80件中 21 - 30件表示
  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見たイングリッド・ベルグマンス

    1984年 - イングリッド・ベルグマンス(白)が72kg超級と無差別で優勝して、女子では史上初の2階級制覇を達成(後に1987年の高鳳蓮(中国)と2010年の杉本美香(日本)が続いた)。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見た全己盈

    1991年 - 岡田弘隆(日本)が中量級で優勝。87年大会の軽中量級優勝に続く2回目の優勝で、無差別級を含まない2階級制覇として史上初の快挙であった(のちに古賀稔彦(日本)や全己盈(韓国)が続いた)。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見たカレン・ブリッグス

    1986年 - ベルグマンスが無差別級で女子初の4連覇を達成。また軽量級のカレン・ブリッグス(英)や中量級のブリジット・ディディエ(仏)らも3連覇を果たし、女子柔道における欧州のレベルの高さを証明した。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見たブリジット・ディディエ

    1986年 - ベルグマンスが無差別級で女子初の4連覇を達成。また軽量級のカレン・ブリッグス(英)や中量級のブリジット・ディディエ(仏)らも3連覇を果たし、女子柔道における欧州のレベルの高さを証明した。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見た園田義男

    1969年 - 日本が全6階級を完全制覇。体重別制の採用以降で1ヵ国が金メダルを独占するのは、この大会と1973年大会(同じく日本)のみである。また、園田義男・勇(日本)が兄弟優勝を果たす(後に、1993年大会で中村佳央・行成も兄弟金メダルを達成)。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見た前田桂子

    1999年 - 体重別の区分を変更。またこの大会よりカラー柔道着を導入したほか、かねてからの批判を受けて柔道着の肩・背中・袖口の厚さチェックを実施し、これにより39人の選手が着替えを命じられた。同時に、一本勝を奨励する目的で、最も一本勝ちが多かった選手に対して“一本トロフィー(The Ippon Trophy)”が贈られる事となり、男子は篠原信一が、女子は前田桂子(ともに日本)が受賞した。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見たアレクサンドル・ミハイリン

    1981年 - 山下泰裕(日本)が95kg超級と無差別級で優勝し、史上初の2階級制覇(男子では、後に1995年のダビド・ドゥイエ(仏)や2001年のアレクサンドル・ミハイリン(露)ら4選手が続いた)。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見た岡田弘隆

    1991年 - 岡田弘隆(日本)が中量級で優勝。87年大会の軽中量級優勝に続く2回目の優勝で、無差別級を含まない2階級制覇として史上初の快挙であった(のちに古賀稔彦(日本)や全己盈(韓国)が続いた)。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見たダビド・ドゥイエ

    1981年 - 山下泰裕(日本)が95kg超級と無差別級で優勝し、史上初の2階級制覇(男子では、後に1995年のダビド・ドゥイエ(仏)や2001年のアレクサンドル・ミハイリン(露)ら4選手が続いた)。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見たアニス・ルニフィ

    2001年 - 谷亮子が大会史上初の5連覇を達成(翌2003年大会も優勝し、最終的に6連覇を果たす)。また男子軽量級ではアニス・ルニフィ(突)が優勝し、アフリカに初めての金メダルをもたらした。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「世界柔道選手権」のニューストピックワード