73件中 51 - 60件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た着陸帯

    滑走路は14/32方向に1500mであり、平行誘導路は無い。滑走路とエプロンの間には距離があり、2本の取付誘導路がエプロンと滑走路両端を結んでいる。着陸帯の幅は300mであるが、計器着陸には対応していない。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た札幌市消防局

    北海道内各都市への定期便の発着のほか、札幌観光の遊覧飛行、ビジネスジェット、北海道警察・札幌市消防局・北海道防災ヘリの防災基地、国土測量、報道取材としても使用されており、大都市札幌市の空の玄関口及び北海道内の拠点空港として、重要な役割を担っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た第7師団 (陸上自衛隊)

    第7師団)(東千歳)札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北東北

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域及び北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た空港連絡鉄道

    栄町駅(約1.6 km)→空港連絡鉄道参照札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た航空路管制

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域及び北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たOH-6 (航空機)

    北部方面ヘリコプター隊:OH-6D・UH-1J/H札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た国際民間航空機関

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域及び北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たUH-1 (航空機)

    北部方面ヘリコプター隊:OH-6D・UH-1J/H札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た住民運動

    定期便については「ジェット機は千歳」、「プロペラ機は札幌」という棲み分けができていたものの、1980年代後半に入るとエアーニッポンが使用していた日本航空機製造YS-11が老朽化し、使用機材をジェット機に切り替え、発着空港を新千歳空港へ移転する公算が大きくなった。北海道及び札幌市は、空港を引き続き活用させるべく滑走路を1,800mに延長する計画を進めたが、騒音増大を危惧する住民運動が活発になったこと、一都市圏にジェット機が離着陸する空港を二つも抱えることの是非なども問題となり1997年にジェット機化を断念するに至った。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示