88件中 31 - 40件表示
  • 朝日航洋札幌航空支社石狩基地

    朝日航洋札幌航空支社石狩基地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    札幌飛行場(丘珠空港)内にある朝日航洋札幌航空支社が所有するヘリポートであり、整備・格納庫とヘリパッドがある。朝日航洋札幌航空支社石狩基地 フレッシュアイペディアより)

  • 苗穂分屯地

    苗穂分屯地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    飛行場:札幌飛行場(官民共用)苗穂分屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道中央バス札幌ターミナル

    北海道中央バス札幌ターミナルから見た札幌飛行場札幌飛行場

    26 丘珠空港線 航空管制センター行(東15丁目・丘珠空港経由)北海道中央バス札幌ターミナル フレッシュアイペディアより)

  • 加藤隼戦闘隊

    加藤隼戦闘隊から見た札幌飛行場札幌飛行場

    陸上自衛隊丘珠駐屯地(丘珠空港と同居)資料館に加藤建夫関連の資料や遺品が保存・展示されている。加藤隼戦闘隊 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤隼戦闘隊

    加藤隼戦闘隊から見た丘珠駐屯地札幌飛行場

    陸上自衛隊丘珠駐屯地(丘珠空港と同居)資料館に加藤建夫関連の資料や遺品が保存・展示されている。加藤隼戦闘隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本短波放送札幌送信所

    日本短波放送札幌送信所から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1961年8月26日 - 札幌飛行場至近、日本電信電話公社烈々布無線送信所の一部を貸借して開局。運用・保守も電電公社に委託(JOZ4 3945kc 10kW)日本短波放送札幌送信所 フレッシュアイペディアより)

  • おおぞら (列車)

    おおぞら (列車)から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1986年(当時は「おおぞら」としての運行)に帯広空港と丘珠空港を結ぶ航空路線が廃止され、鉄道が航空機を追い出した例として挙げられている。さらに釧路 - 札幌間の都市間バスの運行本数が少ないこともあり、1997年の「スーパーおおぞら」運転開始以降は一貫して高い乗車率を有する。おおぞら (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録から見た丘珠駐屯地札幌飛行場

    劇中で確認出来る装備品はAK-74、Mi-24、Il-76。基地は千歳基地(軍区司令部)、白老駐屯地、日高分屯地、丘珠駐屯地太陽の黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • 北日本航空

    北日本航空から見た丘珠空港札幌飛行場

    設立時に定期便の運航を目的として、1955年には中古のダグラスDC-3を戦後の日本で最初に導入し、阿寒号(登録記号:JA5015)と命名していた。しかし運輸省から道内の飛行場が未整備であることを理由に定期旅客免許が取得できず、宣伝飛行及び森林の薬剤散布に使用されるだけであった。1957年7月になって周遊飛行として札幌丘珠空港→女満別空港(旧)→西春別空港(航空自衛隊計根別飛行場)→札幌の一方通行の不定期路線(季節運航)でようやく旅客輸送を行えるようになった。北日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗 (列車)

    北斗 (列車)から見た札幌飛行場札幌飛行場

    従前より「北斗」系統と競合していた新千歳空港 - 函館空港間の航空便は、本系列の運転開始時点で定期便3往復を運航していたが、1994年(平成6年)6月に通年の定期便を休止していた。その後、2010年(平成22年)6月30日でエアーニッポンネットワーク(A-net, 現・ANAウイングス)が丘珠空港から撤退したことに伴い、同年7月1日からは新千歳空港 - 函館空港間で5往復を運航している。北斗 (列車) フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示