216件中 31 - 40件表示
  • 中井洽

    中井洽から見た松岡利勝

    2007年(平成19年)3月、光熱水費(「電気、ガス、水の使用料」と規定)がかからない議員会館に置いた、資金管理団体の主たる事務所で3年間に計約1070万円の光熱水費を架空支出したことが発覚した。国会では松岡利勝農相(当時)の、議員会館での光熱水費問題が国会で追及されている真っ最中で、当初は党内や野党から松岡大臣を追求できなくなると不満の声も挙がった。しかし、すべて領収証が残っていて架空支出ではなかったことや、直に別の支出であったことを認める記者会見を本人が開いたことにより、すぐにこの騒動は収まった。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た秋篠宮文仁親王

    2010年(平成22年)11月30日、自由民主党の逢沢一郎国対委員長やみんなの党の桜内文城が、11月29日におこなわれた議会開設120年記念式典において秋篠宮文仁親王夫妻が天皇・皇后の入場を起立して待っていたことに対し、民主党議員が野次を飛ばしたとして、名指しは避けながらも批判をおこなったことが報じられた。産経新聞は同日中に、「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と野次を飛ばしたとされる議員が中井だった旨を報じた。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た浜田幸一

    民主党政権時代のスキャンダルで有名になる前は知名度が低く、ビートたけしのTVタックルで2007年(平成19年)の光熱費の違法支出問題が取り上げられた際、番組に出演した浜田幸一元衆議院議員は「中井って誰だ知らない」と発言した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た青山丘

    初当選した第34回衆議院議員総選挙では、民社党からは青山丘・大内啓伍・神田厚・中野寛成・米沢隆も中井と同じく初当選を果たした。民社党議員としては同時に反共主義者として保守層からの支持があった。名張市出身の開業医が父中井徳次郎の有力後援者であった事から娘の順子と結婚した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た塩崎恭久

    2011年(平成23年)2月1日の衆議院予算委員会で、元日本銀行勤務の経歴を持つ自民党議員の塩崎恭久が経済財政問題について専門知識を駆使して政府側を追及した際、「これにて塩崎教授の陳述は終わりました」と質問ぶりを(大学教授など学者に例える表現で)揶揄するかのような発言をした。また、審議中に委員長席で携帯電話の操作をしたとして自民党から非難された。さらに、自民党の野田毅税制調査会長が質問の冒頭で「私が答弁を求めた以外の人が答弁しないようにしてほしい」と念押ししたにもかかわらず、中井は求められていない閣僚を指名した。抗議する野田に対し「言動を慎んでください」と発言した。自民党は中井の解任決議案提出を検討したが、中井が予算委員会理事会で塩崎に対する発言と携帯電話の操作を認め陳謝したうえ、「教授」発言を議事録から削除したためいったん見合わせた。しかしその後も態度が改まらなかったため、2月28日、自民、公明、みんな、たちあがれ日本の野党4党が共同で解任決議案を提出した。決議案は衆議院本会議で反対多数により否決された。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た神田厚

    初当選した第34回衆議院議員総選挙では、民社党からは青山丘・大内啓伍・神田厚・中野寛成・米沢隆も中井と同じく初当選を果たした。民社党議員としては同時に反共主義者として保守層からの支持があった。名張市出身の開業医が父中井徳次郎の有力後援者であった事から娘の順子と結婚した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た米沢隆

    初当選した第34回衆議院議員総選挙では、民社党からは青山丘・大内啓伍・神田厚・中野寛成・米沢隆も中井と同じく初当選を果たした。民社党議員としては同時に反共主義者として保守層からの支持があった。名張市出身の開業医が父中井徳次郎の有力後援者であった事から娘の順子と結婚した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た田口一男

    1972年(昭和47年)の第33回衆議院議員総選挙において日本社会党は社会党左派の田口一男を公認して、中井は日本社会党の公認が得られずに無所属候補として立候補したが落選した。選挙戦で民社党の支援を受けたので民社党に入党して、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙に中選挙区の三重県第1区より立候補して、34歳で初当選した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た皇后美智子

    2010年(平成22年)11月30日、自由民主党の逢沢一郎国対委員長やみんなの党の桜内文城が、11月29日におこなわれた議会開設120年記念式典において秋篠宮文仁親王夫妻が天皇・皇后の入場を起立して待っていたことに対し、民主党議員が野次を飛ばしたとして、名指しは避けながらも批判をおこなったことが報じられた。産経新聞は同日中に、「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と野次を飛ばしたとされる議員が中井だった旨を報じた。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た大内啓伍

    初当選した第34回衆議院議員総選挙では、民社党からは青山丘・大内啓伍・神田厚・中野寛成・米沢隆も中井と同じく初当選を果たした。民社党議員としては同時に反共主義者として保守層からの支持があった。名張市出身の開業医が父中井徳次郎の有力後援者であった事から娘の順子と結婚した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

216件中 31 - 40件表示

「中井洽」のニューストピックワード