97件中 51 - 60件表示
  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た国会 (日本)

    参議院自民党副幹事長、同国会対策副委員長、自民党マルチメディア局長、同遊説局長等を歴任。2003年9月から2004年9月まで総務大臣政務官を務め、国会では主に総務委員会に所属。以降、参議院総務委員会理事、参議院自民党政策審議会副会長、自民党党改革実行本部事務局次長、同行政改革本部事務局次長、新憲法起草委員等を務める。学校法人近畿大学の副理事長にも就任。また和歌山県護国神社奉賛会の会長を務めている。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た政権

    2006年9月26日、安倍内閣の内閣総理大臣補佐官として政権入り。各国首脳会談に随行し安倍をサポート。国内だけではなく、海外メディアの取材も積極的に受け、世界に向けた情報を発信する。また、安倍内閣の最重要プロジェクトである「『美しい国づくり』プロジェクト」を推進、各界有識者の意見を集約する。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎

    大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎ではノーベル賞受賞者京都大学山中伸弥教授と同期。早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。1986年、日本電信電話 (NTT) に入社。1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得。帰国後、関西支社経理部経営管理担当課長、本社広報部報道部門報道担当課長を務める。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た第1次安倍内閣 (改造)

    2007年8月27日発足の第1次安倍改造内閣では広報担当の補佐官自体を置いておらず、首相補佐官を退任した。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見たねじれ国会

    2007年の第21回参議院議員通常選挙で3選。首相補佐官を退任後は、ねじれ国会となった同年9月の臨時国会以降の議院運営委員会筆頭理事に就任し、野党の議院運営委員長の下、国会運営の円滑化に奔走した。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た日本国憲法第96条

    憲法改正・96条改正に賛成。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た日本メガネベストドレッサー賞

    2017年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣において経済産業大臣、産業競争力担当、ロシア経済分野協力担当、原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に留任。同年10月、第30回日本メガネベストドレッサー賞政界部門を受賞。同年11月1日、第4次安倍内閣において経済産業大臣、産業競争力担当、ロシア経済分野協力担当、原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に再任。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た内閣府特命担当大臣

    世耕 弘成(せこう ひろしげ、1962年11月9日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(4期)、経済産業大臣(第22・23代)、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)、原子力経済被害担当大臣、産業競争力担当大臣、ロシア経済分野協力担当大臣。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た教授

    大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎ではノーベル賞受賞者京都大学山中伸弥教授と同期。早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。1986年、日本電信電話 (NTT) に入社。1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得。帰国後、関西支社経理部経営管理担当課長、本社広報部報道部門報道担当課長を務める。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た憲法改正論議

    憲法改正・96条改正に賛成。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

97件中 51 - 60件表示

「世耕弘成」のニューストピックワード