47件中 31 - 40件表示
  • 頑張れ日本!全国行動委員会

    頑張れ日本!全国行動委員会から見た中井洽中井洽

    平成22年12月1日に「民主党(菅)内閣倒閣宣言! 12・1国民大集会」を主催し、民主党政権の中国漁船衝突事件への対応や、防衛省施設内での民間人言論統制通達問題、議会開設120年記念式典での民主党の中井洽の秋篠宮夫妻に対する非礼発言を批判するなどした1700人規模のデモ行進を国会議事堂前と民主党本部前で行った。その後に虎ノ門ニッショーホールで開催した集会には、平沼赳夫や山谷えり子などの国会議員、多くの地方議員が登壇し、民主党の政権運営を非難した。頑張れ日本!全国行動委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た中井洽中井洽

    4月22日 - 中井洽:元衆議院議員【民社党・新進党・自由党・民主党所属】、第54代法務大臣、第81・82代国家公安委員会委員長(* 1942年)2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 6月10日

    6月10日から見た中井洽中井洽

    1942年 - 中井洽、政治家(+ 2017年)6月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立立川高等学校

    東京都立立川高等学校から見た中井洽中井洽

    中井洽 - 政治家、国家公安委員会委員長東京都立立川高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た中井洽中井洽

    民主党の中井洽元法務大臣の資金管理団体が、2005年分の政治資金収支報告書に光熱水費を虚偽記載していた事実が判明。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 議員宿舎

    議員宿舎から見た中井洽中井洽

    民主党衆議院議員中井洽が愛人に赤坂議員宿舎のカードキーを渡していた事が2010年(平成22年)4月1日発売の週刊新潮2010年4月8日号によって暴露された。本来、国会議員のために提供されている議員宿舎が、議員以外の他人に使われている実態が暴露されている。カードキーの交付はかなり厳格で、申請の際には使用者の名前を登録しなければならないといい、中井が規則に違反してカードキーを貸与した可能性もある。また家族以外の部外者をみだりに入れてはいけないとされているが、社民党幹事長(当時)の又市征治が2007年6月21日に発売された「週刊新潮(6月28日号)」において、愛人との密会に用いたとの記事が報道されたり、2009年1月に自民党の鴻池祥肇が、2011年5月に後藤田正純が妻ではない女性を入室させていたことが明らかになった。議員宿舎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た中井洽中井洽

    小沢一郎民主党代表の選挙戦術として2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で岡田克也が三重5区(三重県南部の伊勢市・尾鷲市・鳥羽市・志摩市・熊野市・度会郡・北牟婁郡・南牟婁郡)に立候補する選挙区の鞍替え作戦が浮上した。2010年(平成22年)の週刊大衆などの週刊誌報道によると、平田耕一議員を支持する富洲原地区の自由民主党の関係者から証言があり、岡田克也の私設秘書は三重3区で、イオングループの組織力と民主党の強力な地盤で小選挙区制での楽勝ムードがある事から、緊張感がなくてだらけていて、第45回衆議院議員総選挙の期間中に四日市市松原町の漫画喫茶の駐車場の車の中で昼寝をしていたと報道された。中選挙区制時代は岡田克也の自身の後援会と実家のイオングループが支援組織だったが、小選挙区制の時代となり、自身の組織に加えて日本社会党出身の伊藤忠治の(情報労連・三重県の日本教職員組合・NTT労働組合票・左翼票)と民社党出身の中井洽の全日本労働総同盟(同盟労組票)が民主党及び岡田克也を支持する支援組織となっている。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党政権交代に責任を持つ会

    民主党政権交代に責任を持つ会から見た中井洽中井洽

    3月1日、未明午前2時から開かれた衆議院本会議の2011年度予算案の採決では16人は各自の自主判断として欠席した。またこれに先立つ、2月28日深夜の中井洽衆議院予算委員長解任決議の本会議も川口浩を除く15人は欠席した。予算案決議の本会議欠席をうけ同日午後、民主党常任幹事会は会長の渡辺浩一郎を除く15人を「厳重注意」の措置とし、渡辺は党倫理委員会への諮問を経て6か月間の党員資格停止処分となった。民主党政権交代に責任を持つ会 フレッシュアイペディアより)

  • 民社協会

    民社協会から見た中井洽中井洽

    2009年5月の民主党代表選挙では、自主投票としたが、大半は鳩山を支持し、8月の第45回衆議院議員総選挙で民主党が政権交代を果たすと、翌月に発足した鳩山由紀夫内閣では川端達夫・中井洽・直嶋正行が入閣した。民社協会 フレッシュアイペディアより)

  • 田勢康弘

    田勢康弘から見た中井洽中井洽

    都立立川高校(中井洽衆議院議員の2年後輩)、早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。政治部記者、ワシントン特派員、ワシントン支局長、政治部次長、編集委員、論説副主幹、コラムニストを歴任し、2006年3月に退社。同年4月から4年間早稲田大学大学院公共経営研究科教授をつとめる。2010年3月31日同大を解職。現在は日本経済新聞の客員コラムニストとして活動。田勢康弘 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「中井洽」のニューストピックワード