卓球)

    ヨーロッパチャンピオンズリーグ (卓球)から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    現在の参加数は16チームである。4チームずつ4つの組に分かれてホーム&アウェイでリーグ戦を行い、各組の上位2チームが決勝トーナメントに進出する。決勝トーナメントもホーム&アウェイで2戦行い、2勝するか、1勝1敗で得失点差で上回ったチームが勝ち上がる。試合方式は、世界選手権団体戦と同様の、双方のチームが3人の選手でシングルスにより最大5回対戦し、先に3勝した側が勝ちとなる方式である。ヨーロッパチャンピオンズリーグ (卓球) フレッシュアイペディアより)

  • 下長智子

    下長智子から見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    下長 智子(しもなが ともこ(現姓、松下) 1966年7月14日- )は熊本県熊本市西区出身の元卓球選手。全国中学校卓球大会、全日本卓球選手権大会ジュニアの部、インターハイで優勝し大学在学中に世界卓球選手権にも出場した。夫は元卓球選手の松下雄二。下長智子 フレッシュアイペディアより)

  • 下長智子

    下長智子から見た第38回世界卓球選手権世界卓球選手権

    熊本市立城山小学校卒業後、熊本市立三和中学校3年(1981年)の時に全国中学校卓球大会のシングルスで優勝した。熊本女子高等学校に進学し、2年(1983年)の時に全日本卓球選手権ジュニアの部でシングルス優勝、3年(1984年)の時にはインターハイシングルスで優勝、全日本卓球選手権一般の部でもベスト8に入った。青山学院大学文学部に入学し1年次の1985年に行われた第38回世界卓球選手権(イエテボリ)に出場した。3年次には全日本学生卓球選手権大会決勝で星野美香と戦い準優勝となった。大学卒業後は十六銀行の卓球部に所属して1990年の全日本卓球選手権大会で3位、1991年第41回世界卓球選手権(千葉市)にも出場している。下長智子 フレッシュアイペディアより)

  • 下長智子

    下長智子から見た第41回世界卓球選手権世界卓球選手権

    熊本市立城山小学校卒業後、熊本市立三和中学校3年(1981年)の時に全国中学校卓球大会のシングルスで優勝した。熊本女子高等学校に進学し、2年(1983年)の時に全日本卓球選手権ジュニアの部でシングルス優勝、3年(1984年)の時にはインターハイシングルスで優勝、全日本卓球選手権一般の部でもベスト8に入った。青山学院大学文学部に入学し1年次の1985年に行われた第38回世界卓球選手権(イエテボリ)に出場した。3年次には全日本学生卓球選手権大会決勝で星野美香と戦い準優勝となった。大学卒業後は十六銀行の卓球部に所属して1990年の全日本卓球選手権大会で3位、1991年第41回世界卓球選手権(千葉市)にも出場している。下長智子 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜アリーナ

    横浜アリーナから見た世界卓球選手権世界卓球選手権

    スポーツイベントとしては、1993年に東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントの試合会場として使用された。また、1998年のかながわ・ゆめ国体では体操会場として使用された。さらに、2008年バレーボール・ワールドグランプリ決勝ラウンド、2009年世界卓球選手権横浜大会の試合会場として使用された。横浜アリーナ フレッシュアイペディアより)

210件中 71 - 80件表示

「世界卓球選手権」のニューストピックワード