1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 世界卓球選手権

    世界卓球選手権から見た香港

    男子卓球においては、1980年代末以降のスウェーデンの台頭が引き金となったヨーロッパ勢の黄金時代があり、中国男子は一時期、団体で表彰台にも上がれぬほど低迷した。しかし90年代半ばには再び王座に返り咲き、その後しばらくは中国とスウェーデンを筆頭にしたヨーロッパとの拮抗は続いたものの、2000年代中盤以降は男子においても中国の完全な一強状態であり、中国が全種目優勝を独占することが多い。中国以外では、ドイツ、日本、韓国、香港などが現在の実力国(地域)として挙げられる。世界卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界卓球選手権

    世界卓球選手権から見たユーゴスラビア

    なお、第45回大会は当初ユーゴスラビアのベオグラードで開催が予定されていたが内戦が激化したため、急遽個人戦と団体戦を分けて開催することとなった。第46回大会は個人戦、団体戦が同時開催されたが、第47回大会以降は再び個人戦と団体戦が分けて開催されている。世界卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界卓球選手権

    世界卓球選手権から見たピンポン外交

    その後、60年代に中国が台頭したが、文化大革命の影響で1967年、1969年の大会は欠場。日本のピンポン外交努力と周恩来の決断により1971年、3大会ぶりに復帰するまでの日本の一時的復権を挟んで1970年代以降は、中国の卓球全盛時代となった。特に女子においては、中国の覇権は一貫して絶対的なものに近い。世界卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界卓球選手権

    世界卓球選手権から見たスウェーデン

    男子卓球においては、1980年代末以降のスウェーデンの台頭が引き金となったヨーロッパ勢の黄金時代があり、中国男子は一時期、団体で表彰台にも上がれぬほど低迷した。しかし90年代半ばには再び王座に返り咲き、その後しばらくは中国とスウェーデンを筆頭にしたヨーロッパとの拮抗は続いたものの、2000年代中盤以降は男子においても中国の完全な一強状態であり、中国が全種目優勝を独占することが多い。中国以外では、ドイツ、日本、韓国、香港などが現在の実力国(地域)として挙げられる。世界卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界卓球選手権

    世界卓球選手権から見たチェコ

    最初世界選手権大会においては、ハンガリー勢の実力が圧倒的であったが、1936年第10回プラハ大会頃以降、ハンガリー勢の退潮とともにチェコ、オーストリア、アメリカ選手勢がそれぞれ徐々に台頭を見せた。1952年に行われ、はじめてヨーロッパ以外で開催された第19回ボンベイ大会で、初めて日本勢が男女ダブルス、女子団体、男子シングルスの4種目で優勝して以降、世界の卓球界の勢力は圧倒的にアジア優勢へと傾いた。世界卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界卓球選手権

    世界卓球選手権から見たストックホルム

    国際卓球連盟の主催する最も権威ある卓球の国際大会であって、第1回大会は1926年にロンドンにおいて開催された。途中第二次世界大戦による1940年から1946年にかけての中断があった。1957年の第24回ストックホルム大会以前は原則毎年開催されていたが、それ以降は、2年おきに実施されている。世界卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界卓球選手権

    世界卓球選手権から見たヨーロッパ

    最初世界選手権大会においては、ハンガリー勢の実力が圧倒的であったが、1936年第10回プラハ大会頃以降、ハンガリー勢の退潮とともにチェコ、オーストリア、アメリカ選手勢がそれぞれ徐々に台頭を見せた。1952年に行われ、はじめてヨーロッパ以外で開催された第19回ボンベイ大会で、初めて日本勢が男女ダブルス、女子団体、男子シングルスの4種目で優勝して以降、世界の卓球界の勢力は圧倒的にアジア優勢へと傾いた。世界卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「世界卓球選手権」のニューストピックワード