88件中 61 - 70件表示
  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たホムトヴォ空港

    2015年10月22日、24日 - ユジノサハリンスクまで国際チャーター便を運航。(北海道エアシステム、サーブ 340)札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た札幌市消防局

    幹線を担う新千歳空港を補完し、道内各都市への定期便の発着のほか、札幌観光の遊覧飛行、ビジネスジェット、北海道警察・札幌市消防局・北海道防災ヘリコプターの防災基地、国土測量、報道取材としても使用されており、大都市札幌市の空の玄関口および北海道内の拠点空港として、重要な役割を担っている。2013年7月より就航した三沢線および2016年6月より夏季限定で就航した静岡線を除き、定期便は道内路線のみである。ジェット旅客機の発着は、プライベートジェットの飛来がある他、2016年6月よりフジドリームエアラインズの静岡線にはエンブラエル170が夏季限定で定期便として就航している。なお、2013年以降の夏季に同社のエンブラエル170によるチャーター便を名古屋飛行場との間で運行した実績があった。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た札幌市営地下鉄東豊線

    札幌市中心部より直線距離6 kmと至近にあるが、最寄り駅は札幌市営地下鉄東豊線栄町駅で栄町駅からは車で5分程度かかる。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た北東北

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域および北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た航空路管制

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域および北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た軍用飛行場

    札幌飛行場は、陸上自衛隊の専用飛行場(軍用飛行場)であったが、1961年に公共用飛行場として指定と民間機の乗り入れが開始され、空港施設の名称から「丘珠空港」と通称されている。設置管理者は防衛省となっており、陸上自衛隊丘珠駐屯地との共用飛行場となっている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た札幌コミュニティドーム

    飛行場に隣接する札幌市スポーツ施設(札幌コミュニティドーム)横に北海道警察のヘリポートや格納庫が誘導路に面して設けられている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た太平洋

    太平洋に近い新千歳空港と比べて、日本海に近く冬季に北西の風が海から吹きつけるため、比較的降雪量や吹雪の日が多く、欠航となることも多い。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たOH-6 (航空機)

    北部方面ヘリコプター隊:OH-6D・UH-1J/H札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見た国際民間航空機関

    滑走路南端のほど近くには、国土交通省札幌航空交通管制部があり、ICAOが定める福岡FIR管制空域のうち、北海道全域および北東北の航空路管制を行っている。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示
[an error occurred while processing this directive]