73件中 21 - 30件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道文化放送

    北海道航空:北海道新聞、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た札幌テレビ放送

    北海道航空:北海道新聞、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た朝日航洋

    朝日航洋:北海道放送、北海道防災ヘリ「はまなす2号」の運航を担当札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海タイムス

    札幌市北区北24条に1945年まで存在した飛行場。北海タイムス社が戦前に建設したと言う。その当時には東京 - 仙台 - 札幌便が存在した。現在でも跡地に門柱が残る。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たプロペラ機

    空港ターミナルビルに隣接するエプロンにはプロペラ機用5バースがあり、他に小型機用のスポットも有する。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たジェット機

    札幌飛行場は、陸上自衛隊の専用飛行場であったが、昭和36年に公共用飛行場として指定され、民間機の乗り入れが開始されると空港施設の名称から「丘珠空港」と通称されている。札幌市中心部より直線距離6 km(バスで約30分)に位置しており、都市型空港として利便性の高い空港である。道外定期路線、ジェット旅客機の発着は行われていない(プライベートジェットは飛んでおり、道外からも飛来する)。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た東区 (札幌市)

    札幌市東区丘珠町に1942年から存在する飛行場。通称「丘珠空港」。本項で詳述。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た新千歳空港

    定期便については「ジェット機は千歳」、「プロペラ機は札幌」という棲み分けができていたものの、1980年代後半に入るとエアーニッポンが使用していた日本航空機製造YS-11が老朽化し、使用機材をジェット機に切り替え、発着空港を新千歳空港へ移転する公算が大きくなった。北海道及び札幌市は、空港を引き続き活用させるべく滑走路を1,800mに延長する計画を進めたが、騒音増大を危惧する住民運動が活発になったこと、一都市圏にジェット機が離着陸する空港を二つも抱えることの是非なども問題となり1997年にジェット機化を断念するに至った。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た誘導路

    滑走路は14/32方向に1500mであり、平行誘導路は無い。滑走路とエプロンの間には距離があり、2本の取付誘導路がエプロンと滑走路両端を結んでいる。着陸帯の幅は300mであるが、計器着陸には対応していない。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た栄町駅 (北海道)

    栄町駅 - 丘珠空港札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示