前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • フジドリームエアラインズ

    フジドリームエアラインズから見た札幌飛行場札幌飛行場

    2016年には名古屋(小牧) - 札幌丘珠空港線を目指していたが、中部国際空港 - 新千歳空港線と競合することから愛知県の同意が得られず、代替として静岡 - 札幌(丘珠)線で練り直した。静岡 - 札幌/新千歳線が好調であることから就航日が重ならなければ一定の需要が見込めるという。静岡発着路線では静岡 - 鹿児島線が週3往復であったものが同年春ダイヤから毎日運航になった。同年以降、名古屋(小牧)発着路線の新規開設はなく、既存路線の増便にとどまっている。。フジドリームエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の空港

    日本の空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    北海道:札幌飛行場(丘珠空港)※陸上自衛隊と共用日本の空港 フレッシュアイペディアより)

  • 北都交通 (北海道)

    北都交通 (北海道)から見た札幌飛行場札幌飛行場

    北都交通株式会社(ほくとこうつう)は、北海道札幌市に本社を置きハイヤー事業やバス事業を営む企業。札幌市内から新千歳空港および丘珠空港への空港連絡バス、道内各都市への高速バスの運行などを行う。北都交通 (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • 紋別空港

    紋別空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    遠紋圏では鉄道の廃止が進んでおり、交通機関の基盤として空港に対する期待は高い。しかし、道路事情の改善や高速バスの台頭で丘珠空港と新千歳空港への北海道内路線が2007年に廃止され、2013年現在は東京国際空港への1路線のみとなっている。その東京線も慢性的に需要が低迷している。紋別空港 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道エアシステム

    北海道エアシステムから見た札幌飛行場札幌飛行場

    丘珠空港をベースとして主に道内路線を3機のサーブ340B-WTで運航している。北海道エアシステム フレッシュアイペディアより)

  • 日本エアシステム機事故

    日本エアシステム機事故から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1965年5月29日、丘珠空港から帯広空港へ向かっていた日本国内航空のコンベア240 (JA5088) が、着陸時に下流気流に巻き込まれ着地に失敗し着陸復行を行った。着地失敗時に片側の車輪が破損したため、帯広空港上空で2時間旋回飛行したうえで、16時35分に片車輪による胴体着陸を決行し、プロペラ等を破損したが着陸に成功した。乗員乗客44人にけが人はいなかったが、飛行機酔いで体調を崩した乗客が病院に搬送された。日本エアシステム機事故 フレッシュアイペディアより)

  • 女満別空港

    女満別空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1956年6月 - 北日本航空、丘珠空港線不定期運航開始。女満別空港 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路空港

    釧路空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1990年(平成2年)4月1日 - エアーニッポン(エアーニッポンネットワーク(現・ANAウイングス)に移管)が札幌/丘珠線を開設。釧路空港 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た札幌飛行場札幌飛行場

    同会は、北海道医師会や航空会社など70団体で構成されている。2010年9月、小型ジェット機による航空医療搬送が試験的に実施された。搬送例は16例。札幌市の丘珠空港を中心に、小型ジェットが離着陸できる道内12カ所の空港を結んで実施された。運航受託会社は中日本航空で、使用機体はサイテーション560。設立当初から『ドクタージェット』として運航されていたが、2009年2月に既に商標登録していたことが判り(登録理由は不明)、2011年11月に『メディカルウイング』に名称変更された航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 新千歳空港

    新千歳空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    国内の全ての格安航空会社(LCC)が就航しており、成田国際空港や関西国際空港、中部国際空港との国内路線を運航している。なお、札幌市内に国内線専用の丘珠空港があるが、こちらは主に道内路線が運行されている。新千歳空港 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
[an error occurred while processing this directive]