216件中 21 - 30件表示
  • 中井洽

    中井洽から見た三重ノ海剛司

    6月発足の菅内閣では、国家公安委員会委員長と内閣府特命担当大臣(防災担当)に再任された。7月6日、大相撲野球賭博問題に関連し「テレビに出るのは熱心だが捜査には言を左右にしている」と警察の捜査に協力しない相撲関係者を指弾。暴力団との関係遮断の取り組みについて「名古屋場所が済めばしまい、という一過性のものではない」と述べた。それをさかのぼる6月21日、すなわち野球賭博問題で日本相撲協会が特別調査委員会を設置した日の夜に、日本大学の田中英壽理事長が懇意にしている神楽坂の料亭で、田中理事長、相撲協会の武蔵川理事長の3人で会談していたことが週刊文春で報じられた。これに対し中井は7月15日、報道内容を否定した。7月20日、来日した金賢姫と面会した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た前原誠司

    民主党では副代表に就任した。2006年(平成18年)には常任幹事会議長に就任し、2007年(平成19年)まで務める。その間の第43回衆議院議員選挙、第44回衆議院議員選挙では、いずれも三重県第1区で自民党の川崎二郎に敗れ落選し、重複立候補していた比例東海ブロックで復活。第45回衆議院議員選挙では三重1区で川崎を破り、当選した。この選挙により民主党が与党となり、鳩山由紀夫内閣にて国家公安委員会委員長に就任した。同時に「北朝鮮による拉致問題の早期解決を図るため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」を担当することになった(拉致問題担当)。また、前原誠司の退任にともない、2010年(平成22年)1月12日に内閣府特命担当大臣(防災担当)に就任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た宋日昊

    2011年(平成23年)7月に北朝鮮の宋日昊朝日国交正常化交渉担当大使と中国・長春市で極秘に会談したと報じられたが、旧満州出身の中井は「ふるさとを見て泣いて帰ってきただけ」と会談を否定した。この件で中井に同行し無届けで海外渡航した政府の拉致問題対策本部職員が口頭注意処分となった。また2012年(平成24年)1月にも宋日昊大使と中国で会談したもようだと報じられた。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見たたちあがれ日本

    9月、菅改造内閣発足により国家公安委員長を退任。農林水産大臣に起用された鹿野道彦に代わり、衆議院予算委員長に就任した。2011年(平成23年)2月28日に2011年(平成23年)(平成23年度)予算が衆議院予算委員会で可決された際、中井の議事運営に問題があるとして自民、公明、みんなの党、たちあがれ日本から解任決議案が提出された。解任決議案は否決された。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た公明党

    9月、菅改造内閣発足により国家公安委員長を退任。農林水産大臣に起用された鹿野道彦に代わり、衆議院予算委員長に就任した。2011年(平成23年)2月28日に2011年(平成23年)(平成23年度)予算が衆議院予算委員会で可決された際、中井の議事運営に問題があるとして自民、公明、みんなの党、たちあがれ日本から解任決議案が提出された。解任決議案は否決された。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見たみんなの党

    9月、菅改造内閣発足により国家公安委員長を退任。農林水産大臣に起用された鹿野道彦に代わり、衆議院予算委員長に就任した。2011年(平成23年)2月28日に2011年(平成23年)(平成23年度)予算が衆議院予算委員会で可決された際、中井の議事運営に問題があるとして自民、公明、みんなの党、たちあがれ日本から解任決議案が提出された。解任決議案は否決された。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た週刊文春

    6月発足の菅内閣では、国家公安委員会委員長と内閣府特命担当大臣(防災担当)に再任された。7月6日、大相撲野球賭博問題に関連し「テレビに出るのは熱心だが捜査には言を左右にしている」と警察の捜査に協力しない相撲関係者を指弾。暴力団との関係遮断の取り組みについて「名古屋場所が済めばしまい、という一過性のものではない」と述べた。それをさかのぼる6月21日、すなわち野球賭博問題で日本相撲協会が特別調査委員会を設置した日の夜に、日本大学の田中英壽理事長が懇意にしている神楽坂の料亭で、田中理事長、相撲協会の武蔵川理事長の3人で会談していたことが週刊文春で報じられた。これに対し中井は7月15日、報道内容を否定した。7月20日、来日した金賢姫と面会した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見たサッカーアルゼンチン代表

    中選挙区時代にはトップ当選が無く、選挙は全て4位ないしは5位の、当落線上での辛勝であった(小選挙区制導入後も、ベテラン議員ながら5回の選挙のうち3回は比例復活で当選)。第38回衆議院議員総選挙では落選したものの、続く第39回衆議院議員総選挙、第40回衆議院議員総選挙(日本新党の推薦)では当選を果たした。第40回選挙後、衆議院の商工委員会にて委員長に就任した。翌1994年(平成6年)、羽田内閣にて法務大臣に任命された。法務大臣として麻薬の使用を理由にキリンカップサッカーアルゼンチン代表であったディエゴ・マラドーナの入国を拒否、その結果アルゼンチン代表チームは出場をキャンセルした。同年12月、民社党が解党し新進党が結成されることになり、新進党の結党に参加した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た2009年

    2009年(平成21年)8月 - 衆議院議員選挙で(11期)の当選をする。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た金森正

    息子の中井公一がいるが世襲議員として継がせない方針を表明していた(後継者は金森正衆議院議員の秘書の橋本千晶)。中井洽 フレッシュアイペディアより)

216件中 21 - 30件表示

「中井洽」のニューストピックワード