73件中 41 - 50件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たロードヒーティング

    空港ターミナルビルは滑走路南側に1棟あり、国内線で使用している。ボーディングブリッジは設置されていない。ターミナルビルから飛行機までの間は屋外を徒歩により通行することになるが、冬は路面凍結により歩きにくく転倒の危険性があった。このため2005年に、空港の駐機場としては全国初の歩行者用ロードヒーティングが整備されている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た三沢飛行場

    三沢飛行場(2013年7月から就航開始予定)札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北海道中央バス札幌ターミナル

    26 札幌ターミナル - 札幌駅北口 - 栄町駅 - 丘珠空港 - 航空管制センター札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たLR-2

    北部方面航空隊本部:LR-2札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たリムジンバス

    大通3丁目(大通ビッセ前)や札幌駅南口(全日空札幌支店前)など札幌都心間との空港連絡バスとして運行されていたが2011年(平成23年)11月1日に休止され、栄町駅間とのシャトルバスに変更となった。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たダブルトラック

    最終的に滑走路の延長計画は当初より縮小され、1,500mとなった。一方、エアーニッポンがYS-11の後継機種として騒音の低いターボプロップ機のDHC-8を導入し、さらには地域住民合意のもと、当時日本航空グループであった北海道エアシステムがターボプロップ機のサーブ 340を用いて参入した。結果、ダブルトラック化によって増便されたことで利便性が向上したことから、全国的にも都市型コミューター空港として注目されていた。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たモエレ沼公園

    麻26 麻生駅 - 栄町駅 - 丘珠空港 - 豊畑 - モエレ沼公園札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たターボプロップ

    最終的に滑走路の延長計画は当初より縮小され、1,500mとなった。一方、エアーニッポンがYS-11の後継機種として騒音の低いターボプロップ機のDHC-8を導入し、さらには地域住民合意のもと、当時日本航空グループであった北海道エアシステムがターボプロップ機のサーブ 340を用いて参入した。結果、ダブルトラック化によって増便されたことで利便性が向上したことから、全国的にも都市型コミューター空港として注目されていた。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た篠路駅

    栄21 栄町駅 - 丘珠空港入口 - 篠路駅 - 篠路10条4丁目札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たボーディングブリッジ

    空港ターミナルビルは滑走路南側に1棟あり、国内線で使用している。ボーディングブリッジは設置されていない。ターミナルビルから飛行機までの間は屋外を徒歩により通行することになるが、冬は路面凍結により歩きにくく転倒の危険性があった。このため2005年に、空港の駐機場としては全国初の歩行者用ロードヒーティングが整備されている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示

「丘珠空港」のニューストピックワード