前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • 女流棋士 (将棋)

    女流棋士 (将棋)から見た中井広恵中井広恵

    現在、女流棋士と奨励会の掛け持ちは認められている。しかし、1998年途中から2011年途中までの間は認められておらず、奨励会に籍を置く際には女流棋士を休会しなければならなかった(1998年の甲斐智美の休会が初のケース)。それ以前は、中井広恵、碓井涼子(現姓・千葉)、矢内理絵子らが、奨励会と掛け持ちをしていた。その後、2011年5月に、当時19歳で既に女流タイトルを6期獲得し、女流棋士として顕著な実績を上げていた里見香奈が、奨励会の1級編入試験を受験し合格したのを機に、掛け持ちが解禁されることとなった。女流棋士 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子プロ将棋協会

    日本女子プロ将棋協会から見た中井広恵中井広恵

    2007年5月30日 - 「有限責任中間法人 日本女子プロ将棋協会」設立(初代中井広恵代表理事、所属女流棋士17名、うち現役14名、サロン・事務局場所:東京都北区中里)。日本女子プロ将棋協会 フレッシュアイペディアより)

  • 清水市代

    清水市代から見た中井広恵中井広恵

    1983年、中学3年生のときに第15回女流アマ名人戦で優勝。女流棋士となった者の中には、中井広恵、林葉直子、矢内理絵子、千葉涼子、甲斐智美ら、男女の区別がない棋士を目指して奨励会に在籍した経験がある者もいるが、清水の場合は奨励会の経験はない。清水市代 フレッシュアイペディアより)

  • 里見香奈

    里見香奈から見た中井広恵中井広恵

    2008年9月29日、第16期倉敷藤花戦の挑戦者決定戦で甲斐智美女流二段を破り、初のタイトル挑戦を決め、「タイトル挑戦」の規定を満たし、2008年9月29日付で女流二段に昇段した。清水倉敷藤花との三番勝負では、第1局(11月6日)第2局(11月23日)で連勝し、林葉直子、中井広恵に続く史上3番目の若さの16歳8か月で初タイトルの倉敷藤花に輝き、「タイトル1期」の規定を満たして、翌2009年4月1日付で女流三段に昇段した。連盟関西本部に所属する女流棋士のタイトル獲得は史上初であった。里見香奈 フレッシュアイペディアより)

  • 大和証券杯ネット将棋・女流最強戦

    大和証券杯ネット将棋・女流最強戦から見た中井広恵中井広恵

    2009年2月1日に行われた第2回の2回戦・中井広恵対千葉涼子の対局でチャット解説を担当した佐藤天彦が解説の途中で、「まあちょっと室田さん理想ですけど」という、同年代の女流棋士室田伊緒に佐藤が好意を寄せていると解釈されかねない文章を発信した。しかしこれは佐藤本人により、自身の私物でないパソコンを用いて「無理そうですけど」入力しようと試みたにも関わらず、一方的に上記のように変換された旨の謝罪と釈明がなされた。このハプニングは、佐藤と親交がある渡辺明及び戸辺誠も自身のブログでその滑稽さを話題にしていた。大和証券杯ネット将棋・女流最強戦 フレッシュアイペディアより)

  • 石高澄恵

    石高澄恵から見た中井広恵中井広恵

    1994年度には、第5期女流王位戦で高群佐知子とのプレーオフを制して白組優勝し、挑戦者決定戦に進出。しかし、紅組優勝の中井広恵に敗れる。石高澄恵 フレッシュアイペディアより)

  • 高群佐知子

    高群佐知子から見た中井広恵中井広恵

    第10期(1999年度)女流王位戦のリーグで中井広恵と4勝1敗・1位で並ぶが、リーグでは破った中井にプレーオフで敗れ、挑戦者決定戦進出を逃す。高群佐知子 フレッシュアイペディアより)

  • 貞升南

    貞升南から見た中井広恵中井広恵

    2009年、第36期女流名人位戦予選を3連勝で勝ち抜き、B級リーグ入り。リーグ戦では5勝4敗と勝ち越し、A級昇級はならなかったもののリーグ残留を果たす。同年、第21期女流王位戦でも予選を3連勝で通過。しかし、中井広恵・矢内理絵子・石橋幸緒がいるリーグでの戦いは厳しく、1勝4敗に終わる。貞升南 フレッシュアイペディアより)

  • 女流三強

    女流三強から見た中井広恵中井広恵

    中井広恵(クイーン名人)女流三強 フレッシュアイペディアより)

  • 中座真

    中座真から見た中井広恵中井広恵

    女流棋士の中井広恵とは同郷の出身で年齢も同学年、かつ同門(佐瀬門下)である。四段昇段が決まった当夜、中座の実家に吉報を伝えたのも中井だった。中座真 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「中井広恵」のニューストピックワード