132件中 21 - 30件表示
  • 中古車

    中古車から見た保険金

    アメリカでは2006年時点で、34%の消費者が中古車購入前に、その中古車の履歴が判る「車歴報告書(vehicle history report)」を手に入れている。これは各州の運輸局が車体番号を基に発行している報告書であり、当該車に関して、過去にどのような保険金が支払われたかどうか、過去の交通事故歴といったことも記載されている。また、過去の所有者の変更・遍歴、それにともないオドメータ(累積距離計)の数字がどのように変化してきたかも記載されているものである。ここには併せて、「:en:lemon law レモン法」 と呼ばれる法規(品質が悪いものが流通しがちなレモン市場の状況を改善させるための法規群)、(ありがちな)オドメータの改竄、自動車のリコールなどについても、説明がされている。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見たインターネットオークション

    またインターネットオークションに中古車販売業者が店頭展示中の中古車を並行して出品していることも多い。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見た都営バス

    日本の地方(大都市以外)のバス会社では経営が苦しいために新車の購入がままならず、20年以上も使い続けているバス会社も多いために、大都市で10年程度使用した規制不適合の中古バスを譲り受けて入れ替える場合が多い。規制対象となるのはトラック/バンやバス、ディーゼルエンジン搭載乗用車であり、また、2005年に石原慎太郎東京都知事が「規制対象のディーゼル車を地方で再利用しているのは、公害問題も地方に移転しているようなものだ」と問題点を指摘し、都営バスのように地方バス会社への中古車売却を認めなくなったケースも出た。このため、中古バス市場で車両価格が急騰し、それまで老朽化した旧型車両を 整備状態の良い都営バスの中古車を購入し置き換え続けることで苦しい経営を続けてきた地方の一般路線バス事業者は中古車両の購入が困難になったが(その後、都営バスでは2008年度よりKC-代車に対して条件付きで譲渡を再開した)、石原都知事の辞任後、都議会の平成25年予算特別委員会で、今後廃車する車両がすべて排出ガス規制に適合することから、基本的に中古車両として売却し有効活用を図るとしている。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見た消費者

    中古車は基本的には、消費者(ユーザー)や企業・組織によってすでに所有されたものが再び売りに出されるものを指す。所有登録だけがなされ全く使用していない車両、俗に言う「新古車」(販売店が販売数を達成するために「試乗車」などの名目で登録したものなど)も、区分上では「中古車」に分類されている。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見た自転車

    中古車(ちゅうこしゃ、 used car, a pre-owned vehicle)は、中古の自動車、オートバイや自転車のこと。一度所有された自動車、オートバイ、自転車などで、カーディーラー、中古車専門販売店、レンタカー会社、リース会社、オークション、または個人間で売買される。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見たビィ・フォアード

    2010年代頃から、日本の中古車輸出企業 carview(tradecarview)・ビィ・フォアード等がインターネット上にECサイトを開設して、海外のユーザーが直接サイトにアクセスして購入するスタイルが主流になりつつある。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見たフェラーリ

    フェラーリ・アプルーブド - フェラーリ認定中古車中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見たファブリカコミュニケーションズ

    車選び.com(株式会社ファブリカコミュニケーションズ)やcarview(株式会社カービュー)のように情報誌を持たない中古車情報のインターネット専門サイトもある。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見た軽自動車

    現在の自家用乗用車の一般的な傾向であるが、伝統的(古典的)で実用性や日常での使い勝手にやや乏しいクーペ(スペシャルティカーを含む)やノッチバックセダン、3ドアハッチバックのほか、後述する一部のSUVや大型ピックアップを除く国内メーカーによる海外生産車種は査定が安く、逆に実用性や日常での使い勝手にやや有利なミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴン(大きな分類として"SUV"スポーツユーティリティビークルと呼ばれる)、5ドアハッチバックなどのタイプは査定が高い傾向にある。しかし近年ではミニバン・ステーションワゴン・4WD等のSUVや軽自動車を除くコンパクト系ハッチバックも市場では飽和状態になりかけており、買い取り・販売価格ともに安定期から低迷期になりかけてもいる。一方、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心に一定の中古市場があり値崩れしにくい事から、すぐ上の1000ccクラスよりも高査定が付くことが少なくない。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 中古車

    中古車から見たトヨタ・カローラ

    まず、スポーツカーの例を挙げるとS13/14型シルビアの場合、まずターボモデルであるK'sはMT車が高値が付き、AT車の査定は下落傾向にある。そして、スポーツカーのみならずどんな車種でも言えることとしてS13/14型シルビアの場合、量販グレードである「Q's」や「K's」は通常の査定額となるが、廉価グレードであるJ'sは不人気で売りに出しても買い手がほとんど誰もいないため、たとえ高年式の程度良好車であってもほとんど値段がつかない傾向にある。また、フルBセグメントクラスの小型セダンの例を挙げるとE140/160型カローラアクシオの場合、同一の排気量で比較した場合だと新車販売時に販売台数があまり多くなかった上級グレード(「1.5G」、および「HYBRID G」)の方が高値で買い取れる確率が高く、その一方で新車販売時に販売台数が圧倒的に多かった下級グレード(ビジネスパッケージを含む「1.3/1.5X」)の方が安値で買い叩かれる確率が高い。即ち、このようなクラスの小型セダンは新車販売時に販売台数が圧倒的に多かったグレードが一転して中古車市場では人気グレードになるとは決して限らないケースもある。尤も、この種の実用性・経済性を優先させた小型セダンの場合はスポーツカーの場合とは逆でAT車、およびCVT車はいずれも高値が付きやすく、売れ筋でないMT車の査定は大幅に下落しやすい。ただし、ごく一部のスポーツ系グレードのMT仕様の小型セダン(例:カローラ「1.6GT」/スプリンター「1.6GT」の各5速MT車、および各6速MT車、シビックフェリオ「SiR」の5速MT車等)は例外で車種によっては車両自体のコンディションにもよるがごく稀に高値が付く場合もある。このほか、Cセグメントクラスの実用型ファミリーセダンの例を挙げるとT240/260型プレミオ、およびアリオンの場合、逆に最上級グレードである「2.0G」(プレミオ)、および「A20」(アリオン)の方が下級グレードであるが税金・維持費等で有利かつ東南アジア等の新興国で1500ccモデルの人気が高いため「1.5F」(プレミオ)、および「A15」(アリオン)よりも更に査定の面で不利になる事も決して少なくない。中古車 フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「中古車販売」のニューストピックワード