235件中 71 - 80件表示
  • 大迫明伸

    大迫明伸から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    再起のため背負投に変わる得意技として一本背負投を磨くが、肘の痛みと戦いながらの稽古は熾烈を極めた。いつ癒えるとも判らない肘の故障に加え、時を同じくして腰椎分離症も併発した大迫は、国際大会に出場しても鳴かず飛ばずの成績が続き、1987年の世界選手権の選考会で3位に終わった後に、旭化成柔道部の監督に引退を相談した。大迫明伸 フレッシュアイペディアより)

  • 前田桂子

    前田桂子から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    鹿島中学3年時に全国大会で3位となった。湊川女子高校に入学後は国内外のジュニアタイトルを次々と獲得して、筑波大1年の時には、全日本選手権で2階級上の第一人者である阿武教子に背負投で一本勝ちして3位に入って、一躍注目されるようになった。さらに、大学2年の時には世界選手権の63キロ級で背負投を次々ときめてオール一本勝ちでの優勝を果たして、19歳にして世界チャンピオンになった。この時はマスコミから女三四郎と形容されることになった。前田桂子 フレッシュアイペディアより)

  • 真喜志慶治

    真喜志慶治から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1997年 - 世界柔道選手権大会 無差別 2位真喜志慶治 フレッシュアイペディアより)

  • 森脇保彦

    森脇保彦から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1977年の世界選手権で日本代表に選出されるが、大会開催地のバルセロナへ出発するため荷物を持って講道館に行くと、政治的な問題で大会が中止となった旨を告げられた。森脇保彦 フレッシュアイペディアより)

  • 養父直人

    養父直人から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    中学3年次に近畿大会(78kg級)で優勝し頭角を現すと、天理高校に入学してからは1988年の全国高校選手権で初代の個人戦無差別チャンピオンに輝いたほか、インターハイの重量級でもベスト8という成績を残した。1989年春に天理大学入学後は、東京五輪銅メダリストの金義泰の指導のもと得意技の払腰に一層磨きをかけ、団体戦・個人戦で活躍した。大学2年次には三船杯で、ソウル五輪銀メダリストのヘンリー・ストール(東ドイツ)を払腰で投げ飛ばしている。大学4年次の1992年にはドイツ国際や全日本体重別選手権でも優勝を果たし、ポスト小川直也の有力候補の1人として期待されるようになる。その反面、学生選手権や学生体重別では上位に顔を出すものの優勝までには至らず。特に大学4年の全日本学生選手権では、決勝で86kg級の中村佳央にいいところなく敗れて2位に終わる。新日鉄広畑に入社後は全日本選手権で3年連続3位になったり、ドイツ国際で自身2度目の優勝を飾ったりするが、小川直也や篠原信一ら強豪がしのぎを削る当時の重量級において、オリンピックや世界選手権代表の座を射止めるまでには至らなかった。全日本選手権への出場は最終的に、当時最多となる12回を数えた。養父直人 フレッシュアイペディアより)

  • 矢嵜雄大

    矢嵜雄大から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    大学卒業後は了徳寺学園柔道部に籍を置き、2003年に世界選手権に出場したほか、講道館杯・全日本選抜体重別選手権で多数の優勝・入賞を果たし、斎藤制剛や泉浩らと共に長く90kg級の第一人者として活躍。矢嵜雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 岡野功

    岡野功から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    茨城県龍ケ崎市出身。福井英一の漫画『イガグリくん』に影響を受け中学から柔道を始める。 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校卒。中央大学法学部に在学中の1964年(昭和39年)、東京オリンピックに中量級の日本代表として出場し、金メダルを獲得。翌1965年(昭和40年)の世界選手権でも優勝し、わずか21歳にして柔道中量級における世界のトップ選手となる。1967年(昭和42年)には全日本選手権で優勝し、中量級選手としては当時史上初となる柔道三冠を獲得。しかし直後の日ソ親善試合で右肩を負傷したため、同年8月にソルトレイクシティで開催された世界選手権への出場は辞退した。翌1968年(昭和43年)、全日本選手権で準優勝し、さらに1969年(昭和44年)では優勝と、3年間連続で体重無差別の全日本選手権において決勝に進出した事は、身長170cm、80kg以下の体重を考慮すれば特筆すべき偉業である(80kg以下の体重は、歴代の全日本選手権の優勝者で最軽量)。マスコミから「昭和の三四郎」と称された。岡野功 フレッシュアイペディアより)

  • 中村佳央

    中村佳央から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    東海大学卒業後、旭化成に入社、1993年、世界選手権で優勝。1996年、階級を86kg級から95kg級に変更し、全日本体重別で優勝。アトランタオリンピック代表。中村佳央 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤制剛

    斎藤制剛から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    しかし、大学4年次と社会人1年目に相次いで両膝を故障(靱帯損傷)した影響により、それまでの正攻法の柔道から肩車・朽木倒・返し技などの変則柔道に偏重していった事や、同階級に飛塚雅俊、矢嵜雄大、泉浩といった強豪が揃っていたなど数々の不運もあり、オリンピックや世界選手権に個人代表として出場する事は無かった(2005年には全日本選抜体重別選手権で優勝するも、「外国人選手を相手に結果を残していない」という理由で同年の世界選手権代表には選ばれなかった)。斎藤制剛 フレッシュアイペディアより)

  • 岡泉茂

    岡泉茂から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1995年 - 世界柔道選手権千葉大会 3位岡泉茂 フレッシュアイペディアより)

235件中 71 - 80件表示

「世界柔道選手権」のニューストピックワード