88件中 51 - 60件表示
  • 2012年の航空

    2012年の航空から見た札幌飛行場札幌飛行場

    (運休) 北海道エアシステムが、札幌/丘珠-女満別線 (1日2便)を本日をもって廃止。2012年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市営地下鉄東豊線

    札幌市営地下鉄東豊線から見た札幌飛行場札幌飛行場

    その後、将来予定されている北海道新幹線の札幌駅延伸を見据え、札幌商工会議所が2012年に「札幌広域圏の総合交通体系のグランドデザイン〜北海道新幹線開業時期の前倒しへ〜」をとりまとめ、札幌市に提言した。この中には、丘珠空港の滑走路をジェット旅客機も発着できるように延長したうえで東豊線を丘珠空港まで延伸させ、空港アクセス線として機能させる構想も盛り込まれている。札幌市営地下鉄東豊線 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢飛行場

    三沢飛行場から見た札幌飛行場札幌飛行場

    丘珠空港(2013年7月1日から運航開始予定・JALの千歳線撤退以来6年ぶりの札幌線再開となる。)三沢飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 利尻島

    利尻島から見た丘珠空港札幌飛行場

    鴛泊港(利尻富士町)と沓形港(利尻町)から、稚内及び礼文島へのフェリーが就航している。また、利尻空港から新千歳空港間が全日本空輸にて、利尻空港から丘珠空港間が北海道エアシステムにて就航している。なお、利尻空港から丘珠空港間は通年、利尻空港から新千歳空港間は夏期のみの季節運行となっている。利尻島 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川空港

    旭川空港から見た丘珠空港札幌飛行場

    1966年に1,200m×30mの滑走路を持つ第三種空港として供用を開始。同年7月1日より定期便(日本国内航空YS-11型機)が東京 - 札幌 - 旭川線に就航。1967年6月には、さらに女満別まで延長され、同年8月には東京 - 旭川間の直行便が就航した(冬期間休航)。1970年には航空灯火などの航法装置が整備され、通年運航も可能となる。旭川空港 フレッシュアイペディアより)

  • 真駒内駐屯地

    真駒内駐屯地から見た札幌飛行場札幌飛行場

    飛行場:札幌飛行場(官民共用)真駒内駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 中標津町

    中標津町から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1983年(昭和58)3月11日、日本近距離航空497便(札幌丘珠発中標津行)YS-11型が着陸に失敗、中標津空港付近の林に墜落する事故が発生。幸い機体が炎上しなかったため、乗客53人に死者はでなかった。中標津町 フレッシュアイペディアより)

  • 環状通東駅

    環状通東駅から見た札幌飛行場札幌飛行場

    26 札幌ターミナル行(サッポロビール園入口・札幌駅前経由)、航空管制センター行(東15丁目・丘珠空港経由)環状通東駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新道東駅

    新道東駅から見た札幌飛行場札幌飛行場

    26 航空管制センター行(栄町駅・丘珠空港経由)、札幌ターミナル行新道東駅 フレッシュアイペディアより)

  • 中標津空港

    中標津空港から見た札幌飛行場札幌飛行場

    1983年(昭和58年)3月11日、NKA497便(札幌丘珠発中標津行)YS-11型が着陸に失敗、中標津空港付近の林に墜落する事故が発生。幸い機体が炎上しなかったため、乗客53人に死者はでなかった。中標津空港 フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「丘珠空港」のニューストピックワード