102件中 21 - 30件表示
  • 2013年の航空

    2013年の航空から見た札幌飛行場札幌飛行場

    (就航開始) 北海道エアシステムが、札幌/丘珠 - 三沢線を1日1便で就航開始。2013年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道431号丘珠空港線

    北海道道431号丘珠空港線から見た札幌飛行場札幌飛行場

    起点:北海道札幌市東区北37条東21丁目(=北海道道1137号丘珠空港東線交点・丘珠空港北海道道431号丘珠空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の航空

    2011年の航空から見た札幌飛行場札幌飛行場

    (ハブ機能移転) 北海道エアシステムが、ハブ機能を新千歳空港(北海道千歳市)から丘珠空港(北海道札幌市東区丘珠町)に移転。これにより、新千歳空港から完全撤退し、丘珠空港に集約が完了した。また、本社も新千歳空港内から丘珠空港内に移転。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 栄町 (札幌市)

    栄町 (札幌市)から見た丘珠飛行場札幌飛行場

    この地域は札幌市営地下鉄東豊線栄町駅(または駅から約600m西側に位置する烈々布神社、ひのまる公園、札幌市立栄小学校のあたり)を中心とする閑静な住宅街であり、北東側には丘珠飛行場(丘珠空港)や札幌コミュニティドーム(つどーむ)がある。栄町 (札幌市) フレッシュアイペディアより)

  • 豊平駐屯地

    豊平駐屯地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    飛行場:札幌飛行場(官民共用)豊平駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 北日本航空

    北日本航空から見た札幌飛行場札幌飛行場

    設立時に定期便の運航を目的として、1955年には中古のダグラス DC-3を戦後の日本で最初に導入し、阿寒号(登録記号:JA5015)と命名していた。しかし運輸省から道内の飛行場が未整備であることを理由に定期旅客免許が取得できず、宣伝飛行及び森林の薬剤散布に使用されるだけであった。1957年7月になって周遊飛行として札幌丘珠空港→女満別空港(旧)→西春別空港(航空自衛隊計根別飛行場)→札幌の一方通行の不定期路線(季節運航)でようやく旅客輸送を行えるようになった。北日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • 利尻空港

    利尻空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    2011年(平成23年)10月 北海道エアシステムが丘珠空港便を開設、新千歳空港便が2012年から6月 - 9月の夏季季節運航に変更。利尻空港 フレッシュアイペディアより)

  • 滝川駐屯地

    滝川駐屯地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    飛行場:札幌飛行場(官民共用)、砂川ヘリポート(公共用ヘリポート)滝川駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 岩見沢駐屯地

    岩見沢駐屯地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    飛行場:札幌飛行場(官民共用)、砂川ヘリポート(公共用ヘリポート)岩見沢駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌駐屯地

    札幌駐屯地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    飛行場:札幌飛行場(官民共用)札幌駐屯地 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示
[an error occurred while processing this directive]