102件中 51 - 60件表示
  • 八戸航空基地

    八戸航空基地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    日本国内航空が、羽田空港-八戸空港-丘珠空港線を開設した。その後、羽田空港-八戸空港の区間が増便されたのち、1971年に日本国内航空と東亜航空の合併により東亜国内航空が発足、同社の路線となる。八戸航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤剛

    斎藤剛から見た丘珠駐屯地札幌飛行場

    2010年(平成22年)7月26日:北部方面航空隊長兼丘珠駐屯地司令斎藤剛 フレッシュアイペディアより)

  • モエレ沼公園

    モエレ沼公園から見た札幌飛行場札幌飛行場

    札幌丘珠空港(札幌飛行場)から車で約20分モエレ沼公園 フレッシュアイペディアより)

  • 美唄駐屯地

    美唄駐屯地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    飛行場:札幌飛行場(官民共用)、砂川ヘリポート(公共用ヘリポート)美唄駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡空港

    静岡空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    2016年(平成28年)6月4日より札幌(丘珠)便を夏期季節運航にて週2便で開設。静岡 - 札幌線としては、同じく夏期季節運航で週5便運航する札幌(新千歳)と合わせて毎日運航となった。報道では、新千歳便が好調であることから就航日が重ならなければ一定の需要が見込めるとしており、丘珠空港初のジェット機による定期旅客便となった。静岡空港 フレッシュアイペディアより)

  • 東区 (札幌市)

    東区 (札幌市)から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1944年(昭和19年):札幌飛行場完成。東区 (札幌市) フレッシュアイペディアより)

  • 札幌パークホテル

    札幌パークホテルから見た札幌飛行場札幌飛行場

    丘珠空港(札幌飛行場)から車で約30分札幌パークホテル フレッシュアイペディアより)

  • 帯広空港

    帯広空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    北海道警察は、航空隊の本隊がある丘珠空港から日高・大雪山系により隔てられた道東地域におけるより迅速な対応を行うことを目指し、2008年4月に「航空隊帯広分遣隊」の運用を開始した。地上施設はターミナルビル運営会社が建設した施設を道警が借用し、ヘリコプター1機「だいせつ1号」(2008年4月時点)と隊員を常駐させている。帯広空港 フレッシュアイペディアより)

  • 福住 (札幌市)

    福住 (札幌市)から見た札幌飛行場札幌飛行場

    9機で札幌飛行場を飛び立ち、爆撃機に見立てた標的機への攻撃訓練で、そのうちの1機が標的機に接触、主翼が破損し、福住地区に墜落した事故である。福住 (札幌市) フレッシュアイペディアより)

  • 占冠ヘリポート

    占冠ヘリポートから見た札幌飛行場札幌飛行場

    1980年代後半から開発されたリゾート地「アルファリゾート・トマム」の至近にある。リゾート運営会社のホテルアルファが、新千歳空港・丘珠空港・帯広空港との間でヘリコプター旅客便を運航する計画があったが、実際の利用は官公庁・使用事業が中心であったとされる。占冠ヘリポート フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示
[an error occurred while processing this directive]