73件中 31 - 40件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たエプロン (飛行場)

    滑走路は14/32方向に1500mであり、平行誘導路は無い。滑走路とエプロンの間には距離があり、2本の取付誘導路がエプロンと滑走路両端を結んでいる。着陸帯の幅は300mであるが、計器着陸には対応していない。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た札幌駅

    大通3丁目(大通ビッセ前)や札幌駅南口(全日空札幌支店前)など札幌都心間との空港連絡バスとして運行されていたが2011年(平成23年)11月1日に休止され、栄町駅間とのシャトルバスに変更となった。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たサーブ 340

    最終的に滑走路の延長計画は当初より縮小され、1,500mとなった。一方、エアーニッポンがYS-11の後継機種として騒音の低いターボプロップ機のDHC-8を導入し、さらには地域住民合意のもと、当時日本航空グループであった北海道エアシステムがターボプロップ機のサーブ 340を用いて参入した。結果、ダブルトラック化によって増便されたことで利便性が向上したことから、全国的にも都市型コミューター空港として注目されていた。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たデ・ハビランド・カナダ DHC-8

    最終的に滑走路の延長計画は当初より縮小され、1,500mとなった。一方、エアーニッポンがYS-11の後継機種として騒音の低いターボプロップ機のDHC-8を導入し、さらには地域住民合意のもと、当時日本航空グループであった北海道エアシステムがターボプロップ機のサーブ 340を用いて参入した。結果、ダブルトラック化によって増便されたことで利便性が向上したことから、全国的にも都市型コミューター空港として注目されていた。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た旅客機

    札幌飛行場は、陸上自衛隊の専用飛行場であったが、昭和36年に公共用飛行場として指定され、民間機の乗り入れが開始されると空港施設の名称から「丘珠空港」と通称されている。札幌市中心部より直線距離6 km(バスで約30分)に位置しており、都市型空港として利便性の高い空港である。道外定期路線、ジェット旅客機の発着は行われていない(プライベートジェットは飛んでおり、道外からも飛来する)。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道

    札幌飛行場(さっぽろひこうじょう)は、北海道札幌市東区丘珠町の陸上自衛隊丘珠駐屯地の飛行場であり、共用する民間施設や通称は「丘珠空港(おかだまくうこう、英称:Okadama Airport)」と呼ばれる。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北区 (札幌市)

    札幌市北区北24条に1945年まで存在した飛行場。北海タイムス社が戦前に建設したと言う。その当時には東京 - 仙台 - 札幌便が存在した。現在でも跡地に門柱が残る。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た計器着陸装置

    滑走路は14/32方向に1500mであり、平行誘導路は無い。滑走路とエプロンの間には距離があり、2本の取付誘導路がエプロンと滑走路両端を結んでいる。着陸帯の幅は300mであるが、計器着陸には対応していない。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た進入・ターミナルレーダー管制

    2008年(平成20年) - 進入・ターミナルレーダー管制が開始される。陸上自衛隊員による初のターミナルレーダー管制である。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た飛行情報区

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域及び北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「丘珠空港」のニューストピックワード