235件中 11 - 20件表示
  • 加瀬次郎

    加瀬次郎から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1973年に高校を卒業すると田渕監督の母校・明治大学に入学。同大学では吉永浩二や、後に世界選手権で銀メダルを獲得する原吉実に稽古をつけてもらった。大学2年次には団体戦レギュラーの座を掴んだほか、プライベートではTXN系列の人気深夜番組『勝ち抜き腕相撲』で、当時最高の17人抜を記録した(しかも胃癌の疑いで、胃の4/5を摘出した療養中での偉業達成であった)。柔道部主将として迎えた大学4年次の1976年には全日本学生体重別選手権で全国優勝したほか、講道館で開催された第1回講道館杯でも準優勝に輝いた。加瀬次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 土浦日本大学高等学校

    土浦日本大学高等学校から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    福見友子(世界柔道選手権(2009年)48キロ級金メダリスト)土浦日本大学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 越野忠則

    越野忠則から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    講道館杯で4連覇、全日本選抜体重別選手権で3連覇を果たすなど国内で軽量級の第一人者に躍り出たほか、1989年の世界選手権(ベオグラード)で準優勝、翌90年のアジア大会(北京)で優勝という成績を残し、91年の世界選手権(バルセロナ)ではついに世界の頂点に立った。越野忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 秋本啓之

    秋本啓之から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    2010年 - 世界柔道選手権大会 73kg級 優勝秋本啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 夏井昇吉

    夏井昇吉から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1956年の第1回世界選手権の代表選考会では決勝で醍醐を破り、日本代表に選出される。また同年5月に蔵前国技館で開催された世界選手権の決勝では、それまでに3度も全日本選手権を制した吉松義彦を判定で破り、見事に初代世界王者の座についた。翌1957年の全日本選手権でもその勢いは衰えず、決勝では曽根康治を下して全日本初優勝を成し遂げる。夏井昇吉 フレッシュアイペディアより)

  • 須貝等

    須貝等から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1985年 - 世界柔道選手権大会 95キロ級 優勝須貝等 フレッシュアイペディアより)

  • 湊谷弘

    湊谷弘から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1967・69年に開催された世界選手権の軽中量級覇者である。湊谷弘 フレッシュアイペディアより)

  • 高木長之助

    高木長之助から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    同年6月にスイス・ローザンヌで開催された世界選手権には重量級(93kg超級)の代表として出場。無差別級代表の篠巻政利が1回戦で負傷棄権するというプレッシャーの中、高木も4回戦で判定負けを喫するが、その後の敗者復活戦を勝ち上がり、逆転の金メダルを獲得した。高木長之助 フレッシュアイペディアより)

  • 笹原富美雄

    笹原富美雄から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1969年 - 世界柔道選手権大会軽重量級 優勝笹原富美雄 フレッシュアイペディアより)

  • 津沢寿志

    津沢寿志から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    大学卒業後は岡野功が運営する正気塾に所属し、1971年7月の全日本選抜体重別選手権では決勝で南喜陽(新日鉄)を破り、シニア初タイトル。同年9月に西ドイツのルートヴィヒスハーフェンで開催された世界選手権では、軽中量級で3連覇を狙う湊谷弘(金沢工業大学教員)を破って優勝を成し遂げた。この大会の準決勝戦での決まり技は、大学時代に研究を重ね正気塾で磨き上げた体落で、それまでの稽古の集大成とも言える技だった。津沢寿志 フレッシュアイペディアより)

235件中 11 - 20件表示

「世界柔道選手権」のニューストピックワード