88件中 41 - 50件表示
  • 曲技飛行隊

    曲技飛行隊から見た札幌飛行場札幌飛行場

    ノーザン・レディバード-航空祭等で臨時に編成<機体:OH-1>曲技飛行隊 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路空港

    釧路空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1990年 - エアーニッポン(エアーニッポンネットワークに移管)が札幌丘珠 - 釧路線を開設。釧路空港 フレッシュアイペディアより)

  • アリオ札幌

    アリオ札幌から見た札幌飛行場札幌飛行場

    26 環状通東駅・栄町駅・丘珠空港・航空管制センターアリオ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生バスターミナル

    麻生バスターミナルから見た札幌飛行場札幌飛行場

    麻26 麻生東苗穂線 豊畑・モエレ沼公園(夏期のみ)行(栄町駅・丘珠空港経由)麻生バスターミナル フレッシュアイペディアより)

  • ホムトヴォ空港

    ホムトヴォ空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1990年8月、サハリン州に住む当時3歳の男の子コンスタンティン・スコロプイシュヌイが全身大火傷の重体になり、サハリン州知事からの救助要請を受けて、海上保安庁千歳航空基地所属のYS-11が、当空港に降り立ち、宗谷海峡を越えて丘珠空港まで「命のリレー」を行った。ホムトヴォ空港 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た札幌飛行場札幌飛行場

    八重山諸島では、石垣航空基地所属機による急患搬送が沖縄県との協定により海上保安庁に任されており、八重山諸島の救急体制の一翼を担っている。北海道の釧路航空基地や函館航空基地では、海上保安庁のヘリのみが拠点を構えているため、奥尻島の急患搬送(函館)以外にも、要請に基づいて釧路市・函館市内の拠点病院からより医療体制が整っている札幌市内の病院まで、海上保安庁機で重症患者を病院間搬送する場合がある(陸上輸送するには遠すぎるため。丘珠空港で救急車に引き継ぎ)。新潟県中越地震などの大災害でも、陸上の急患搬送を行うことがある。一部の航空基地では、救急救命士の資格を持つ隊員が任務に当たっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た丘珠空港札幌飛行場

    同会は、北海道医師会や航空会社など70団体で構成されている。2010年9月、小型ジェット機による航空医療搬送が試験的に実施された。搬送例は16例。札幌の丘珠空港を中心に、小型ジェットが離着陸できる道内12カ所の空港を結んで実施された。運航受託会社は中日本航空で、使用機体はサイテーション560。設立当初から『ドクタージェット』として運航されていたが、2009年2月に既に商標登録していたことが判り(登録理由は不明)、2011年11月に『メディカルウイング』に名称変更された航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空交通管制

    航空交通管制から見た札幌飛行場札幌飛行場

    新千歳空港:RJCJ|CTS/RJCC、丘珠空港:OKD/RJCO、十勝飛行場:RJCT、大湊飛行場:RJSO、三沢空港:MSJ/RJSM、、松島飛行場:RJST、霞目飛行場:RJSU、百里飛行場:RJAH、立川飛行場:RJTC、下総飛行場:RJTL、館山飛行場:RJTE、木更津飛行場:RJTK、厚木飛行場:RJTA、硫黄島飛行場:RJAW、南鳥島飛行場:RJAM、霞ヶ浦飛行場:RJAK、滝ヶ原飛行場:RJAT、入間飛行場:RJTJ、宇都宮飛行場:RJTU、浜松飛行場:RJNH、静浜飛行場:RJNY、小松空港:KMQ/RJNK、岐阜飛行場:RJNG、名古屋飛行場:NKM/RJNA、明野飛行場:RJOE、徳島空港:TKS/RJOS、小松島飛行場:RJOP、米子空港:YGJ/RJOH、防府飛行場:RJOF、小月飛行場:RJOZ、築城飛行場:RJFZ、芦屋飛行場:RJFA、新田原飛行場:RJFN、鹿屋飛行場:RJFY航空交通管制 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の空港

    日本の空港から見た丘珠空港札幌飛行場

    ファイル:OkadamaAirport.jpg|丘珠空港 日本の空港 フレッシュアイペディアより)

  • 空港コード

    空港コードから見た札幌飛行場札幌飛行場

    RJCO - 札幌飛行場(丘珠空港)空港コード フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示

「丘珠空港」のニューストピックワード