53件中 31 - 40件表示
  • 佐瀬勇次

    佐瀬勇次から見た中井広恵中井広恵

    中井広恵(女流名人9期、女流王位3期、女流王将4期、倉敷藤花3期、クィーン名人(永世))佐瀬勇次 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口由紀

    谷口由紀から見た中井広恵中井広恵

    2016年度、第24期倉敷藤花戦で中井広恵、上田らに勝って二度目のタイトル挑戦を決めた(相手は里見香奈)。三番勝負では第1局で勝利したものの、倉敷での対局で連敗し、タイトル獲得はならなかった。谷口由紀 フレッシュアイペディアより)

  • 蛸島彰子

    蛸島彰子から見た中井広恵中井広恵

    その後、初の女流棋戦として女流名人位戦が創設され参加、初代女流名人となる。以後3連覇するも、第4期(1978年)で山下カズ子に敗れ失冠。しかし同年創設された女流王将戦で初代女流王将となり、これも3連覇する。さらには第8期女流名人位戦で山下からタイトルを奪還。林葉直子・中井広恵・清水市代の「将棋三人娘」が登場するまで、山下とともに女流二強時代を築いた。蛸島彰子 フレッシュアイペディアより)

  • 升田幸三

    升田幸三から見た中井広恵中井広恵

    「女は頭が悪い」「女には将棋はできない」と女性差別的発言したこともあったが、女性には人気があり、升田自身も女性には優しかった。当時の女流名人蛸島彰子が升田にサインを求めたところ、升田は快く応じている。まだ十代だった中井広恵には、「女は将棋なんて強くなくても抱き心地さえ良ければいいんだ」と発言している。升田幸三 フレッシュアイペディアより)

  • 里見香奈

    里見香奈から見た中井広恵中井広恵

    2008年9月29日、第16期倉敷藤花戦の挑戦者決定戦で甲斐智美女流二段を破り、初のタイトル挑戦を決め、「タイトル挑戦」の規定を満たし、2008年9月29日付で女流二段に昇段した。清水倉敷藤花との三番勝負では、第1局(11月6日)第2局(11月23日)で連勝し、林葉直子、中井広恵に続く史上3番目の若さの16歳8か月で初タイトルの倉敷藤花に輝き、「タイトル1期」の規定を満たして、翌2009年4月1日付で女流三段に昇段した。連盟関西本部に所属する女流棋士のタイトル獲得は史上初であった。里見香奈 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生世代

    羽生世代から見た中井広恵中井広恵

    羽生世代より少し年上の女流棋士である林葉直子・中井広恵・清水市代は「女流三強」と呼ばれた。羽生世代 フレッシュアイペディアより)

  • 上田初美

    上田初美から見た中井広恵中井広恵

    2008年度、第2回大和証券杯ネット将棋・女流最強戦で決勝戦に進出するが、中井広恵に敗れて準優勝。上田初美 フレッシュアイペディアより)

  • 和田あき

    和田あきから見た中井広恵中井広恵

    5歳の頃に、父と兄が指しているのに興味を持って将棋を覚える。中井広恵の主宰する中井塾や大野八一雄の教室などで力をつける。妹もアマ強豪として活躍している。和田あき フレッシュアイペディアより)

  • 武富礼衣

    武富礼衣から見た中井広恵中井広恵

    2017年度、第39期女流王将戦予選では、真田彩子・山口恵梨子に連勝し、本戦入りと女流2級昇級まであと1勝とするが、予選決勝で中井広恵に敗れて女流2級への昇級はならなかった。女流3級1年目の成績は5勝7敗で、規定には届かなかった。これによって2年目での規定達成のためには、7棋戦で6勝するか、女流1級昇級の条件を満たすことが必要となった。武富礼衣 フレッシュアイペディアより)

  • 12月9日

    12月9日から見た中井広恵中井広恵

    1993年 - 将棋の公式戦史上初めて女流棋士(中井広恵)が男性棋士(池田修一)から白星を挙げる。12月9日 フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「中井広恵」のニューストピックワード