前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 中井広恵

    中井広恵から見た中原誠

    2003年?2004年のNHK杯テレビ将棋トーナメントにおける活躍はめざましく、2003年は1回戦で畠山鎮に、2回戦では当時A級棋士だった青野照市に勝利し(3回戦で中原誠に敗退)、翌年も1回戦では佐藤秀司に勝利、2回戦ではタイトルホルダーの佐藤康光をあと一歩のところまで追い詰めた(この時解説を務めた先崎学は「九分九厘中井の勝ち」と評し、佐藤も対局後に「僕が負けてもおかしくなかった。」とコメントを残している)。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た佐藤康光

    2003年?2004年のNHK杯テレビ将棋トーナメントにおける活躍はめざましく、2003年は1回戦で畠山鎮に、2回戦では当時A級棋士だった青野照市に勝利し(3回戦で中原誠に敗退)、翌年も1回戦では佐藤秀司に勝利、2回戦ではタイトルホルダーの佐藤康光をあと一歩のところまで追い詰めた(この時解説を務めた先崎学は「九分九厘中井の勝ち」と評し、佐藤も対局後に「僕が負けてもおかしくなかった。」とコメントを残している)。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た瀬川晶司

    61年ぶりに実施された日本将棋連盟のプロ編入試験(2005年)では、女性唯一の試験官に選ばれ、受験者の瀬川晶司と六番勝負の第4局で対局。かねてから女流棋士の中には連盟の正会員の地位を求める声があり、このアピールの機会に、中井は周りの女流棋士やファンの期待を受けて対局に臨んだが、中盤まで優位に進めながら終盤の大悪手で逆転負けを喫した。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た女流名人位戦

    中井 広恵(なかい ひろえ、本名:植山広恵(旧姓中井)、1969年6月24日 - )は、LPSA(日本女子プロ将棋協会)所属の女流棋士。同協会初代代表理事(2007年5月 - 2010年5月)。LPSA番号7。タイトル獲得数は歴代2位。クィーン名人。北海道稚内市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た大山名人杯倉敷藤花戦

    1990年代から2000年代にかけて、女流棋界において長らく清水市代との二強時代を形成した。1993年の女流名人位戦から2007年の倉敷藤花戦までの全てのタイトル戦に、中井か清水のいずれかか両方が登場している。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た日本女子プロ将棋協会

    中井 広恵(なかい ひろえ、本名:植山広恵(旧姓中井)、1969年6月24日 - )は、LPSA(日本女子プロ将棋協会)所属の女流棋士。同協会初代代表理事(2007年5月 - 2010年5月)。LPSA番号7。タイトル獲得数は歴代2位。クィーン名人。北海道稚内市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た日本将棋連盟

    61年ぶりに実施された日本将棋連盟のプロ編入試験(2005年)では、女性唯一の試験官に選ばれ、受験者の瀬川晶司と六番勝負の第4局で対局。かねてから女流棋士の中には連盟の正会員の地位を求める声があり、このアピールの機会に、中井は周りの女流棋士やファンの期待を受けて対局に臨んだが、中盤まで優位に進めながら終盤の大悪手で逆転負けを喫した。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た藤田綾

    1981年4月 女流2級でプロ入り。当時11歳10ヶ月で、史上最年少プロだった(現在は藤田綾の11歳6ヶ月が最年少記録)。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た池田修一 (将棋棋士)

    女流棋士の中では比較的男性棋士に近い将棋を指すと言われ、清水が男性棋士にはあまり指されない右四間飛車にこだわりを見せるのとは対称的である。男性棋士との対局では1993年12月、竜王戦で池田修一に初勝利し、公式戦で男性棋士を破った初めての女流棋士となった。ちなみに男性棋士との対戦成績は、19勝73敗(2009年4月27日時点)である。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

  • 中井広恵

    中井広恵から見た中座真

    同門の中座真は同郷にして同学年で、中座が四段昇段を果たした際には実家に伝えた。中井広恵 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示