271件中 71 - 80件表示
  • ヤネト・ベルモイ

    ヤネト・ベルモイから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    2005年世界柔道選手権大会でフランスのフレデリク・ジョシネを破り金メダルを獲得した。2007年世界柔道選手権大会では日本の谷亮子に敗れて銀メダル、2008年の北京オリンピックではルーマニアのアリナ・ドゥミトルに敗れて銀メダルを獲得した。その後、階級を52kg級に上げるが、2009年の世界選手権では決勝で日本の中村美里に敗れて2位に終わった。ヤネト・ベルモイ フレッシュアイペディアより)

  • エリオ・ヴェルデ

    エリオ・ヴェルデから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    エリオ・ヴェルデ(、1987年9月10日 - )はイタリアのカゼルタ出身の男子柔道家。2009年の世界柔道選手権大会銅メダリスト。身長165cm。エリオ・ヴェルデ フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・ベイティア

    ロナルド・ベイティアから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    柔道は17歳の時に始めた。その後国内の軽重量級(93kg級)チャンピオンの座に就いた。さらにキューバで開催された国際大会でも何度かメダルを獲得するなど一定の活躍を果たした。その一方で、地元で道場を設立して柔道指導も始めた。1971年にはコーチとして認可されると、実績を積み上げていった。一時期メキシコで指導を行っていたこともあった。1986年には、スタートして7年を経過していたものの、国際大会に参加してからまだ3年ほどだったキューバ女子柔道のナショナルチーム監督に就任した。3年後の1989年には世界選手権無差別でエステラ・ロドリゲスがキューバ女子初の金メダルを獲得した。女子柔道が正式競技となった1992年のバルセロナオリンピックでも66kg級のオダリス・レベが金メダルをもたらした。その後もオリンピックや世界選手権、ワールドカップ団体戦、世界ジュニアといった世界大会のみならず、フランス国際、ドイツ国際、福岡国際などAトーナメントの国際大会でも、ドリュリス・ゴンサレス、レグナ・ベルデシア、アマリリス・サボンなど多くの選手が金メダルを含めたメダルを量産することになり、キューバ女子の黄金時代を築き上げた。少数の選ばれたナショナルチームで世界各地を転戦して、国際大会を数多くこなしながら鍛え上げる方式が大きな成果をあげることになった。キューバ女子の技術的な特徴としては、身体能力を活かした双手刈、朽木倒、掬い投げ、さらには両袖を絞ってしゃがみこんだ姿勢からの袖釣込腰の多用があげられる。重量級を除いて(時には重量級も含めて)どの階級の選手も一様に同じような柔道スタイルを展開する。しかしながら、2003年にはその年の世界選手権70kg級2位のレグラ・レイエンと、48kg級3位のダニエスカ・カリオンがアメリカへ逃げ出すという事件が起こった。翌年のアテネオリンピックでは7階級のうち5階級でメダルを獲得しながらも、78kg超級決勝でダイマ・ベルトランが塚田真希から先に技ありを取りながら寝技で逆転負けを喫するなどして金メダルを逃すことになった。世界大会で金メダルを獲得できなかったのは1991年の世界選手権以来13年ぶりであった。その一方で、キューバの国営通信社によれば、2005年にパンナム選手権を見据えた予行演習において、ゴンサレスやユリスレイディス・ルペティを始めとしたトップレベルを多数含むキューバ女子チームがエクアドルの男子チームと対戦して、30戦のうち28勝をあげたという。続いて世界選手権では48kg級でヤネト・ベルモイが谷亮子に次ぐ史上2番目の若さで優勝を飾った(谷は今大会妊娠のため出場しなかった)。2007年には78kg級でユリセル・ラボルデが2連覇、ゴンサレスが史上最年長の優勝を果たした。だが、2008年には北京オリンピック3ヶ月前にマイアミで開催されたパンナム選手権直後にラボルデがアメリカに亡命する騒ぎが起こった。北京オリンピックでは前回のアテネに続いて金メダルを獲得できずに終わった。2009年からはIJFグランプリシリーズが始まったものの、経済的な問題などもあり以前ほど積極的に国際大会に転戦することが出来なくなった。また世界選手権では1991年以来18年ぶりに金メダルを獲得できずに終わった。2010年からは下半身への手や腕による攻防が大きく制限されたことにより、キューバ女子がもっとも得意としていた双手刈や朽木倒などが使用困難となったことから、新ルールへの適用が大きな課題として残った(2013年からは下半身への手や腕による攻防が試験的に全面禁止となると、翌年からは正式に禁止された)。だが、2012年のロンドンオリンピックでは78kg超級でイダリス・オルティスがシドニーオリンピック以来3大会ぶりにオリンピックで金メダルを獲得することになった。2015年現在までキューバ女子はオリンピックで5個、世界選手権で14個、世界団体(ワールドカップ団体戦)で2個の金メダルを獲得している。ロナルド・ベイティア フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダニス・アレンシビア

    ヨルダニス・アレンシビアから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会でも1999年、2001年、2003年で銅メダル、2007年で銀メダルを獲得している。ヨルダニス・アレンシビア フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ソロドクリン

    ニコライ・ソロドクリンから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1979年にはヨーロッパ選手権、世界選手権をともに制し、1980年のモスクワオリンピック65kg級で金メダルを獲得した。1983年に地元モスクワで開催された世界選手権では、決勝で松岡義之を2-1の微妙な判定ながら破って2度目の優勝を成し遂げた。1984年のロサンゼルスオリンピックにはソ連がボイコットしたために出場できなかったが、その実質的な対抗大会としてワルシャワで開催されたフレンドシップ・ゲームズでは優勝を飾った。ニコライ・ソロドクリン フレッシュアイペディアより)

  • エツィオ・ガンバ

    エツィオ・ガンバから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1979年世界選手権で決勝に進出したが香月清人に敗れて銀メダル、1980年のモスクワオリンピックの決勝でニール・アダムスを破り金メダル、1984年のロサンゼルスオリンピックの決勝で安柄根に敗れて銀メダルを獲得している。エツィオ・ガンバ フレッシュアイペディアより)

  • 平野時男

    平野時男から見た世界柔道選手権世界柔道選手権大会

    欧州における数多の門弟の中でも特筆されるのが、オランダで指導し後に世界チャンピオンとなったアントン・ヘーシンクとウィレム・ルスカである。ヘーシンクは1961年にパリで開催された世界選手権で神永昭夫や曽根康治ら日本のトップ選手を下し、外国人初の優勝を果たした。少年時代から指導したウィレム・ルスカについては、1963年の世界選手権のためソルトレイクシティへ出発する10日前にも直接指導を行った。40歳を越えていた平野は26歳のルスカを寝技で子供を扱うように手玉に取り、「立技で日本人の2流級、寝技で日本人の5流級」が平野の実感であった。ところが直後に開催された世界選手権でルスカが重量級金メダルを獲得し、事実上世界一の柔道家になると、平野は呆然としたという。即ち、教え子のルスカの優勝という喜びと、日本人柔道家の弱体化という現実による葛藤であった。平野時男 フレッシュアイペディアより)

  • 岡泉茂

    岡泉茂から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1995年 - 世界柔道選手権千葉大会 3位岡泉茂 フレッシュアイペディアより)

  • 池田ひとみ

    池田ひとみから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    なお、2010年と2011年の世界選手権70kg級3位である國原頼子とは高校時代の同級生で、1年の時は喧嘩ばかりしていたが、2年の時に仲直りをしてそれ以降はとても仲が良くなったという。同じ自衛官として自衛隊体育学校でトレーニングを積んでいた。池田ひとみ フレッシュアイペディアより)

  • 北田佳世

    北田佳世から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    アテネオリンピック48キロ級銀メダリストでフランスのフレデリク・ジョシネに対戦成績で3勝1敗と勝ち越すなど、実力的にオリンピックと世界選手権で金メダルを狙える選手であったが、同階級に谷亮子がいるためにオリンピックと世界選手権のいずれも出場できなかった。北田佳世 フレッシュアイペディアより)

271件中 71 - 80件表示

「世界柔道選手権」のニューストピックワード