47件中 11 - 20件表示
  • 田口一男

    田口一男から見た中井洽中井洽

    三重県の日本社会党は右派と左派に分裂して、右派から民社党になった社会党右派を支持する労組と、上野市の中井徳次郎の後援会組織は、中井家の世襲として息子中井洽が継承して、左派労組は田口一男が継承した。田口一男の死後に、伊藤忠治が日本社会党の後継者となり、労組の後輩として立候補する事となり、三重県北部(三重1区)の左派労組を継承した。三重県の社会党は中井家を民社党に追い出す形となり、労組は田口一男が継承した。田口一男 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀市立崇広中学校

    伊賀市立崇広中学校から見た中井洽中井洽

    中井洽 - 衆議院議員、国家公安委員会委員長、慶應義塾大学卒業。伊賀市立崇広中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東京マラソン2010

    東京マラソン2010から見た中井洽中井洽

    前日に起こったチリ地震による津波の日本への到達予想時間がレース開催時間と重なり、ゴール周辺の東京湾岸にも津波警報が発表されたことから、レースの開催が懸念されたが、実行委員会は津波の予想高さとゴール周辺の海抜を勘案してレースを決行。この判断に対して中井洽防災担当大臣が3月2日の記者会見で「警報を出しても意味がないということになると、次回の警報が信用されなくなる」と、実行委員会の判断が津波警報の信用性を損ねかねないとの懸念を示した。これに対し、石原慎太郎東京都知事は「大臣がああいうばかなこと言わない方がいい。東京が十全な努力で判断をしてやってるんだ」と反論している。なお、この津波警報の影響もあり、当日東京湾周辺でマラソン応援者を搬送する予定だった屋形船が全便欠航となっている。東京マラソン2010 フレッシュアイペディアより)

  • 大内啓伍

    大内啓伍から見た中井洽中井洽

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に民社党公認で旧東京2区(定数5)から立候補し、得票数3位で初当選した(同期当選に青山丘・中井洽・中野寛成・米沢隆らがいた)。旧東京2区は石原慎太郎(自由民主党)や上田哲(日本社会党)、鈴切康雄(公明党)らがしのぎを削る激戦区であり、大内も党幹部でありながら毎回苦戦を強いられた。初当選後間もない1977年11月、当選1回ながら佐々木良作委員長の下で民社党政策審議会長に起用され、1985年に塚本三郎書記長の委員長昇格に伴い、後任の書記長に就任した。1984年、沖縄及び北方問題に関する特別委員長に就任。1986年の第38回衆議院議員総選挙では、撚糸工連事件で贈収賄の疑惑が持たれ、民社党を離党した横手文雄の記者会見に同席した影響からか、旧東京2区では立候補者6人中6位で、最下位で当選した日本共産党の岡崎万寿秀に約3,500票及ばず、大内のみが唯一落選した(この総選挙は衆参同日選挙だったため、立候補者が少なかった)。落選後も党書記長に留まっていたが、1989年2月に塚本委員長がリクルート事件への関与を疑われ、辞任。塚本執行部の総退陣により、大内も書記長を辞任する。大内啓伍 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣の政策

    菅内閣の政策から見た中井洽中井洽

    という批判がある。これらの批判に対し、中井洽・拉致問題担当相は菅内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 川口浩 (政治家)

    川口浩 (政治家)から見た中井洽中井洽

    2011年2月17日、民主党政権交代に責任を持つ会に入会。2月28日の衆議院予算委員長・中井洽に対する解任決議の採決では民主党政権交代に責任を持つ会の他15人が欠席する中で唯一出席して反対票を投じ、2011年度予算案の採決では他15人と同じように欠席した。川口浩 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 松岡利勝

    松岡利勝から見た中井洽中井洽

    3月9日の朝に記者団から説明を求められ、「事務所で水道水を飲んでいるのか?」という記者の問いに「今、水道水を飲んでいる人はほとんどいないんじゃないですか」と発言し、農林水産省に抗議の電話が7件あった。3月19日の参議院予算委員会において芝博一(民主党)は「(わが党の)中井洽元法相は間違いがあったから謝罪し訂正した。農相も公開すべきではないか」と質問したが、松岡は例によって「報告するべきことは報告している」と内訳の説明を拒否し、出処進退についても「農相辞任のつもりはない」と続投の意向を表明した。松岡利勝 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー朝鮮民主主義人民共和国女子代表

    サッカー朝鮮民主主義人民共和国女子代表から見た中井洽中井洽

    日本で予定されていた東アジアサッカー選手権2010について、当時日本の拉致問題担当大臣・国家公安委員長を務めていた中井洽の発言が問題となり、本来シードされて出場権を得ていた北朝鮮は最終的に出場を辞退した。サッカー朝鮮民主主義人民共和国女子代表 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎二郎

    川崎二郎から見た中井洽中井洽

    1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙以降は、三重1区で中選挙区時代からのライバルである中井洽と毎回、激しい選挙戦を展開している。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された第41回衆議院議員総選挙、自民党に猛烈な逆風が吹いた第45回衆議院議員総選挙は中井が、第42回衆議院議員総選挙・第43回衆議院議員総選挙・第44回衆議院議員総選挙は川崎が三重1区で当選し、敗れた方はいずれも比例復活している。川崎二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県第1区

    三重県第1区から見た中井洽中井洽

    小選挙区制導入後は、中井洽(民社党〜新進党〜自由党〜民主党)と川崎二郎(自由民主党)の2氏による争いが続いていたが、両者の勢力は拮抗しているため、いずれの選挙も小選挙区で敗れた候補が比例区で復活当選していた(なお、川崎も中井も伊賀地方を地盤としている)。かつての中選挙区時代から数えると、約30年にわたるライバル関係であった。三重県第1区 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「中井洽」のニューストピックワード