73件中 11 - 20件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た航空ショー

    かつては北海道航空協会主催の航空ショーである航空ページェントが隔年開催されており、陸海空自衛隊機や公官庁保有機、個人オーナー含む民間機、米軍機も参加する盛大なものであったが2008年の第25回をもって終了した。しかし再開を望む声が多かったため、2012年には再び開催される予定である。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た仙台市

    札幌市北区北24条に1945年まで存在した飛行場。北海タイムス社が戦前に建設したと言う。その当時には東京 - 仙台 - 札幌便が存在した。現在でも跡地に門柱が残る。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た丘珠駐屯地

    北部方面航空隊 - (隊長は丘珠駐屯地司令を兼務)札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た国土交通省

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域及び北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たヘリコプター

    北海道内各都市への定期便の発着のほか、札幌観光の遊覧飛行、ビジネスジェット、北海道警察・札幌市消防局・北海道防災ヘリの防災基地、国土測量、報道取材としても使用されており、大都市札幌市の空の玄関口及び北海道内の拠点空港として、重要な役割を担っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たANAウイングス

    日本近距離航空(エアーニッポンの旧社名)が路線開設以来、北海道内路線に就航し続けていたエアーニッポンネットワーク(現:ANAウイングス)であるが、運用している飛行機が既に製造中止となったこと、冬期降雪による影響が多いこと、乗客が減少傾向である等を受け、運航を委託している親会社である全日本空輸の決定により、2010年6月末をもって当飛行場から撤退し、現在就航中の路線は新千歳空港に集約することとなった。。全日空は、整備拠点の一本化や乗継需要を見込むことにより収支改善を図りたいとしている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道テレビ放送

    北海道航空:北海道新聞、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た東亜国内航空

    1974年(昭和49年) - 機材のジェット機化により、東亜国内航空が撤退。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道放送

    朝日航洋:北海道放送、北海道防災ヘリ「はまなす2号」の運航を担当札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た日本航空機製造

    定期便については「ジェット機は千歳」、「プロペラ機は札幌」という棲み分けができていたものの、1980年代後半に入るとエアーニッポンが使用していた日本航空機製造YS-11が老朽化し、使用機材をジェット機に切り替え、発着空港を新千歳空港へ移転する公算が大きくなった。北海道及び札幌市は、空港を引き続き活用させるべく滑走路を1,800mに延長する計画を進めたが、騒音増大を危惧する住民運動が活発になったこと、一都市圏にジェット機が離着陸する空港を二つも抱えることの是非なども問題となり1997年にジェット機化を断念するに至った。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「丘珠空港」のニューストピックワード