前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 女流棋士 (将棋)

    女流棋士 (将棋)から見た中井広恵中井広恵

    現在、女流棋士と奨励会の掛け持ちは認められている。しかし、1998年途中から2011年途中までの間は認められておらず、奨励会に籍を置く際には女流棋士を休会しなければならなかった(1998年の甲斐智美の休会が初のケース)。それ以前は、中井広恵、碓井涼子(現姓・千葉)、矢内理絵子らが、奨励会と掛け持ちをしていた。その後、2011年5月に、当時19歳で既に女流タイトルを6期獲得し、女流棋士として顕著な実績を上げていた里見香奈が、特例による奨励会の1級編入試験を受験し合格したのを機に、掛け持ちが解禁されることとなった。女流棋士 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子プロ将棋協会

    日本女子プロ将棋協会から見た中井広恵中井広恵

    2007年5月30日 - 「有限責任中間法人 日本女子プロ将棋協会」設立(中井広恵代表理事、所属女流棋士17名、うち現役14名、サロン・事務局場所:東京都北区中里)。日本女子プロ将棋協会 フレッシュアイペディアより)

  • 清水市代

    清水市代から見た中井広恵中井広恵

    1983年、中学3年生のときに第15回女流アマ名人戦で優勝。女流棋士となった者の中には、中井広恵、林葉直子、矢内理絵子、千葉涼子、甲斐智美ら、男女の区別がない棋士を目指して奨励会に在籍した経験がある者もいるが、清水の場合は奨励会の経験はない。清水市代 フレッシュアイペディアより)

  • 長沢千和子

    長沢千和子から見た中井広恵中井広恵

    2000年、蛸島彰子、山下カズ子、中井広恵、清水市代に次ぐ、史上5人目の女流四段に昇段。長沢千和子 フレッシュアイペディアより)

  • 石高澄恵

    石高澄恵から見た中井広恵中井広恵

    1994年度には、第5期女流王位戦で高群佐知子とのプレーオフを制して白組優勝し、挑戦者決定戦に進出。しかし、紅組優勝の中井広恵に敗れる。石高澄恵 フレッシュアイペディアより)

  • 高群佐知子

    高群佐知子から見た中井広恵中井広恵

    第10期(1999年度)女流王位戦のリーグで中井広恵と4勝1敗・1位で並ぶが、リーグでは破った中井にプレーオフで敗れ、挑戦者決定戦進出を逃す。高群佐知子 フレッシュアイペディアより)

  • 植山悦行

    植山悦行から見た中井広恵中井広恵

    1989年に女流棋士で妹弟子の中井広恵と結婚し、3人の娘がいる。出会った当時はアフロヘアーのような髪型をしていて、中井からの印象は最悪だったという。その後中井が奨励会に入り、女性ゆえ何かと孤立しがちであった(実際に、女性の奨励会員が中井だけの時期もあった)ところを植山が面倒を見たことで、後の結婚へとつながっていった植山悦行 フレッシュアイペディアより)

  • 植村真理

    植村真理から見た中井広恵中井広恵

    1990年度の第2期女流王位戦で挑戦者となり、中井広恵女流王位に挑んだ。関西所属の女流棋士の挑戦は非常に珍しいものであったが、0-3で敗れて奪取はならなかった。植村真理 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀司

    佐藤秀司から見た中井広恵中井広恵

    第54回(2004年度)NHK杯戦で予選を突破するが、本戦1回戦で女流棋士の中井広恵女流二冠(女流王将・倉敷藤花=当時)に敗れる。佐藤秀司 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋大賞

    将棋大賞から見た中井広恵中井広恵

    ※2: 女流最多対局の歴代1位記録は第37回の上田初美・岩根忍の記録ではなく、制定以前の2001年度に中井広恵が記録した48局である。将棋大賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示