89件中 11 - 20件表示
  • マンション

    マンションから見たケーブルテレビ

    マンションの歴史は高層化の歴史でもあり、中高層のマンション建設時には、建設工事の騒音、振動、中高層の建物ができることによる景観、日照等への影響、ビル風、テレビや携帯電話の電波障害をめぐって周辺住民との間にトラブルが起こることがある。日本では、1976年に建築基準法に日影規制が定められるきっかけともなった。また、電波障害対策として、周辺の住民に対し、ケーブルテレビ等による再送信の補償が行われることもある。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見た工場

    日本では、2000年から2005年頃にかけて、バブル経済崩壊後の企業がリストラの一環として保有する土地を放出し、政府の景気対策もあいまって、東京都心部などではマンション建設に弾みがつき、都心居住を望む人々から割安感・買い得感に基づくマンション需要が急増し、都心回帰現象が生じたことがある。そこで、大都市の都心に近く工場跡地の多かった東京都江東区などではマンションの素地の供給とマンションの需要から「建設(開発)ラッシュ」が発生し、局地的な人口急増に公共施設の整備が追いつかないという状況が問題となった。自治体側は急増する公共施設の整備に対してマンション開発業者により多くの負担を求め、業者側は負担が増加して開発コストへの反映、ひいては販売価格にも影響する形となった。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見た倒産

    2005年11月、建築確認申請に添付する「構造計算書」の数値偽造が発覚し、結果的に建築基準法の耐震基準を満たさないマンションが多数建設・販売されることとなった。販売済みのマンションでは購入者に対する補償問題(瑕疵担保責任)、完成前のマンションでは取り壊し、また建設業者や不動産業者倒産などの影響が出ている。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見たコンドミニアム

    語源である英語では、集合住宅をアパートメント (apartment) と呼び、賃貸物件ならばアパートメント・レンタル (apartment rental (略:rental))、分譲物件ならば種類によって、主にコンドミニアム(またはコンドミニウム) (condominium (略:condo))、と(housing cooperative (略:coop))に分かれ、マンション(mansion)は米国と英国で豪邸という意味になる。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見た温泉

    バブル景気には都心での土地高騰の影響により、戸建住宅が中心である郊外のベッドタウンへの進出が相次いだ。スポーツクラブ(ジム・プール)やラウンジの設置、温泉をパイプラインで浴室に引き込んだ物件や、山間部のリゾートマンションなどユニークで多種多様なものが供給されたが、それらは区分所有者が維持管理しなくてはならず、修繕積立金高騰の一因となることがわかり、現在では人気は衰えている。2001年以降は地価下落による土地仕入れコストの低下に伴い、全国的に大都市の都心部にマンション建設が数年続いた。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見た景観

    マンションの歴史は高層化の歴史でもあり、中高層のマンション建設時には、建設工事の騒音、振動、中高層の建物ができることによる景観、日照等への影響、ビル風、テレビや携帯電話の電波障害をめぐって周辺住民との間にトラブルが起こることがある。日本では、1976年に建築基準法に日影規制が定められるきっかけともなった。また、電波障害対策として、周辺の住民に対し、ケーブルテレビ等による再送信の補償が行われることもある。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見た高齢化

    人口減少と高齢化が進む状態では、マンション住民の高齢化、死亡により空室が増加し、維持費の調達が困難になった荒廃マンションが増加する。高齢化による荒廃マンションの増加を経験したイギリスは、高層マンションの建設を禁止するとともに、荒廃し、スラムとなったマンションを税金で取り壊している。日本は急速な高齢化が進んでいるものの、他国のこういった事例に気づく動きがないことを、藻谷浩介が指摘している。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見た専有部分

    「マンション」は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律(2001年施行)において、法令用語とされた。同法における定義では、複数の店舗や事務所と居住となる専有部分が1戸以上ある建物で、区分所有者が最低2名以上いること。これには設備や土地も含まれる。これは、同法でいうマンションが区分所有法の適用対象でもあるということ、「この法律は、土地利用の高度化の進展その他国民の住生活を取り巻く環境の変化に伴い、多数の区分所有者が居住するマンションの重要性が増大していることに鑑み(以下略)」とされていることからもわかるように、分譲マンションにおける管理を想定したものであるため、オーナーが1人で賃貸に供されているマンションなどは、ここではマンションとされない。ただし、2人以上いた区分所有者が1人になった場合でも、区分所有法は適用される。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見たバブル景気

    バブル景気には都心での土地高騰の影響により、戸建住宅が中心である郊外のベッドタウンへの進出が相次いだ。スポーツクラブ(ジム・プール)やラウンジの設置、温泉をパイプラインで浴室に引き込んだ物件や、山間部のリゾートマンションなどユニークで多種多様なものが供給されたが、それらは区分所有者が維持管理しなくてはならず、修繕積立金高騰の一因となることがわかり、現在では人気は衰えている。2001年以降は地価下落による土地仕入れコストの低下に伴い、全国的に大都市の都心部にマンション建設が数年続いた。マンション フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見たアパート

    マンション(和製英語:Mansion)とは、日本語ではアパートよりも大型の共同住宅(集合住宅)を表す一般名詞として使われている。ただし、語源である英語では(例えばビル・ゲイツの私邸のような)豪邸などの意味で用いられることが多く、共同住宅の意味はほとんどない(英語の類語などの詳細は「節」を参照)。マンション フレッシュアイペディアより)

89件中 11 - 20件表示

「中古マンション」のニューストピックワード