42件中 31 - 40件表示
  • 日韓議員連盟

    日韓議員連盟から見た中井洽中井洽

    中井洽 比例(東海) 副会長日韓議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 民社党

    民社党から見た中井洽中井洽

    最初に北朝鮮の拉致疑惑を国会で取り上げたのは、1988年1月の衆議院本会議における当時の民社党委員長塚本三郎の代表質問である(1980年の公明党参議院議員の和泉照雄が拉致問題に連なるアベック失踪事件に関して参議院決算委員会で質問をしたことがあるが、質疑応答において北朝鮮という国名は出なかった)。その後も、西村眞悟や荒木和博など旧民社党関係者が積極的に拉致被害者救出のための活動に取り組んでいる。また、民主党政権発足後は拉致問題担当大臣に中井洽、柳田稔、中野寛成、田中慶秋と旧民社党の出身者が就任した。民社党 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た中井洽中井洽

    2010年7月20日早朝、政府のチャーター機で訪日が実現。23日に韓国へ帰国した。21日、22日に横田滋ら拉致被害者家族と面会した。滞在の場所として鳩山由紀夫前首相の軽井沢別荘が警備上等の理由で選ばれている。日本政府は元来、死刑囚の入国は出入国管理及び難民認定法の規定で認めていないが、千葉景子法務大臣が出入国管理及び難民認定法の12条特例条項を適用して入国を認め、日本の警察も旅券偽造容疑による事情聴取を今回の来日中は見送った。また、今回の訪日に対して、自民党、公明党等の野党から、超法規的判断での入国や高速道路の封鎖、ヘリコプターによる遊覧飛行などの、いわゆるVIP待遇に非難の声が強まっている。中井洽拉致問題担当相は遊覧飛行は韓国側の要請によって行われたと主張しているが、韓国国家情報院は韓国から日本に要望した事実はないと否定している。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 森本哲生

    森本哲生から見た中井洽中井洽

    2009年(平成21年)と2010年(平成22年)の民主党代表選挙では、同じ三重県出身の民主党議員である(三重県選挙区選出の芝博一・高橋千秋参議院議員)と(三重1区の中井洽衆議院議員、三重2区の中川正春衆議院議員、三重5区の藤田大助衆議院議員、比例東海ブロック選出の金森正衆議院議員)と共に、三重県選出の国会議員で岡田グループを構成して岡田克也と菅直人を支持した。中国訪問団に参加して小沢一郎を支持する立場と岡田克也を支持する立場をとっている。森本哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回参議院議員通常選挙

    第20回参議院議員通常選挙から見た中井洽中井洽

    常任幹事会代表=岡田克也 常任幹事会副代表=石井一/岡崎トミ子/中井洽/米沢隆 常任幹事会幹事長=藤井裕久 政策調査会長=仙谷由人 国会対策委員長=川端達夫 参議院議員会長=江田五月第20回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎二郎

    川崎二郎から見た中井洽中井洽

    1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙以降は、三重県第1区で中選挙区時代からのライバルである中井洽と毎回、激しい選挙戦を展開している。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された第41回衆議院議員総選挙、自民党に猛烈な逆風が吹いた第45回衆議院議員総選挙は中井が、第42回衆議院議員総選挙・第43回衆議院議員総選挙・第44回衆議院議員総選挙は川崎が三重1区で当選し、敗れた方はいずれも比例復活している。川崎二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た中井洽中井洽

    2009年(平成21年)8月30日、第45回衆議院議員総選挙が行われ、民主党は総議席の3分の2に迫る308議席を獲得。結党以来の悲願であった政権交代を成し遂げた。それによって2009年(平成21年)9月16日に発足した鳩山由紀夫内閣において、前原は第12代国土交通大臣に就任した。沖縄及び北方対策担当大臣、防災担当大臣も兼務(防災担当については、後に閣内の役割分担の見直しに伴い中井洽国家公安委員会委員長が兼務することとなり、2010年1月に兼務を解かれた)。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た中井洽中井洽

    小沢一郎民主党代表の選挙戦術として2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で岡田克也が三重5区(三重県南部の伊勢市・尾鷲市・鳥羽市・志摩市・熊野市・度会郡・北牟婁郡・南牟婁郡)に立候補する選挙区の鞍替え作戦が浮上した。2010年(平成22年)の週刊大衆などの週刊誌報道によると、平田耕一議員を支持する富洲原地区の自由民主党の関係者から証言があり、岡田克也の私設秘書は三重3区で、イオングループの組織力と民主党の強力な地盤で小選挙区制での楽勝ムードがある事から、緊張感がなくてだらけていて、第45回衆議院議員総選挙の期間中に四日市市松原町の漫画喫茶の駐車場の車の中で昼寝をしていたと報道された。中選挙区制時代は岡田克也の自身の後援会と実家のイオングループが支援組織だったが、小選挙区制の時代となり、自身の組織に加えて日本社会党出身の伊藤忠治の(情報労連・三重県の日本教職員組合・NTT労働組合票・左翼票)と民社党出身の中井洽の全日本労働総同盟(同盟労組票)が民主党及び岡田克也を支持する支援組織となっている。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • 二階俊博

    二階俊博から見た中井洽中井洽

    馳浩によると、「その人脈と調整力と勝負カンの鋭さと気配りは、衆目の一致するところ」であるという(「『馳 浩の永田町通信』2006年12月号 「二階マジック」」)。同じく馳の記事によると、2005年の郵政国会では、民主党の筆頭理事(=中井洽)の弱みを利用し、中井の顔を立てる形で採決には協力させた。また、2006年10月9日に北朝鮮が核実験を行ったが、二階はあらかじめ6日に「週末に北朝鮮が核実験をもしも行ったら、世界で唯一の被爆国である日本は、強い抗議声明を国民総意として世界に発信しなければならない。そのためには、与野党の国会対策責任者がその準備をしておかねばならない。土日祝日だからといって危機管理の対応が疎かになってはならん。いざという時には休日であっても集まって、本会議を開く準備をしておこう!!」と各党の国対委員長の元に出向いて頭を下げてお願いに回っていた。その結果、翌10月10日に、核実験への非難決議を、全会一致で採択させることができたという。二階俊博 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た中井洽中井洽

    民主党の中井洽元法務大臣の資金管理団体が、2005年分の政治資金収支報告書に光熱水費を虚偽記載していた事実が判明。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「中井洽」のニューストピックワード