47件中 21 - 30件表示
  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た中井洽中井洽

    2009年10月13日の閣議決定文書で、「拉致実行犯の引き渡し」を求めるとする項目が削除された。11月26日の衆議院拉致問題特別委員会で自民党の古屋圭司議員がこの点を追及すると、中井洽委員長は、「姿勢が後退したということではない。被害者の帰国と真相究明の2つに絞ってフル稼働していきたい」と答弁した。増元照明拉致被害者家族会事務局長は、「政権交代から2か月以上がたった今も、北朝鮮との交渉が始まるような動きもない」と不安を語っている。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回参議院議員通常選挙

    第20回参議院議員通常選挙から見た中井洽中井洽

    常任幹事会代表=岡田克也 常任幹事会副代表=石井一/岡崎トミ子/中井洽/米沢隆 常任幹事会幹事長=藤井裕久 政策調査会長=仙谷由人 国会対策委員長=川端達夫 参議院議員会長=江田五月第20回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た中井洽中井洽

    また、この訪日に対して、自民党、公明党等の野党から、超法規的措置判断での日本入国や関越自動車道等の封鎖、ヘリコプターによる遊覧飛行などの、いわゆる要人待遇に非難の声が強まっている。中井洽拉致問題担当大臣は、遊覧飛行は大韓民国側の要請によって行われた、と主張しているが、大韓民国国家情報院は、韓国から日本に要望した事実はないと否定している。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2017年4月

    訃報 2017年4月から見た中井洽中井洽

    4月22日 - 中井洽、日本の政治家、元衆議院議員【民社党・新進党・自由党・民主党所属】、第54代法務大臣、第81・82代国家公安委員会委員長(* 1942年)訃報 2017年4月 フレッシュアイペディアより)

  • 4月22日

    4月22日から見た中井洽中井洽

    2017年 - 中井洽、政治家(* 1942年)4月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件

    尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件から見た中井洽中井洽

    11月5日、同月1日に国会の衆議院予算委員で公開された際の委員長を務めた中井洽は、「本物の証拠品が流出したのなら、国会は極めて抑制的に制限的にビデオを見たわけで、それがまったく意味をなさなくなってしまう」、「捜査当局から流出したのなら信頼を一度に失うことになる、インターネット時代にふさわしい機密保持ができているとは到底思えない」と述べたうえで、「私の見る限り、このあいだ見た6分あまりの映像とそっくりの場面がある」と、先に公開された映像との合致性に言及したほか、同委員会で映像を見た水戸将史は「行政の情報管理の甘さが露呈した」と述べた。また、民主党幹部らは報道機関の取材に対し、「永田町で見せる見せないですったもんだしていたのが、世界中に流れた。ブラックユーモアみたいになったもんだ」、「倒閣テロだ。故意による流出だろう」、「明らかに政治的なテロだ。政権への不満、組織的な問題かもしれない」、「徹底して犯人を探し、共犯者(の有無)、背景も調べるべきだ」とし、古賀一成は産経新聞の取材に対し、「どこから漏れたか知れないが、ネット上に流れたことは情報セキュリティーの面でゆゆしき事態だ」と述べた。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • 民社党

    民社党から見た中井洽中井洽

    最初に北朝鮮の拉致疑惑を国会で取り上げたのは、1988年1月の衆議院本会議における当時の民社党委員長塚本三郎の代表質問である(1980年の公明党参議院議員の和泉照雄が拉致問題に連なるアベック失踪事件に関して参議院決算委員会で質問をしたことがあるが、質疑応答において北朝鮮という国名は出なかった)。その後も、西村眞悟や荒木和博など旧民社党関係者が積極的に拉致被害者救出のための活動に取り組んでいる。また、民主党政権発足後は拉致問題担当大臣に中井洽、柳田稔、中野寛成、田中慶秋と旧民社党の出身者が就任した。民社党 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉旋風

    小泉旋風から見た中井洽中井洽

    民主党は藤井裕久代表代行(2007年(平成19年)7月に比例南関東ブロック繰り上げ当選)や石井一副代表や中野寛成前衆院副議長や海江田万里元政調会長が落選したり、川端達夫幹事長や中井洽副代表が小選挙区落選(比例復活)したりするなど、民主党の大物政治家の苦戦の象徴となった。小泉旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 森本哲生

    森本哲生から見た中井洽中井洽

    2009年(平成21年)と2010年(平成22年)の民主党代表選挙では、同じ三重県出身の民主党議員である(三重県選挙区選出の芝博一・高橋千秋)と(三重1区の中井洽、三重2区の中川正春、三重5区の藤田大助、比例東海ブロック選出の金森正)と共に、三重県選出の国会議員で岡田グループを構成して岡田克也と菅直人を支持した。中国訪問団に参加して小沢一郎を支持する立場と岡田を支持する立場をとっている。森本哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺浩一郎

    渡辺浩一郎から見た中井洽中井洽

    2011年2月28日の中井洽衆議院予算委員長解任決議や2011年度予算案の採決では、会長としては各自の自主判断として欠席した(解任決議のみ15人欠席で1人出席)。民主党常任幹事会によって党倫理委員会への諮問を経て6か月間の党員資格停止処分となる。渡辺浩一郎 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「中井洽」のニューストピックワード