235件中 81 - 90件表示
  • 秋本勝則

    秋本勝則から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1975年 - 世界柔道選手権大会(オーストリア・ウィーン) 軽中量級 3位秋本勝則 フレッシュアイペディアより)

  • 二宮和弘

    二宮和弘から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1973年のスイス・ローザンヌの世界選手権での無差別級で優勝、翌1974年の全日本選手権でも準優勝と、柔道界にその名を知らしめる。迎えた1976年のモントリオールオリンピックでは、当時の日本人では苦手にしていたクラスで見事にオリンピックチャンピオンに輝く。下馬評も決して高くは無かったが190cm近い日本人離れした長い手足が武器となっていた。永くライバル関係の上口孝文(同じく全日本柔道選手権準優勝経験者)を競り落とし代表になって見事に頂点に駆け上った。長身であるがゆえに過酷な減量には相当に苦労したようである。二宮和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 細川伸二

    細川伸二から見た世界柔道選手権世界柔道選手権大会

    大学卒業後、1982年に奈良工業高校教諭となり、1984年ロサンゼルスオリンピックの男子柔道60kg級で金メダルを獲得。1985年世界選手権優勝の後一旦引退し教職に専念していたが、1987年に現役復帰。1988年ソウルオリンピック60kg級で銅メダルを獲得。ソウルオリンピックでは細川が登場すると会場は大ブーイングに包まれた。準決勝で米国のアサノに不可解な判定で敗れ、連覇はならなかった。細川伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田弘隆

    岡田弘隆から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    筑波大学に進学するが、前述の通り既に全日本合宿を経験していた岡田は、目標は世界だけと定めており、本人曰く「学生大会には全くと言っていいほど興味が無かった」との事。その言葉が示すように、入学してすぐの講道館杯で準優勝すると、翌86年には体重無差別の全日本選手権で2試合勝ち進むなど健闘を見せたほか、10月の嘉納治五郎杯で優勝し、シニア初タイトル。87年には全日本選手権で3位入賞を果たすと、全日本選抜体重別選手権で優勝し、同年11月にエッセンで開催される世界選手権の代表に選出され、この大会でも危なげなく優勝を果たした。岡田はこの世界選手権の事を、「負けるという不安がよぎった事はなかった」「日本の柔道が一番強いと信じていた」と振り返る。挫折や怪我もなく弱冠20歳で一気に世界の頂点に昇りつめ順風満帆のように見える岡田だが、当時を「負ける気はしなかった」と言い放つ自信の根拠は、他でもなく限界まで自分を追い込み続けた毎日の稽古だった。岡田弘隆 フレッシュアイペディアより)

  • 高木海帆

    高木海帆から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    2011年 - 世界柔道選手権大会100kg級 2回戦敗退高木海帆 フレッシュアイペディアより)

  • 金原泰義

    金原泰義から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    2003年9月、大阪城ホールで開催された世界柔道選手権大会86kg級に北朝鮮代表として出場するも、1回戦で敗退した。金原泰義 フレッシュアイペディアより)

  • 江種辰明

    江種辰明から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    アジア大会やアジア選手権で優勝経験があるほか、2005年と2007年の世界柔道選手権大会にも出場している。2008年、嘉納治五郎杯東京国際柔道大会ワールドグランプリ2008優勝。現在は66kg級に階級を上げ現役を続行中。江種辰明 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木若葉

    鈴木若葉から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1993年 - 世界柔道選手権ハミルトン大会 3位鈴木若葉 フレッシュアイペディアより)

  • 八戸かおり

    八戸かおりから見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    1984年 - 世界柔道選手権ウィーン大会 3位八戸かおり フレッシュアイペディアより)

  • 篠巻政利

    篠巻政利から見た世界柔道選手権大会世界柔道選手権大会

    中学3年の時に柔道を始めた。千葉県立安房高等学校、明治大学卒業。メキシコシティーでの第六回世界柔道選手権、ルドウィヴスハーフェンでの第七回世界柔道選手権、両大会無差別級連覇。1970年の全日本柔道選手権優勝者。1972年ミュンヘンオリンピック柔道無差別級代表。得意技は大外刈りや内股というポピュラーな立ち技であった。篠巻政利 フレッシュアイペディアより)

235件中 81 - 90件表示

「世界柔道選手権」のニューストピックワード