216件中 71 - 80件表示
  • 中井洽

    中井洽から見たテロ事件

    皇族に対する暴言などの言動から右翼に狙われる可能性が高くて右翼によるテロ事件を警戒して警視庁及び三重県警察のSP(セキュリティポリス)が大臣以外であるが特別に中井を警備していた。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見たビザ

    2月の東アジアサッカー選手権に出場予定だった北朝鮮女子代表チームへのビザ発給に一時反対、北朝鮮チームは参加辞退を表明した。2010年(平成22年)に民団の会合で外国人参政権を推進していく立場を明らかにした。2010年(平成22年)4月に実施予定の「高校無償化」をめぐり、朝鮮学校を対象から除外するよう文部科学大臣川端達夫に要請した。2010年(平成22年)4月、来日中の元朝鮮労働党書記・黄長燁と会談した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た民社党

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た衆議院

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た衆議院議員

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た国家公安委員会委員長

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た新進党

    中選挙区時代にはトップ当選が無く、選挙は全て4位ないしは5位の、当落線上での辛勝であった(小選挙区制導入後も、ベテラン議員ながら5回の選挙のうち3回は比例復活で当選)。第38回衆議院議員総選挙では落選したものの、続く第39回衆議院議員総選挙、第40回衆議院議員総選挙(日本新党の推薦)では当選を果たした。第40回選挙後、衆議院の商工委員会にて委員長に就任した。翌1994年(平成6年)、羽田内閣にて法務大臣に任命された。法務大臣として麻薬の使用を理由にキリンカップサッカーアルゼンチン代表であったディエゴ・マラドーナの入国を拒否、その結果アルゼンチン代表チームは出場をキャンセルした。同年12月、民社党が解党し新進党が結成されることになり、新進党の結党に参加した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た羽田内閣

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た北朝鮮

    2011年(平成23年)7月に北朝鮮の宋日昊朝日国交正常化交渉担当大使と中国・長春市で極秘に会談したと報じられたが、旧満州出身の中井は「ふるさとを見て泣いて帰ってきただけ」と会談を否定した。この件で中井に同行し無届けで海外渡航した政府の拉致問題対策本部職員が口頭注意処分となった。また2012年(平成24年)1月にも宋日昊大使と中国で会談したもようだと報じられた。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た予算委員会

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

216件中 71 - 80件表示

「中井洽」のニューストピックワード