216件中 81 - 90件表示
  • 中井洽

    中井洽から見た自由党 (日本 1998-2003)

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た北朝鮮による日本人拉致問題

    内閣官房関係者によると、拉致問題担当相時代には「銀座などクラブでの飲み代を、拉致関係の情報収集と称して役所につけ回し、経理は処理に困っていた」という。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た第33回衆議院議員総選挙

    1972年(昭和47年)の第33回衆議院議員総選挙において日本社会党は社会党左派の田口一男を公認して、中井は日本社会党の公認が得られずに無所属候補として立候補したが落選した。選挙戦で民社党の支援を受けたので民社党に入党して、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙に中選挙区の三重県第1区より立候補して、34歳で初当選した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た中選挙区

    1972年(昭和47年)の第33回衆議院議員総選挙において日本社会党は社会党左派の田口一男を公認して、中井は日本社会党の公認が得られずに無所属候補として立候補したが落選した。選挙戦で民社党の支援を受けたので民社党に入党して、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙に中選挙区の三重県第1区より立候補して、34歳で初当選した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た第38回衆議院議員総選挙

    中選挙区時代にはトップ当選が無く、選挙は全て4位ないしは5位の、当落線上での辛勝であった(小選挙区制導入後も、ベテラン議員ながら5回の選挙のうち3回は比例復活で当選)。第38回衆議院議員総選挙では落選したものの、続く第39回衆議院議員総選挙、第40回衆議院議員総選挙(日本新党の推薦)では当選を果たした。第40回選挙後、衆議院の商工委員会にて委員長に就任した。翌1994年(平成6年)、羽田内閣にて法務大臣に任命された。法務大臣として麻薬の使用を理由にキリンカップサッカーアルゼンチン代表であったディエゴ・マラドーナの入国を拒否、その結果アルゼンチン代表チームは出場をキャンセルした。同年12月、民社党が解党し新進党が結成されることになり、新進党の結党に参加した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た三重県警察

    1998年(平成10年)4月9日の夜に妻が自殺している。連絡?を受けて駆けつけた知人の話しでは、「階段の手すりにバスローブのヒモを括りつけて、首を吊っていた。奥さんはまだ居間に寝かされていて、同居していた中井の母?親の初枝が「何ちゅうことしてくれたんや」と声を荒げていた。普段から?嫁の順子をお手伝さん扱いしていただけに、知人は悲しくなった。中?井は東京からすっ飛んで帰って来たが、取り乱し方に違和感?があった。三重県警察の検死結果で、それまで何回か手首を切った跡があ?ることが分かり、得心した」「中井順子の葬儀に際して、中井の秘書は僧侶を5人呼ぼうとした。中井徳次郎の?葬儀では僧侶は7人であり、バランスを考えた意見であった。ところが?中井は「そんなにいらん」と一蹴して、結局僧侶は3人になった」。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た農林水産大臣

    9月、菅改造内閣発足により国家公安委員長を退任。農林水産大臣に起用された鹿野道彦に代わり、衆議院予算委員長に就任した。2011年(平成23年)2月28日に2011年(平成23年)(平成23年度)予算が衆議院予算委員会で可決された際、中井の議事運営に問題があるとして自民、公明、みんなの党、たちあがれ日本から解任決議案が提出された。解任決議案は否決された。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た民主社会主義

    日本社会党の衆議院議員だった父の中井徳次郎の秘書を務めた。社会党右派に所属して穏健的な民主社会主義政党を目指していた父の徳次郎が、マルクス主義政党を目指した社会党左派中心の執行部に嫌われた事から、左派の執行部は三重県第1区に左派の対立候補(第31回衆議院議員総選挙で福島重之を樹立、第32回衆議院議員総選挙で田口一男)を擁立して、社会党右派の中井徳次郎と社会党左派の思想対立が激化した。政治家としてやむを得なく滑り込み当選をするようになり、身の危険を感じた父徳次郎が出馬を断念した事にともない、父子で日本社会党を離党して父の穏健的な民主社会主義思想の後継者となった。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た第39回衆議院議員総選挙

    中選挙区時代にはトップ当選が無く、選挙は全て4位ないしは5位の、当落線上での辛勝であった(小選挙区制導入後も、ベテラン議員ながら5回の選挙のうち3回は比例復活で当選)。第38回衆議院議員総選挙では落選したものの、続く第39回衆議院議員総選挙、第40回衆議院議員総選挙(日本新党の推薦)では当選を果たした。第40回選挙後、衆議院の商工委員会にて委員長に就任した。翌1994年(平成6年)、羽田内閣にて法務大臣に任命された。法務大臣として麻薬の使用を理由にキリンカップサッカーアルゼンチン代表であったディエゴ・マラドーナの入国を拒否、その結果アルゼンチン代表チームは出場をキャンセルした。同年12月、民社党が解党し新進党が結成されることになり、新進党の結党に参加した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た民主党 (日本 1998-)

    衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81・82代)、拉致問題担当大臣、内閣府特命担当大臣(防災担当)、法務大臣(第54代)、衆議院予算委員長、民社党副委員長、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

216件中 81 - 90件表示

「中井洽」のニューストピックワード