前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
271件中 1 - 10件表示
  • 福見友子

    福見友子から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    4月、北京オリンピックを翌年に控え迎えた全日本選抜柔道体重別選手権大会48kg級の決勝で出産のため2年ぶりの復帰となった谷と再び対戦し、出足払いで有効を奪って勝利、初優勝を果たした。しかし、実績を重視した全日本柔道連盟の意向でこの年の世界柔道選手権大会代表には選ばれなかった。翌年のオリンピックまでに世界的な実績を積むための唯一の大会への出場が叶わず北京オリンピック出場も絶望視されることとなり、この選考は大きな物議を醸すこととなった。福見友子 フレッシュアイペディアより)

  • 二宮美穂

    二宮美穂から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1997年(平成9年) - 世界柔道選手権大会 72kg超級 2位二宮美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 高木長之助

    高木長之助から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1973年の世界選手権で金メダル、75年の同選手権で銅メダルを獲得し、日本大学柔道部の総監督を務めた。高木長之助 フレッシュアイペディアより)

  • 夏井昇吉

    夏井昇吉から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    第1回世界選手権覇者。元・東北柔道連盟会長。夏井昇吉 フレッシュアイペディアより)

  • 野瀬清喜

    野瀬清喜から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    選手としてロサンゼルス五輪や世界選手権でメダルを獲得したほか、日本国内においては全日本選抜体重別選手権5連覇等の実績が光る。身長176cmで現役時代の階級は86kg級。野瀬清喜 フレッシュアイペディアより)

  • 徳野和彦

    徳野和彦から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    しかしそれ以降は野村忠宏の最大のライバルとして立ちはだかることになり、バンコクアジア大会では圧倒的な強さで優勝を飾り、翌年にはついに野村を破って世界選手権代表になり、そこでも順調に勝ち上がり、キューバのマノロ・プロ相手の決勝でも優位に試合を進めながらも、一瞬の隙をつかれて敗れる。徳野和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 湊谷弘

    湊谷弘から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1967と69年に開催された世界選手権大会の軽中量級覇者である。湊谷弘 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    柔道の創始者である嘉納治五郎は『柔道概要』の中で「初段より昇段して十段に至り、なお進ましむるに足る実力ある者は十一段十二段と進ましむること際限あるなし」と述べている通り上限は決められていない。ただし十段よりも上へ昇段した前例はなく、今日では十段が事実上の最高段位になっている。そもそも段位は柔道の「強さ」のみで決まるものではないため、高段者になればなるほど、名誉段位という意味合いが強くなっている。実際に、昇段の為の条件(競技成績・修業年限・審判実績など)が明文化されているのは八段までで、九段の昇段については存命の九段所有者が審議して決める事になっており、十段については講道館長の裁量に任されるなど、基準が非常に曖昧になっている。一方、現役選手では三?五段までが殆どで、これは全日本柔道選手権やオリンピック柔道競技、世界柔道選手権、春・秋の講道館紅白試合の技量抜群者に与えられる「特別昇段」の段位上限や、年齢・修行年限などの制限が課されているためである。実際にオリンピック2連覇で世界選手権を7度制した谷亮子も、現役時代の段位は四段であった。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 笹原富美雄

    笹原富美雄から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1969年 - 世界柔道選手権大会軽重量級 優勝笹原富美雄 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀武

    古賀武から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1961年に開催された世界選手権の銅メダリストである。古賀武 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
271件中 1 - 10件表示

「世界柔道選手権」のニューストピックワード