前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • 中予地方

    中予地方から見た東予地方

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た南予地方

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た伊予市

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た東温市

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た松山市

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た伊予郡

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た松前町 (愛媛県)

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た久万高原町

    愛媛県を東予地方、中予地方、南予地方と3つに分割した一つで、松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)にて構成される。明治期には喜多郡(現在の大洲市と内子町)も中予地方に属した。旧小田町(当時は久万高原町と同じ上浮穴郡)は内子町と合併するまでは中予に属していた。内子町と合併するときには既に内子町は南予に属していたため、合併と同時に旧小田町も南予地域になった。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た松山城 (伊予国)

    松山城がランドマークである。近年マンション等の建設により自宅から松山城が見えなくなると苦情を申し立てる人が多い。いよてつ高島屋の屋上にある観覧車(くるりん)もランドマークになりつつあるが、くるりんのせいで松山城が自宅から見えなくなり、市役所や高島屋に苦情を申し立てた市民も少なからずいた。松山空港は、おおむね松山市の人口に見合う規模の空港(中四国では広島空港に次ぐ利用客数を誇る)であるが、鉄道の玄関口であるJR松山駅は未だに改装されず四国でも指折りの利用客数を誇っているにもかかわらず四国四県の県庁所在地にあるJRの駅の中で一番規模が小さく古い。無論、自動改札機もJR松山駅はまだ設置されずにいる。中予地方 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方

    中予地方から見た衛星都市

    50万人強という四国最大の人口を持つ松山市が中心で、他に伊予市、東温市などがあるが、いずれも松山市の衛星都市である。ただ、久万高原町は、国道33号三坂峠で地形的に分断されており、厳密には松山都市圏の一部とはいえないものの、通勤・通学などの日常的な人の流れや松山への農産物・木材等の物資の供給地として、広義では都市圏の一部とみなされる。この意味では、おおむね中予地方と松山都市圏は同一とみなしてもよい。中予地方 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示

「中予のできごと」のニューストピックワード

  • すべての一撃が、美しい

  • HIT 〜Heroes of Incredible Tales〜

  • 2025年までにディーゼル車を禁止