43件中 21 - 30件表示
  • 畠山鎮

    畠山鎮から見た中井広恵中井広恵

    2003年、NHK杯戦で中井広恵に敗れ、同棋戦における史上初の女流棋士の勝利を献上してしまった。畠山鎮 フレッシュアイペディアより)

  • 斎田晴子

    斎田晴子から見た中井広恵中井広恵

    女流棋士になったきっかけは、清水市代、中井広恵、林葉直子といった同世代の女流棋士に刺激を受けてのことである。斎田晴子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢内理絵子

    矢内理絵子から見た中井広恵中井広恵

    かつては、清水市代・中井広恵の2強に阻まれタイトルを取れないことも多かったが、2006年に7年4ヶ月ぶりにタイトル(女流名人位)を獲得し、2008年には女王も獲得して二冠になるなど、ベテラン世代の牙城を崩している。矢内理絵子 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉涼子

    千葉涼子から見た中井広恵中井広恵

    2005年6月 第27期女流王将戦で中井広恵を3-0で下し、7回目の挑戦にして悲願の初タイトルを獲得千葉涼子 フレッシュアイペディアより)

  • 中村真梨花

    中村真梨花から見た中井広恵中井広恵

    2012年9月7日、第34期女流王将戦の挑戦者決定戦で中井広恵女流六段を破り、2回目のタイトル挑戦。里見香奈との対戦で10月6日の一局目は勝利したが、同12日のニ局目、三局目で連敗し、タイトル獲得はならなかった。中村真梨花 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木環那

    鈴木環那から見た中井広恵中井広恵

    2008年2月29日、第19期女流王位戦の予選決勝で中井広恵(クィーン名人資格者)を破り初の挑戦者決定リーグ入り。なお、2007年度は以上のような活躍で、対局数不足で公式記録ではないものの、勝率は全女流棋士中1位(0.8333、15勝3敗)となった。鈴木環那 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木慎

    佐々木慎から見た中井広恵中井広恵

    2001年4月、プロデビュー。同年度、第50期王座戦一次予選で清水市代に敗れ、第43期王位戦予選では中井広恵に負け、女流棋士に2連敗した。しかし、このプロ入り初年度は、15勝10敗で6割の勝率を挙げた。佐々木慎 フレッシュアイペディアより)

  • 横山泰明

    横山泰明から見た中井広恵中井広恵

    振り飛車党で、藤井システム、ゴキゲン中飛車、対居飛車穴熊を得意とする。プロになって初めての対局(2002年12月9日)は、新人王戦の対・中井広恵女流三冠(当時)戦であったが、先手番で藤井システムを駆使した横山が89手で勝利した。横山泰明 フレッシュアイペディアより)

  • 青野照市

    青野照市から見た中井広恵中井広恵

    2003年度のNHK杯テレビ将棋トーナメントで女流棋士の中井広恵に敗れた。現役A級棋士が女流棋士に負けた初の事例となった。青野照市 フレッシュアイペディアより)

  • 女流棋士会

    女流棋士会から見た中井広恵中井広恵

    2007年6月7日、藤森、中井広恵を含む17名の女流棋士が、日本将棋連盟からも女流棋士会からも退会し、LPSA(日本女子プロ将棋協会)を立ち上げ。女流棋士会 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示