216件中 91 - 100件表示
  • 中井洽

    中井洽から見た在日本大韓民国民団

    2月の東アジアサッカー選手権に出場予定だった北朝鮮女子代表チームへのビザ発給に一時反対、北朝鮮チームは参加辞退を表明した。2010年(平成22年)に民団の会合で外国人参政権を推進していく立場を明らかにした。2010年(平成22年)4月に実施予定の「高校無償化」をめぐり、朝鮮学校を対象から除外するよう文部科学大臣川端達夫に要請した。2010年(平成22年)4月、来日中の元朝鮮労働党書記・黄長燁と会談した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た法務大臣

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た拉致問題担当大臣

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た菅内閣

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た第34回衆議院議員総選挙

    1972年(昭和47年)の第33回衆議院議員総選挙において日本社会党は社会党左派の田口一男を公認して、中井は日本社会党の公認が得られずに無所属候補として立候補したが落選した。選挙戦で民社党の支援を受けたので民社党に入党して、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙に中選挙区の三重県第1区より立候補して、34歳で初当選した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た長春市

    満州国新京市(現在の中国吉林省長春市)に生まれた。終戦後の1946年(昭和21年)9月に三重県上野市(現在の伊賀市)に引き揚げた。上野市立白鳳幼稚園、上野市立西小学校、上野市立崇広中学校を経て、東京都へ父と引越して東京都立立川高等学校、慶應義塾大学経済学部を卒業した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た名張市

    初当選した第34回衆議院議員総選挙では、民社党からは青山丘・大内啓伍・神田厚・中野寛成・米沢隆も中井と同じく初当選を果たした。民社党議員としては同時に反共主義者として保守層からの支持があった。名張市出身の開業医が父中井徳次郎の有力後援者であった事から娘の順子と結婚した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た三重県第1区

    新進党結党後の第41回衆議院議員総選挙では、三重県第1区より立候補し当選した。この選挙以降、自由民主党の川崎二郎と三重県第1区の議席を争っている。1997年(平成9年)、新進党が解散した。中井は小沢一郎らとともに自由党を結党した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た民由合併

    衆議院の国会等の移転に関する特別委員会にて委員長に就任した。しかし、第42回衆議院議員総選挙では小選挙区で落選し、比例区で救済され当選した。自由党では副代表も務めたが、同党が民主党に合流(民由合併)することになり、中井も民主党に入党した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た伊勢新聞

    民社党時代に政治家を引退する事を検討した事があった。1990年(平成2年)2月の伊勢新聞の選挙記事によれば、昭和最後の第38回衆議院議員総選挙で落選してバブル期には非議員であり、平成最初の第39回衆議院議員総選挙にも再度落選をしたら政界を引退する決意であった。順子夫人の努力で滑り込み当選をして、中井は政界復帰をした。中井洽 フレッシュアイペディアより)

216件中 91 - 100件表示

「中井洽」のニューストピックワード