前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
216件中 1 - 10件表示
  • 中井洽

    中井洽から見た小沢一郎

    新進党結党後の第41回衆議院議員総選挙では、三重県第1区より立候補し当選した。この選挙以降、自由民主党の川崎二郎と三重県第1区の議席を争っている。1997年(平成9年)、新進党が解散した。中井は小沢一郎らとともに自由党を結党した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た川崎二郎

    新進党結党後の第41回衆議院議員総選挙では、三重県第1区より立候補し当選した。この選挙以降、自由民主党の川崎二郎と三重県第1区の議席を争っている。1997年(平成9年)、新進党が解散した。中井は小沢一郎らとともに自由党を結党した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た鳩山由紀夫内閣

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た中井徳次郎

    日本社会党の衆議院議員だった父の中井徳次郎の秘書を務めた。社会党右派に所属して穏健的な民主社会主義政党を目指していた父の徳次郎が、マルクス主義政党を目指した社会党左派中心の執行部に嫌われた事から、左派の執行部は三重県第1区に左派の対立候補(第31回衆議院議員総選挙で福島重之を樹立、第32回衆議院議員総選挙で田口一男)を擁立して、社会党右派の中井徳次郎と社会党左派の思想対立が激化した。政治家としてやむを得なく滑り込み当選をするようになり、身の危険を感じた父徳次郎が出馬を断念した事にともない、父子で日本社会党を離党して父の穏健的な民主社会主義思想の後継者となった。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た黄長ヨプ

    2月の東アジアサッカー選手権に出場予定だった北朝鮮女子代表チームへのビザ発給に一時反対、北朝鮮チームは参加辞退を表明した。2010年(平成22年)に民団の会合で外国人参政権を推進していく立場を明らかにした。2010年(平成22年)4月に実施予定の「高校無償化」をめぐり、朝鮮学校を対象から除外するよう文部科学大臣川端達夫に要請した。2010年(平成22年)4月、来日中の元朝鮮労働党書記・黄長燁と会談した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見たディエゴ・マラドーナ

    中選挙区時代にはトップ当選が無く、選挙は全て4位ないしは5位の、当落線上での辛勝であった(小選挙区制導入後も、ベテラン議員ながら5回の選挙のうち3回は比例復活で当選)。第38回衆議院議員総選挙では落選したものの、続く第39回衆議院議員総選挙、第40回衆議院議員総選挙(日本新党の推薦)では当選を果たした。第40回選挙後、衆議院の商工委員会にて委員長に就任した。翌1994年(平成6年)、羽田内閣にて法務大臣に任命された。法務大臣として麻薬の使用を理由にキリンカップサッカーアルゼンチン代表であったディエゴ・マラドーナの入国を拒否、その結果アルゼンチン代表チームは出場をキャンセルした。同年12月、民社党が解党し新進党が結成されることになり、新進党の結党に参加した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た野田毅

    2011年(平成23年)2月1日の衆議院予算委員会で、元日本銀行勤務の経歴を持つ自民党議員の塩崎恭久が経済財政問題について専門知識を駆使して政府側を追及した際、「これにて塩崎教授の陳述は終わりました」と質問ぶりを(大学教授など学者に例える表現で)揶揄するかのような発言をした。また、審議中に委員長席で携帯電話の操作をしたとして自民党から非難された。さらに、自民党の野田毅税制調査会長が質問の冒頭で「私が答弁を求めた以外の人が答弁しないようにしてほしい」と念押ししたにもかかわらず、中井は求められていない閣僚を指名した。抗議する野田に対し「言動を慎んでください」と発言した。自民党は中井の解任決議案提出を検討したが、中井が予算委員会理事会で塩崎に対する発言と携帯電話の操作を認め陳謝したうえ、「教授」発言を議事録から削除したためいったん見合わせた。しかしその後も態度が改まらなかったため、2月28日、自民、公明、みんな、たちあがれ日本の野党4党が共同で解任決議案を提出した。決議案は衆議院本会議で反対多数により否決された。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た桜内文城

    2010年(平成22年)11月30日、自由民主党の逢沢一郎国対委員長やみんなの党の桜内文城が、11月29日におこなわれた議会開設120年記念式典において秋篠宮文仁親王夫妻が天皇・皇后の入場を起立して待っていたことに対し、民主党議員が野次を飛ばしたとして、名指しは避けながらも批判をおこなったことが報じられた。産経新聞は同日中に、「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と野次を飛ばしたとされる議員が中井だった旨を報じた。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た鹿野道彦

    9月、菅改造内閣発足により国家公安委員長を退任。農林水産大臣に起用された鹿野道彦に代わり、衆議院予算委員長に就任した。2011年(平成23年)2月28日に2011年(平成23年)(平成23年度)予算が衆議院予算委員会で可決された際、中井の議事運営に問題があるとして自民、公明、みんなの党、たちあがれ日本から解任決議案が提出された。解任決議案は否決された。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た岡田克也

    民主党側も「『立たせていてはご夫妻に失礼ではないか』と言った」としている。民主党内では岡田克也幹事長が、「私が知る限り、野次ったとか、そういうことではなかった」「10列ぐらい後ろにいたが、中井氏の声が響き渡ったとか、そういうことではない」と述べる一方で、中井について「国会議員を務めていることに無理がある」との指摘もなされた。中井洽 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
216件中 1 - 10件表示

「中井洽」のニューストピックワード